バックナンバー

2018年4月25日放送

なぜ買い過ぎてしまうのか・・・ノーベル賞「行動経済学」の魔法!

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

なぜ買い過ぎてしまうのか・・・ノーベル賞「行動経済学」の魔法!

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

人気の会員制スーパー「コストコ」を徹底取材。アメリカ式の大型カートを押しながら「つい、買い過ぎてしまう」一体なぜなのか?隠された仕掛けの数々を紹介する。そして去年、「行動経済学」の研究でノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラー教授に単独インタビュー。アメリカ消費社会の裏にある、人の心を操る巧妙な仕掛けが明らかに・・・。さらに最新の「行動経済学」が、お金をかけずに様々な社会問題も解決していた。イギリスそして「幸福度世界一」の国で行なわれている驚きの動きを追った。

  • コストコでなぜ大量買い? コストコでなぜ大量買い?
  • 買ってしまう仕掛けとは・・・ 買ってしまう仕掛けとは・・・
  • イギリスの社会問題が解決!? イギリスの社会問題が解決!?
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) ~沸騰現場の経済学~ 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

大人気のコストコ 「買い過ぎてしまう」仕掛けを検証!

世界約750店舗、日本国内では26店舗を展開する「コストコ」。今回、番組ナビゲーターの鎌田靖と片渕アナウンサー、「コストコ初体験」のハリー杉山が取材した。倉庫型の巨大店舗には、大きなパッケージの商品が並び、買い物客は「コストコマジック」大量買いをしてしまうと言う。人の心を掴んで「買わせてしまう」仕掛けとは・・・。

買ってしまう仕掛けとは・・・ 買ってしまう仕掛けとは・・・

世界一!アメリカの消費社会の裏側「行動経済学」とは?

従来の経済学に心理学の考え方を取り入れた「行動経済学」。その観点から見るとアメリカの新たな消費の現象が明らかになる。世界の高級ブランドが並ぶニューヨーク5番街。ネット通販「アマゾン」にテレビ通販の「QVC」。行動経済学から見る「買わせてしまう」仕掛けとは・・・。

主婦を虜にするアメリカ式販売 主婦を虜にするアメリカ式販売

イギリスそして世界一「幸福な国」“魔法”の正体とは・・・

行動経済学で社会問題を解決するプロジェクトが世界で始まっている。その先進国がイギリス。予算をかけず行動経済学で、街のゴミ問題に健康問題、治安対策まで活用。一方、幸福度ランキング世界1位の中米コスタリカ。日本人観光客にも人気の国のでも画期的取り組みが・・・。

イギリスの社会問題が解決!? イギリスの社会問題が解決!?

NAVIGATOR

鎌田靖

鎌田靖の編集後記

鎌田靖  今回のテーマは行動経済学。とっつきにくいかもしれませんが、その理論を取り入れている大規模小売店、コストコに行ってきました。家族と一緒に私もよく訪れますが、ゲストのハリー杉山さんは始めて。演技でもなんでもなく本当に興奮していました。そして片渕茜アナ。彼女もよく利用するそうですが、ディナーロールのコーナーでは、「これ本当においしいんですよ」と、まるで少女のように目をキラキラさせて説明してくれました。(ゴメン、知ってますって!)
 つい買ってしまうコストコの戦略。番組で紹介した二つの概念を少し説明しておきます。
 まずサンクコスト効果。日本語に訳すと沈んでしまったコスト。つまりもう取り戻せないコストという意味です。コストコで買い物するには会費を払わなければならない。会費がもったいないから買っちゃおうというわけです。
 そしてアンカリング。アンカーは錨のこと。錨を下ろすと動けなくなります。つまり最初にインプットされた情報に引きずられ、その後の判断が影響をうけるということです。お店に入ったとたんに1千万円を超える宝石を見ると、その後見る商品は安いと感じますよね。ずるいというか、賢いというか。コストコ恐るべし。
 さて行動経済学がとりわけアメリカで注目されているのは、その理論が現実の社会政策に役立っているからです。背景にあるのがアメリカの政治状況。
 アメリカの政治は「大きな政府」を指向する考えと「小さな政府」を指向する考えに大きく分けられます。政党でいえば民主党対共和党。伝統的に対立する考えです。去年ノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラー教授は、この対立する二つの考えを矛盾なく並存させるのが、行動経済学の中の重要な考え、ナッジ(nudge)だと強調します。
 どういうことかというと、ナッジというのは肘で突いて後押ししてあげるという意味。ある社会問題を解決しなければならないとき、政府が積極的に介入するやり方がありますが、「政府が強制するな。放っておいてくれ」という反論がおきます。しかしその一方、自由に放っておいても問題が解決するわけではありません。そこでナッジの出番です。強制はしないが、よりよい選択をするよう、うまく誘導していくのです。その意味で、このナッジ、中立的で現実的な考えなのです。
 人間の経済行動は決して合理的ではなく、時には変な行動も取る。そんな人間の心理に注目する行動経済学。セイラー教授は、「人間だもの」の相田みつをさんのファンだそうですが、確かに根底に流れる考えには共通点がありそうですね。

編集後記の後記

 コストコに行くと買い物だけでなくフードコートも楽しみ。ホットドックにセルフサービスの刻んだ玉ねぎをこれでもかというくらいかけて食べるのが大好きです。また韓国料理のプルコギが中に入ったパンも捨てがたい。齧り付くと中から肉汁がじゅわーとでてきます。とにかくでかいのでどちらを選んでもお腹一杯になり、夕食が食べられなくなる。いつも自己嫌悪に陥っていたのですが、行動経済学に則ったコストコの戦略だとすれば仕方ない。今度は二つとも食べてみよう。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。