バックナンバー

2018年5月23日放送

食で斬る!韓国異変「南北融和」の裏で大行列・・・

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

食で斬る!韓国異変「南北融和」の裏で大行列・・・

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

先月の南北首脳会談の裏側で、韓国では様々な異変が起きていた。キーワードは「大行列」。1時間待ちの平壌冷麺店に、写真撮影で大混雑の"ニセ板門店"。街中には東京・大阪・京都など日本の地名がついた韓国オリジナルのチェーン店が乱立。さらにチキンやイチゴなど「謎の像」まで出現。一体何が起きているのか、ニュースが伝えない韓国の今が「食」から見えてくる。

  • “ニセ板門店”に殺到! “ニセ板門店”に殺到!
  • 大人気!本場の「平壌冷麺」 大人気!本場の「平壌冷麺」
  • 国境の北朝鮮レストランにも異変! 国境の北朝鮮レストランにも異変!
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

大人気の「平壌冷麺」VS「白い冷麺」

南北首脳会談で金正恩委員長が振る舞った本場の「平壌冷麺」。韓国では今、平壌冷麺が大人気になっている。ソウル市内にある脱北者が経営する評判の平壌冷麺店でも、首脳会談後の売り上げが好調だが、店長は「冷麺の政治利用だ」と激怒。一方、平壌冷麺に対抗するもう一つの「白い冷麺」がなぜか人気に・・・。意外な理由が隠れていた。

大人気!本場の「平壌冷麺」 大人気!本場の「平壌冷麺」

東京・京都だけじゃない!新宿・自由が丘まで・・・

ソウル市内を歩くと気になる看板が、東京、大阪、京都、福岡、札幌・・・。ハングルに混じり漢字で書かれた日本の地名がついた店だ。カレーや牛丼にスイーツまで、その場所とは関係ないように思えるのだが、実は深い理由があるのだという。

韓国オリジナル「新宿カレー」 韓国オリジナル「新宿カレー」

北朝鮮にも異変!緊急取材「国境の町」の食

異変は北朝鮮と中国の国境にも広がっていた。経済制裁でストップしていたはずの貿易が密かに再開したのか。町には北朝鮮のビールや海産物が大量に入ってきていたのだ。さらに閉鎖していた北朝鮮レストランも営業を再開。その店内では、なんと南北首脳会談の模様が繰り返し流され異様なまでに平和ムードを演出していた。

国境の北朝鮮レストランにも異変! 国境の北朝鮮レストランにも異変!

NAVIGATOR

鎌田靖

鎌田靖の編集後記

その7. 食で斬る! 韓国異変

鎌田靖  韓国取材が最近増えているのですが、現地での楽しみは何といっても食べ物。本場のキムチは欠かせません。豆腐が入った鍋(スンドゥブチゲと言いますね)やタラの鍋。肉料理だと豚の三枚肉を焼いたサムギョプサルに鳥一羽を水炊きにしたタッカンマリもおいしい。海鮮料理だとなんといってもワタリガニを醤油につけたケジャン。そんな生唾ゴクリの料理と一緒にマッコリやソジュをしこたま飲んで、酔っ払ってダウン、、、。といういつもの私の何の生産性もない韓国旅行と違って、今回は食から韓国の現状を鋭く解き明かそうというのが狙いです。おお、素晴らしい「未来世紀ジパング」!
 平壌冷麺店の繁盛ぶりからは、南北首脳会談以降、韓国国民の間に広がる南北融和のムードが明らかに見て取れました。一方で少数意見ですが、そうした平和ムードを苦々しく思う脱北者の存在もありました。
 ソウルの街のいたるところにあるチキン店や喫茶店、そして最近就労者が増えているといわれる漁業からは、背景にある韓国の若者の高い失業率が浮き彫りになりました。
 一方ソウルの繁華街で目立つ日本食の店(中には「なんちゃって日本料理」もないわけではない)、あるいは日本を意識した店からは、市民レベルでの比較的良好な日韓関係も見えてきます。
 それにしてもです。韓国取材でいつも思うのが世代間対立。この日はカフェやケーキ屋さんが並ぶ若者に人気の三清洞通りを取材した直後に、日本でいえば巣鴨と新世界を混ぜたような楽園洞という場所にある喫茶店を取材しました。この喫茶店、思い出喫茶といって韓国の演歌や50年代60年代のオールデイズが流れる店でお客さんはほぼお年寄りです。三清洞も楽園洞もどちらも鐘路区という同じ行政区にあるのですが、この二つの場所を行き来したのは私たちだけかもしれない。お互いが交流することは決してないでしょう。“食”からも世代間対立を感じさせられました。

編集後記の後記

 記者になってもう40年近く取材をしていますが、いわゆる食レポというんでしょうか、今回初めて挑戦しました。タレントの皆さんが、料理を食べた後、一言コメントするというあれですね。私は毒にも薬にもならないコメントしかできませんでしたが、この食リポという“取材”大変です。お腹が空いてなくてもとにかく食べなきゃならんのです。平壌冷麺を食べた後、コングクスを食べ、そして明洞でイチゴとチキンを食べて・・・・。美味しいはずなのに、そのおいしさを感じられない。なによりも満腹で苦しい。事件や事故の現場取材はいつでもやります。でも、この食リポだけは最後にしてください。 

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。