バックナンバー

2018年7月25日放送

最終決戦!「ニセ物」vs「本物」 米中貿易戦争の真相!

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

最終決戦!「ニセ物」vs「本物」 米中貿易戦争の真相!

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

ニュースで連日話題の「米中貿易戦争」。実はニセ物か?本物か?をめぐる知的財産権の争いでもある。国際的な特許の数で日本を抜いて、アメリカに次ぎ世界2位となった中国。しかしその裏で今も、ニセ物の巨大闇市場が広がっている。特に急拡大しているのが日本の高級農産品。日本が開発した高級ぶどう「シャインマスカット」の苗が流出し、中国で勝手に生産・販売されていたのだ。ジパング取材班は情報を入手し"偽マスカット村"に初潜入!数億円を荒稼ぎする驚きの実態を突き止めた。

  • 世界最大!「ニセ靴の街」巨大闇市場から日本にも・・・ 世界最大!「ニセ靴の街」巨大闇市場から日本にも・・・
  • アジアで拡大する「中国のニセ薬」 摘発の一部始終! アジアで拡大する「中国のニセ薬」 摘発の一部始終!
  • 中国高級ぶどうブームの裏側・・・偽シャインマスカットを追え! 中国高級ぶどうブームの裏側・・・偽シャインマスカットを追え!
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

世界最大!「ニセ靴の街」巨大闇市場から日本にも・・・

世界の靴の5割以上を生産する中国。中国最大の「ニセ靴の街」が福建省にある。偽ブランドシューズを製造・販売する業者が数千件もひしめき、中国国内のみならす世界に拡散しているというのだ。日本でも流通しているという「ニセ靴」巨大闇市場、衝撃の実態とは・・・。

アジアで拡大する「中国のニセ薬」 摘発の一部始終!

アメリカ大手の製薬会社がアジアで拡大する中国製ニセ薬の摘発を進めている。現地当局と連携して隠密調査を行っている。その一人、“日本人Gメン”に密着取材。ビーチリゾートで観光客向けに売られている「ニセ薬」摘発の一部始終を追った。

中国高級ぶどうブームの裏側・・・偽シャインマスカットを追え!

世界一のぶどう生産量と消費量を誇る中国で、人気急上昇の高級フルーツが「シャインマスカット」だ。しかし日本が開発した純日本ブランドがなぜ中国に流失してしまったのか。ジパング取材班が“偽シャインマスカット”の生産現場に初めて潜入した。

NAVIGATOR

鎌田靖

鎌田靖の編集後記

その13. 知財戦争 ニセ物VS本物

鎌田靖  2010年10月下旬、私は中国・青島で取材していました。ここに本社のある中国の家電メーカー「ハイアール」で働く日本人技術者をインタビューするためです。当時、日本はリーマンショックの影響などで大手電機メーカーの多くが大規模なリストラに踏み切っていました。その人材に目を付けたのが中国企業。ハイアールは冷蔵庫や洗濯機などいわゆる白物家電の開発者を求めていたのです。日本の高い技術力は中国にとってまだ魅力的でした。こうして日本の技術が海外に流出していきました。ハイアールの取材は難航しました。日本の頭脳流出が問題になっていたからです。日本人技術者のインタビューも匿名が条件でした。やはり後ろめたさがあったからです。当時中国は、安かろう悪かろうの時代は終わっていましたが、まだまだコピー天国と言われていた頃の話です。
 それからわずか8年。ハイアールは米ゼネラル・エレクトリックの家電事業を買収するほどの巨大企業に成長。事態は大きく様変わりしました。今回番組で取り上げた中国は「技術力では日本や欧米に追いついた」と自信を見せています。
 中国の成長は当時私も感じてはいましたが、まさかここまで、というのが率直な印象です。いまや中国のライバルは日本を通り越してアメリカ。最新鋭のハイテク分野でしのぎを削っているということは番組で紹介したとおりです。
では技術立国を誇った日本はどうすべきなのか。
 8年前も私は同じ疑問を抱いていました。当時、取材実感を次のようにまとめています。
 「技術力は日本の製造業が生き残るための最後の砦といっていいでしょう。しかしその技術力の流出が続けば、その砦さえも崩れていくのです。『日本の製造業に果たして未来はあるのか』。そう思いながら飲んだ『青島ビール』は思いのほかほろ苦い味がしました」。
いやいや、もはやビールが苦かったなどと気取っている場合ではないのです。


バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。