バックナンバー

2018年6月6日放送

世界一のビーチを襲う"ごみ問題"~ニッポンの技術で救えるか?~

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

世界一のビーチを襲う

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

4月下旬、フィリピンの人気リゾート・ボラカイ島への観光客の立ち入りが禁止となった。増え続ける"ごみ問題"と"海の汚染"に対処するため、ドゥテルテ大統領が強権を発動したのだ。こうした"ごみ"をめぐる問題がアジアの各地で発生している。世界を襲うごみ問題と、その解決に向け動き始めた日本の"ごみ対策技術"。さらに、北欧のゴミ対策先進国の"驚きのシステム"を追った。

  • “世界一のリゾート”が閉鎖… 混乱するボラカイ島を鎌田靖がレポート “世界一のリゾート”が閉鎖… 混乱するボラカイ島を鎌田靖がレポート
  • ニッポンの“ごみ対策技術”! ボラカイ島を救えるか? ニッポンの“ごみ対策技術”! ボラカイ島を救えるか?
  • 北欧スウェーデンは“ごみ先進国” 衝撃の“地下輸送システム”とは? 北欧スウェーデンは“ごみ先進国” 衝撃の“地下輸送システム”とは?
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) ~沸騰現場の経済学~ 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

 

写真は閉鎖前のフィリピン・ボラカイ島

 

“世界一のリゾート”が閉鎖…
混乱するボラカイ島を鎌田靖がレポート

 

ニッポンの“ごみ対策技術”!
ボラカイ島を救えるか?

 

北欧スウェーデンは“ごみ先進国”
衝撃の“地下輸送システム”とは?

NAVIGATOR

鎌田靖

鎌田靖の編集後記

その8. 世界を救う! ニッポンのごみ技術

鎌田靖  今回私が取材したのはフィリピン有数のリゾート地、ボラカイ島。この島のことは知っていました。息子が大学生だった時、2回も訪れて白い砂浜の美しさを我がことのように自慢していたからです。その島にごみ問題で訪れることになろうとは。息子も驚いていました。
 初めて訪れたボラカイ島。ホワイトビーチの白砂と真っ青な海は全体的に見ればやはり美しい。ただ富栄養化が原因といわれているのですが、波打ち際のあちこちで目立つようになった緑の藻は興ざめです。海岸から一歩繁華街に入ると、下水工事がいたるところで行われていて、ぼんやり歩いていると蓋が外された下水溝に危うく落ちそうになります。その原因が観光客の増加に伴って激増したごみや下水。島にある設備ではもはや対応しきれなくなっているのです。
 そこで剛腕をふるったのがフィリピンのドゥテルテ大統領。ボラカイの海は「まるで汚水だめだ」とののしって、4月26日から半年間、清掃のため島を閉鎖すると突然宣言しました。地元の観光業者からさぞや批判が高まっているんだろうなと思って取材したのですが、実はそうでもありませんでした。「売り上げが減ったので補償をしてほしい」という声もあるにはあるのですが、「決まったことなので仕方ない」「海がきれいになるからいい」という意見が意外と多いのです。閉鎖の効果はその後あがっているのか?取材でお世話になった現地コーディネーターに聞いたところ「下水工事は島中に拡大し、本当に半年で閉鎖解除になるのか、みんな心配している。収入が減ったため昔のように魚を採って食べている住民が増えた。治安も悪くなり空き巣が増えている」ということでした。大丈夫かボラカイ島?
 ごみ問題はいま世界共通の課題と言っていいでしょう。国連は去年海洋ゴミの削減キャンペーンをスタートさせ解決の道をさぐっています。しかしドゥテルテ大統領の独裁的な手法はどうなのでしょう。目的が正しければ少々手荒な手段でも許されるのか。
 これとよく似た話題を先月番組で取り上げました。海外からペットボトルや古紙を輸入していた中国が、国内の環境問題が深刻になったため資源ごみの輸入を禁止すると突然宣言したという内容です。この決定をした習近平体制への批判はほとんど聞かれません。この二つのケースよく似ています。環境問題を解決するには、こうした独裁的な手法のほうが望ましいのでしょうか。いやいや時間はかかっても民主的なプロセスを経て決めていくのが理想なのではないのか。この二つのケース、環境問題だけじゃなく民主主義をめぐる実は深いテーマが潜んでいるのかもしれません。

編集後記の後記(食記になりつつある)

 フィリピン料理と聞いてもあまりピンと来ませんでした。ただ仕事が終わった後の楽しみはやはり食事です。(私の場合は少々のお酒も)。結論からいうとフィリピン料理は日本人に好まれる味だと感じました。甘めの味付けでそんなに辛くない。気に入った料理が二つあります。一つはアドボという料理。鶏肉や豚肉を醤油と酢で煮込んだフィリピンを代表する家庭料理です。煮汁を、少々固めのご飯にかけて食べると絶品です。
そしてもうひとつがパンシット。麺料理のことです。ビーフンや焼きそばをイメージしてみてください。味付けは甘いのもあれば辛いのもあります。そしてなんといっても安い。一皿確か50円くらいでした。フィリピン料理、侮れません。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。