次回予告

2017年10月23日

01.沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、
さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

池上彰の世界激変 第4弾 世界を分断する"新たな壁"

池上彰の「世界激変シリーズ」の第4弾。今回も、世界を分断する"新たな壁"を解説する。


アメリカ・トランプ大統領の行動が、中東に"新たな壁"を生み出した。中東の小国・カタールが、周辺国から「国交断絶」を突きつけられた。これにより、"中東のCNN"とも言われるニュース専門局・アルジャジーラが閉鎖の危機に!


一方、ヨーロッパでも"壁"が問題となっている。「ベルリンの壁」崩壊から28年、ドイツ国内に"新たな壁"が。さらに、EU離脱をめぐって揺れるイギリスでも、国内に残る"やっかいな壁"が、新たな火種となっていた・・・。混沌とする「世界情勢」の中、池上彰が"世界にはびこる壁"からニッポンの未来を探っていく!

トランプ大統領が生んだ中東の“新たな壁” ニュース専門局「アルジャジーラ」が危機に!

カタールのアルジャジーラ本社

サウジアラビアなど周辺国から“国交断絶”をつきつけられた中東・カタール。空港やインフラなど、主要施設を日本企業が手掛けるなど、日本とも関係が深い国。国交回復の条件に“中東のCNN”とも言われるニュース専門局「アルジャジーラ」の閉鎖を求められた・・・。いったい、何が起きているのか?

「ベルリンの壁」崩壊から28年・・・ドイツに“新たな壁”が!

今は観光地となっている「ベルリンの壁」ドイツ・ミュンヘンにできてしまった“新たな壁”

世界で最も“有名な壁”と呼ばれる「ベルリンの壁」は今、歴史的観光地となっている。そんなドイツに“新たな壁”が誕生してしまった。国内メディアは、この“壁”について一斉に報じた。この“壁”は、いったい何なのか?

イギリスを分断する“やっかいな壁”

イギリスの“火種”・・・北アイルランド・ベルファストの住民を分断する“壁”

イギリス領・北アイルランドの中心都市、ベルファスト。住民たちを分断する“壁”が、100ヵ所以上に建てられている。かつて、北アイルランドでは、「イギリスに帰属すべきか、イギリスから独立してアイルランドに帰属すべきか」で意見が割れ、過激派と警察、住民に多くの死者を出す凄惨な事件が。しかし、いま、街中には再び過激派組織をたたえる壁画が・・・。

“壁”が崩れた! 戦闘服を脱いだコロンビア過激派

半世紀にわたる内戦で、20万人以上が死亡したコロンビア。中南米最大の左翼ゲリラ「コロンビア革命軍(FARC)」が6月、政府との和平合意に基づき、戦闘員の武装解除を終えた。革命軍のロンドニョ最高司令官は「武器よさらば、争いよさらば、平和よこんにちは」と述べた。半世紀にわたる武力闘争に終止符を打ち、“壁”が崩れた。

▲Page Top

  • 日経電子版「私が見た未来世紀ジパング」
  • 未来世紀ジパング 公式Twitter(外部サイト)
  • 日経スペシャル ガイアの夜明け
  • 日経スペシャル カンブリア宮殿