バックナンバー

2018年3月12日放送

日本企業がロンドンに殺到!なぜブレグジットのイギリスに?

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

日本企業がロンドンに殺到!なぜブレグジットのイギリスに?

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

イギリスのEU離脱まであと1年、なぜか日本企業がロンドンに殺到している。そこには、「日本の国際化」のチャンスが溢れているという。日本のビール「アサヒ」の社運を賭けた世界戦略がロンドンから始まる、なぜ?一方、日本人の元外資系銀行マンが、ロンドンで弁当販売に乗り出した。さらに、意外な日本企業が、駐車場ビジネスで進出していた。

  • ビール大国に“日本のビール”は通用するのか? ビール大国に“日本のビール”は通用するのか?
  • “まずい”と言われたイギリス料理が劇的進化! “まずい”と言われたイギリス料理が劇的進化!
  • 元外資系銀行マンがロンドンで弁当を売る! 元外資系銀行マンがロンドンで弁当を売る!
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

ブレグジットなのに・・・夜の街ロンドンが大賑わい

ブレグジットまであと1年にもかかわらず、今ロンドンの“夜の街”が沸騰している。イギリス政府とロンドン市が「夜の経済活性化」策を推し進めているのだ。それを実現するために、週末の地下鉄を24時間運行させたり、深夜営業の規制を緩和したりしていた。

日本のビール「アサヒ」が社運を賭けてロンドンへ!

2016年11月、アサヒグループホールディングスが驚きの発表をした。ヨーロッパの老舗ビール会社など12社を買収、その額は1兆2千億円。少子化や若者のビール離れで国内のビール市場は13年連続で縮小している。そこで社運を賭けてヨーロッパ市場に打って出ることに…その切り札が“スーパードライ”。買収先のイタリア・ペローニの工場で日本と同じ味の“スーパードライ”の製造に成功していた。ビール大国に、“日本のビール”を売り込む。しかし、目の前には高い壁があった。

ビール大国に“日本のビール”は通用するのか? ビール大国に“日本のビール”は通用するのか?

元外資系銀行マンがロンドンで弁当販売、なぜ?

ロンドンの街で商機を見出した日本人がいる。金融街で和食弁当を台車に乗せて売り歩く吉村俊弘さん。その弁当は安くて美味しいとビジネスマンに大人気。吉村さんは、以前は外資系の銀行マンだったが、世界を飛び回るうち“残念な和食”が多いことに気づき、本格的な和食弁当店でロンドンに起業した。ロンドンには世界を飛び回る金融マンがいる。彼らに認められれば、周辺の国でも通用すると考えたのだ。

元外資系銀行マンがロンドンで弁当を売る! 元外資系銀行マンがロンドンで弁当を売る!

ロンドン狙う意外な企業 “駐車場ビジネス”がなぜ?

イギリスは路上駐車が当たり前。ところが、人口増加で違法駐車が横行、深刻な渋滞が起こっていた。そこで国は“取り締まりの強化”を始めていた。そんな駐車事情がチャンスとイギリスに乗り込むのが日本の駐車場ビジネスの最大手「パーク24」。これまで培った独自のノウハウでイギリス、そしてヨーロッパ展開を狙う。

NAVIGATOR

飯田泰之(明治大学政治経済学部准教授 )

1975年東京生まれ。東京大学経済学部卒業。同大学経済学研究科博士課程単位取得退学。駒澤大学経済学部専任講師・准教授、財務省財務総合政策研究所上席客員研究員を経て、現在、明治大学政治経済学部准教授、内閣府規制改革推進会議委員、株式会社シノドス マネ-ジングディレクターなどを兼任。専門は日本経済・ビジネスエコノミクス・経済政策・マクロ経済学。近著は、『経済学講義』(ちくま新書)、『これからの地域再生』(編著、晶文社)など

【WEB限定】未来世紀ジパング 特別編

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。