バックナンバー

2018年7月11日放送

牛肉ブームに異変!知られざる"牛肉大国"が日本上陸

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

牛肉ブームに異変!知られざる

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

日本は今、空前の牛肉ブーム。その一方で、牛肉価格が高騰し大手牛丼チェーンも値上げ、その原因は、なんと中国の火鍋人気だった。そんな日本の危機を救うべく、知られざる南米の"牛肉大国"が動き出していた。さらに熟成肉ブームの次を狙う、ニュージーランドの「牧草牛」とは...

  • 巻くだけで安全な熟成肉魔法のシート 巻くだけで安全な熟成肉魔法のシート
  • 熟成肉ブームの次⁉グラスフェッドビーフ 熟成肉ブームの次⁉グラスフェッドビーフ
  • 世界一の牛肉消費国“ウルグアイ” 世界一の牛肉消費国“ウルグアイ”
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

熟成肉に異変…魔法のシートとは?

いまだ続く熟成肉ブーム、その先駆けである「格之進」が新たな熟成肉の店をオープンした。その名も「格之進肉学校」。熟成肉を提供するだけでなく学ぶことができる。客が、肉に関するテストを受け、その結果に一喜一憂していた。その一方で、熟成肉には深刻な問題も…東京都が熟成肉を扱う11の事業者を調査したところ、2つの事業者から食中毒を引き起こす可能性のある菌が出たのだ。そんな中、肉に白い布を巻くだけで安全に熟成できるという“魔法のシート”が開発されていた。

巻くだけで安全な熟成肉“魔法のシート” 巻くだけで安全な熟成肉“魔法のシート”

熟成肉ブームの次を狙う…“牧草牛”とは?

熟成肉の次に来るのでは、と言われる牛肉がある。その名はグラスフェッドビーフ、牧草だけで育った赤身の牛肉だ。まだ日本ではほとんど流通していない。この牛肉を日本で広めたいという動きがニュージーランドで起こっていた。実はニュージーランドの牛肉の95%がグラスフェッドビーフだという。驚きの飼育方法を取材した。

熟成肉ブームの次⁉グラスフェッドビーフ 熟成肉ブームの次⁉グラスフェッドビーフ

知られざる“牛肉大国”ウルグアイ…輸入解禁

世界で最も牛肉を食べるのは意外な国…南米のウルグアイだ。なんと一人当たり1年間で56キロも食べるという。実は世界第7位の牛肉輸出大国でもあるのだが、2000年の口蹄疫の発生以来、日本への輸入は禁止されている。そんなウルグアイの牛肉を狙って、日本の食肉商社が動き出していた。実は、日本への輸入解禁が決まったのだ。いま中国の爆食で起こる世界牛肉争奪戦…ウルグアイは日本の救世主になるのか?

世界一の牛肉消費国“ウルグアイ” 世界一の牛肉消費国“ウルグアイ”

NAVIGATOR

鎌田靖

鎌田靖の編集後記

その11. 牛肉“危機”に救世主

鎌田靖  今週のテーマは牛肉。牛肉のブームが続いているそうです。確かに、熟成肉ブームとか「〇〇なりステーキ」が大行列とかよく聞きます。子供の頃、肉といえば鶏肉か豚肉が一般的で牛肉はやはりごちそうでした。周りの大人たちが豊かになるにつれて牛肉を食べる機会が増えていった印象です。同様のことがアジアの国々でもおきていました。経済成長に伴って中国でもインドネシアでもマレーシアでも牛肉の需要が高まっているのです。
 となるとどうなるか。工業製品ではないので、供給量をすぐに増やせません。需要に供給が追いつかないため牛肉の価格高騰が続いています。そんな構図を番組では紹介しました。4月からこの番組を担当していますが、折に触れて登場する中国。今回も「火鍋ブーム」という形で登場しました。詳しくは番組をぜひ!
 さて牛肉、もちろん好きです。以前ほどではありませんが無性に食べたくなることがあります。牛肉がテーマなのですから、やはり実際に取材しなきゃいけませんよね。誤解してほしくないのですが、私が「食べたい!」と強要したのではなく、番組の責任者が必要だと判断したのです。というわけで、美味しい牛肉を堪能してきました。
 私が訪れたのは東京タワー近くのレストラン。グラスフェッドビーフというニュージーランド産の肉を食してきました。グラスフェッドつまり牧草だけを食べさせた、牛肉です。霜降りとは対極の高級赤身肉。しっかりとした歯ごたえで、それでいてジューシー。噛むほどに肉本来のうまみが口腔内に広がります。脂肪が少ないのでいくらでも食べられます。ニュージーランドの澄み切った青空の下、牧草を食む牛たちを想像しつつ、そのおいしさに酔いしれました。
最近食べ物がテーマになることが多いので、グルメ番組でリポーターがやるような形容過多の表現になってしまいました。うまいものはうまいでいい。反省します。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。