なないろ日和!

月曜日~木曜日 朝9時28分~午前11時13分 放送!


2月26日(火)の「なないろ日和!」レシピ

YOSHIRO流缶詰1人ご飯レシピ

 

いわしのキムチユッケ丼

【材料(1人分)】

・月花いわし水煮(マルハニチロ):1

・米:0.5合分

・キムチ:50g

・うずらの卵:1

・玉ねぎ:1/8

・大葉(千切り):2枚分

・水:90ml

・刻みのり/白ごま:各適量

 

A-ごま油:小さじ1

 -しょうゆ:小さじ1/2

 -にんにく(すりおろし)/豆板醤:各小さじ1/4

 

【作り方】

研いだ米は2030分水に浸水させ、水気を切る。ライスクッカーに米、水を入れ、炊く。月花いわし缶の水分を切り粗くほぐし、玉ねぎはみじん切りにして、キッチンペーパーに包んでぎゅっと水分をしぼる。

  ボウルにいわし、キムチ、Aを入れ、混ぜ合わせる。

③炊きあがったごはんを器に盛り付け、刻みのりをしく。2をのせ、中央に大葉、うずらの卵を添えて白ごまをふる。

 

★備考・ポイント

・ごはんが進むユッケ味の丼。玉ねぎの食感をアクセントに。玉ねぎの香りがいわし独特の香りをうまく消してくれる(バランスをとってくれる)。

・うずらの卵がなければ卵黄や温泉卵をのせてもOK

・いわしは水煮缶を使うことで調味料と馴染みやすくなる。(みそ缶などだと味がはいってしまっているので水煮缶だと好みの味に仕上げることができる)

 

 

香草パン粉の焼きチーズカレー

【材料(1人分 ※香草パン粉は作りやすい分量)】

・深煮込カレー 中辛(いなば食品):1

・米:0.5合分

・アボカド:1/2

・もぎたてコーン:40g

・ピザ用チーズ:40g

・マヨネーズ:大さじ1

・水:90ml

・塩、粗挽き黒こしょう:各少々

 

A-乾燥パン粉:1/2カップ

 -粉チーズ/ドライパセリ:各小さじ1

 -粗挽き黒こしょう:小さじ1/2

 

【作り方】

研いだ米は2030分水に浸水させ、水気を切る。ライスクッカーに米、水を入れ、炊く。コーン缶の汁気を切る。アボカドは皮をむき種を取り除き、11.5cm幅の角切りにする。Aを混ぜ合わせ、香草パン粉を作る。オーブンは250度に予熱する。

②ボウルに炊きあがったごはん、コーン、アボカド、マヨネーズ、塩こしょうを入れて、さっくり混ぜる。

耐熱皿に2をしき、チーズをのせ、深煮込カレーを流し入れる。香草パン粉をかけ、オーブンで1012分、表面に焼き色がつくまで焼く。

 

★備考・ポイント

・全部ごはんだと食べ口が重くなるがコーン缶やアボカドなど入れることでヘルシーさもアップして食感の変化も楽しめる。

・香草パン粉は23週間は冷凍保存可能。魚や肉の両面につけて焼いたりしてもおいしい。

・ピザ用チーズをのせるときは耐熱皿の周りの部分からのせるときれいに仕上がる。

 

 

かきの炊き込みごはん

【材料(12人分)】

・缶つまプレミアム 広島県産 かき燻製油漬け(K&K):1

・米:1合分

・えのき:50g

・小ねぎ(小口切り)/有塩バター:各適量

 

A-水:150ml

 -缶つまのオイル:全量

 -しょうが(みじん切り):15g 

 -しょうゆ/酒:各大さじ1

 -塩:少々

 

【作り方】

研いだ米は2030分水に浸水させ、水気を切る。えのきは石づきを切り落とし1cm幅に切る。

 

ライスクッカーに米、Aを入れ、軽くかき混ぜる。えのき、かき燻製の順番に加え、炊く。炊きあがったら混ぜ合わせ、器に盛り付け、小ねぎをちらしバターを添える。

 

★備考・ポイント

・かき缶のオイルを使用することでお米にツヤもでる。

・かきと燻製の香りとバランスがとれるようにしょうがは気持ち多めに入れた方が香り豊かに仕上がります。えのきはエリンギやしめじなどでも代用可。

・燻製香とバターは好相性なので仕上げにのせるとさらにコクがでる。

 

コンビーフの豆乳リゾット

【材料(12人分)】

・K&Kたまごかけごはん専用コンビーフ:1/2

・米:1合分

・しめじ:1/2袋(60g

・ピザ用チーズ:40g

・粗挽き黒こしょう:少々

 

A-無調整豆乳:1カップ

 -水:1/2カップ

 -めんつゆ(2倍濃縮):1/4カップ

 -塩:少々

 

【作り方】

研いだ米は2030分水に浸水させ、水気を切る。コンビーフは軽くほぐす。しめじは石づきを切り落としほぐす。

②ライスクッカーに米、Aを入れ、軽くかき混ぜる。しめじ、コンビーフを加え、炊く。炊きあがったらチーズを加えてよく混ぜ合わせ、器に盛り付け、粗挽き黒こしょうをふる。

 

★備考・ポイント

・コンビーフ自体が和風テイストの味付けにしてあるので、相性の良いめんつゆを使って簡単調理。

・豆乳だけでなく水も使用することでコンビーフの香りをうまく残すことができる。お好みで仕上げに生のパセリをちらしてもOK

ページトップへ戻る


カレンダー