バックナンバー

2018年7月18日放送

夏休み直前!拡大版 世界遺産に問題噴出! ~表も裏もすべて見せます~

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

夏休み直前!拡大版 世界遺産に問題噴出! ~表も裏もすべて見せます~

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

6月下旬、日本に新しい"世界遺産"が誕生することがユネスコ(国連教育科学文化機関)で決定された。しかし、いま、国内外で"世界遺産"をめぐる問題が噴出している。「世界遺産が増えすぎ」ではないか?そして「世界遺産は迷惑である」という地域も現れた。一方、ユネスコをめぐる世界各国の「ロビー活動」は激化し、さらに地域紛争を引き起こしかねない"政治利用"も問題となっている。
 番組では"世界遺産の保護"と"都市開発"をめぐって揺れるオーストリア・ウィーンを取材。さらに"不可解"とも言われる世界遺産登録の実態に迫るためパリのユネスコ本部を直撃し、ロビー活動の実態に迫る。また、ユネスコ改革と「危機遺産」の保護に挑戦した、ある日本人の知られざる感動秘話をお伝えする。

  • 世界遺産“軍艦島”ツアー(長崎県端島) 世界遺産“軍艦島”ツアー(長崎県端島)
  • 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 中心的存在の大浦天主堂 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 中心的存在の大浦天主堂
  • 世界遺産vs都市開発 ウィーン 世界遺産vs都市開発 ウィーン
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

ニッポンに世界遺産がまた一つ!世界遺産は巨大なビジネス

7月上旬、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎・熊本県)が世界遺産に正式認定される見込み。地元の期待と、ここまでの自治体のアピール活動の裏側を取材。2015年に世界分遺産に登録された長崎県の“軍艦島”のその後や、“第二の軍艦島”として注目を集める池島などもお伝えする。

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 中心的存在の大浦天主堂 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 中心的存在の大浦天主堂

世界遺産vs都市開発 ウィーン

日本人の大好きなオーストリア・ウィーンで問題勃発!世界遺産のために高層ビルが建設できない…。世界遺産を保護するのか、それとも登録を取り下げるのか?すでに世界遺産の登録を返上した街も出現している…
一方。韓国にある世界遺産では、毎週のように酒盛りが行われ、大量に発生するゴミは放置されたまま。さらに、周辺からは“産業廃棄物”が次々と発見されている。このままでいいのか…

不可解な登録?

各国からの登録申請を審査する諮問機関・イコモスの勧告が、度々ひっくり返る事態が起きている。いったい、誰が世界遺産の登録を決めているのか?
パリのイコモス、そしてユネスコ本部を直撃!知られざる実態が見えてきた。

不透明なマネー?

フランスで活動するジャーナリストが「ユネスコは腐敗の温床だ」と語った。彼は何を追っているのか?ジパング取材班は“権力者”とも言われる前ユネスコ事務局長を直撃した!

紛争の原因?

アメリカがユネスコから脱退する。いったいなぜ?さらに、“世界記憶遺産”の決定をめぐり日本政府がユネスコに反発!なぜユネスコは、“政治的”ともいわれる案件を登録するのか?

世界遺産とユネスコの改革に挑んだ…ある日本人の挑戦!

ボスニア・ヘルツィゴビナにある悲劇の橋。1993年に紛争で破壊された
世界遺産だ。民族共存のシンボルにしようと復旧に尽力したのが、元ユネスコ事務局長の松浦晃一郎氏。ブラックボックス化していたユネスコを改革し、世界遺産の本来の意味を取り戻そうと奮闘した日本人の感動秘話に迫る。

NAVIGATOR

鎌田靖

鎌田靖の編集後記

その12. 世界遺産に問題噴出!

鎌田靖  今年6月「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に正式に登録されました。ノーベル賞ほどではありませんが、日本の建造物や景観が選ばれるとニュース速報で大々的に紹介され、地元は観光客がやってくると大喜び。年ごとに関心が高まっています。その世界遺産、そして登録の主体であるユネスコの“負の側面”に焦点をあてたのが今回のテーマでした。
 ここでは一つだけ取り上げます。登録をめぐり各国間で政治介入が行われるという問題。今回、元ユネスコ日本代表部大使だった木曽功さんにインタビューしたのですが、木曽さんが直接かかわったケースです。
 2015年に世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」をめぐって韓国政府が「韓国人労働者が強制連行され非人道的な扱いを受けた施設が含まれる」といって猛烈な反対運動を繰り広げました。木曽さんは、施設の歴史的な価値を正攻法で主張してこうといって、韓国に対抗することもロビイングすることもしなかったそうです。結果的に登録はされたのですが、この時、日韓外相会談によって韓国の主張も一部取り入れた形で、政治決着が図られました。世界遺産はあくまでも人類共通の遺産として残すべきか文化的価値で評価されるべきもの。政治決着という“政治介入”が行われたことを木曽さんは問題だったとしています。
 各国の利害が交錯し、時には対立も生じる世界遺産。ユネスコは「教育や文化の振興を通じて、戦争の悲劇を繰り返さない」という理念から誕生しています。その原点を改めて噛みしめる必要がありそうです。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。