次回予告

2016年12月12日

01.沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、
さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

タイ・プミポン国王崩御 何故そんなに愛されたのか? 今後のタイは?

プミポン国王の死を悼むタイの国民たち

10月、タイのプミポン国王が88歳で死去した。
タイに一度でも行ったことがある人ならわかるだろうが、町のそこかしこ、店の中でもプミポン国王の写真を飾っている人が多いほど、プミポン国王は「全ての国民から愛されている」と言っても過言ではない人物だった。
そんな国王が亡くなって、タイの国、タイ国民の生活が大きく変わっていた。
ジパングでは、そんなタイを緊急取材。悲しみに暮れる国民たち、そして今後、日本との関係は変わるのか?などを解説。

プミポン国王崩御で町中真っ黒

悲しみに暮れる 国王マニア

プミポン国王の崩御で、タイ政府は公務員や政府関係者に対し、1年間は喪に服すこと、また1年間は喪服を着用するよう要請した。一般の国民に対しては、「適切な行動を」としたが、タイの町は、黒い服を着た人達でいっぱいに。取材に行ったジパングのディレクターも現地で黒いTシャツ買って取材をした。だから、黒い服が大売れ、新しい服を変えない人のために、服を黒く染めるボランティアが出現するほど。家じゅう国王の写真を飾っていた
「国王マニア」も取材。

国王崩御でテレビ局は? 一カ月が過ぎて・・・

タイの国営テレビ局に潜入

プミポン国王の崩御で変わったのは、服装だけではない。
テレビの放送も変わっていた。ジパングではタイの国営放送局に潜入。
随分と変わってしまった、ニュースの現場とアナウンサーに密着。
また、バンコクの東急百貨店を取材。現地の他の店の様子を探りつつ、品揃えから飾りつけまで悪戦苦闘する様子を紹介する。

タイで人気の日本企業 今後はどうする?

日立金属で働くタイの人たち

実は、日本企業、タイに1700社も進出している。
その中でも、離職率が低く、人気の日本企業 日立金属を取材。
進出して今年で25年となるが、20年以上勤めている人がたくさんいるほど、この会社、居心地が良いのだそう。日立金属でも、国王が亡くなって、従業員に動揺がでないよう、ケアに当たっていた。
国王が亡くなって、新たな国王は誰になるのか?日本企業はタイとの関係を変える必要があるのか?など幅広い視点から紹介。

▲Page Top

  • 日経電子版「私が見た未来世紀ジパング」
  • 未来世紀ジパング 公式Twitter(外部サイト)
  • 日経スペシャル ガイアの夜明け
  • 日経スペシャル カンブリア宮殿