次回予告

2016年10月3日

01.沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、
さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

日本のオンリーワンが世界に挑む!

今、日本独自の"技"を武器に、世界に挑む「ものづくり」「医療」「伝統」という3つのジャンルを紹介する。ヨーロッパ最大の見本市に、大阪の町工場が驚きの技術を使った"歯ブラシ"で乗り込む。一方、日本の"神の手"と呼ばれる医師が南米ベネズエラで、次々に子供の命を救っていた。

歯磨き粉のいらない“夢の歯ブラシ”

大阪の町工場のつくる画期的な歯ブラシ驚くバイヤー

フランス・パリで開かれた“インテリア界のパリコレ”と呼ばれる見本市「メゾン・エ・オブジェ」。参加者8万人以上。そのほとんどが各国からやってきたバイヤーで、出店する企業にとっては、グローバル展開の登竜門だ。そんな会場に、意外な商品で勝負をかけようとしている人がいた。歯ブラシ製造販売「夢職人」の辻陽平社長だ。一見普通に見える歯ブラシだが、会場で大変な事態を巻き起こしたのだ。世界中のバイヤーを驚かしたその技術とは!?

ベネズエラで子供の命救う“神の手”

南米ベネズエラで治療不可能と言われた子供たちを手術、感謝される日本人がいるという。外科医の加藤友朗さんだ。10年ほど前から月に一度ベネズエラに通い、子供たちの命を救っている。その手術とは「生体肝移植」だ。健康な人の肝臓の一部を切り取り、移植する手術だ。加藤医師が行うのは、中でも難しいとされる大人の肝臓を子供の肝臓に移植する手術。これまで50人以上の命が救われたという。

世界遺産に“日本の伝統”が出現

世界遺産の広場に“日本の伝統”デザイナーの鈴木不二絵さん

ベルギーの首都ブリュッセル。最大の観光地が、最も美しい広場と呼ばれる「グランプラス」だ。世界遺産にも登録されている。そこで、2年に1度開催される「フラワーカーペット」。生花を使った世界最大の“花のじゅうたん”だ。今回、そのフラワーカーペットのデザインを担当することになったのが、総合ディスプレー企業「乃村工藝社」の鈴木不二絵さんだ。これまではベルギー人のデザイナーが手がけてきたが、今回初めて、日本人が手がける。これを目当てに世界中から観光客が訪れるという大イベント、鈴木さんはそのデザインに“日本の伝統”を選んだ。果たして、彼らを魅了することはできるのか!?

▲Page Top

  • 日経電子版「私が見た未来世紀ジパング」
  • 未来世紀ジパング 公式Twitter(外部サイト)
  • 日経スペシャル ガイアの夜明け
  • 日経スペシャル カンブリア宮殿
PICK UP NEWS