バックナンバー

2018年2月19日放送

日本人の"変わる働き方" 北欧に豊かに暮らすヒントがあった!

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

日本人の

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

政府の「働き方改革」を受け、徐々だが変わりつつある日本人の働き方。
残業が減り、"出来た時間"を持て余すサラリーマンも増えてきている。
今回のジパングは、「いかに働くか」「充実した時間をいかに過ごすか」を考える。
そのヒントは、北欧の"世界一幸福な国"と言われる、デンマークにあった。
デンマーク語で「居心地がいい」「心安らぐ」といった意味をもつ"ヒュッゲ"という言葉。デンマークの人達は、職場で、家で、レストランで"ヒュッゲな生活"を楽しんでいた。
「働く時間」「職場環境」が変わっても、充実した時間を過ごせるかは、働く人次第。
未来の日本、未来の日本人のために今、"働き方"を考える・・・。

  • “ヒュッゲ”に過ごす デンマークの人達 “ヒュッゲ”に過ごす デンマークの人達
  • 次回予告画像2
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) ~沸騰現場の経済学~ 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

暗くなると・・・街に“フラリーマン”が出現!

最近、午後5時過ぎころから、目的もなく街をうろつくサラリーマンの姿をよく見かけるようになった。政府の“働き方改革”を受け、残業を大幅に減らそうとする企業が増えてきたためだ。公園のベンチで缶ビールを飲む人。そして、ゲームセンターに足しげく通うサラリーマン。これまで、モーレツに働くことを推奨されてきた日本のサラリーマン。
“突然出来た時間”を、どう使うか!?

‟フラリーマン“が出現 ‟フラリーマン“が出現

世界一幸福な国の時間の過ごし方 ‟ヒュッゲ“にヒントが!

幸福な国ランキングで、常に上位に入る国、デンマーク。
そのデンマークに古くから伝わる「ヒュッゲ」という言葉がある。「居心地がいい」「心安らぐ」などという意味だ。
実はこの「ヒュッゲ」、イギリス人が書いた本をきっかけに、世界的なブームになっている。
デンマークの人は、家庭でも、職場でも、レストランでも「ヒュッゲな時間」を送っていた。「うまく時間を使えない日本のサラリーマン」に、デンマークのヒュッゲは、大いに参考になるものだった。

ヒュッゲに働く デンマークの人達 ヒュッゲに働く デンマークの人達

NAVIGATOR

山口義行(立教大学 名誉教授)

山口義行(立教大学 名誉教授)1951年名古屋市生まれ。1993年より立教大学経済学部助教授、2001年4月より同教授。2016年3月同大学退職。同年4月より名誉教授。研究活動の傍ら、中小企業支援ネットワーク「スモールサン」を主宰し、中小企業支援活動を展開。主な著書に『社長の経済学』(KADOKAWA)、『山口義行の“ホント”の経済』(スモールサン出版)、『バブル・リレー』(岩波書店)、『経済再生は「現場」から始まる』(中公新書) など。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。