なないろ日和!

月曜日~木曜日 朝9時28分~午前11時13分 放送!


11月21日(木)の「なないろ日和!」番組内容

【特集】

「布団のお手入れ、どうする?」

リポーター:明山直未

達人:長谷川 英則さん(快眠アドバイザー/「ふとんの長谷川」6代目)

 

【番組で取材した場所】                                                                   

■ふとんの長谷川

【住所】千葉県野田市宮崎13334

【電話】050-5586-0508

【受付時間】午前10時~午後6

【定休日】月曜日

 

【布団のお手入れ方法】

敷きパッド

・ポリエステルではなく、厚手の綿100%のものがオススメ

(ポリエステル:汗を吸いにくい)

(綿100%:汗をしっかり吸収)

 

※敷きパッドがポリエステルの場合

人の汗は下に吸収されていくため

 敷きパッドが水分を吸いにくいポリエステルだと汗が下の敷き布団に流れる

敷き布団も汗を吸いにくいものだと、さらに下の畳が汗を吸い込んでしまう 

カビが生える原因に

 

・厚手の綿100%の敷きパッドは洗濯したり干したりすればOK

 

敷き布団

・起床後に壁に立てかける

・敷き布団の下に湿気を吸い取ってくれる除湿シートを敷く

羽毛布団

  干し方

〇カバーをかけたまま1週間に1回は 干す

天日干し:片面30分ずつ

陰干し:片面30~60分ずつ 

※陰干しでも風通しの良いところだったら、十分湿気は取れる

※ダウンプルーフ加工(羽毛が抜けでないように糸と糸の間の隙間を狭める)が

直射日光に弱く、日差しが当たりすぎると、生地が傷み、穴が開いてしまう原因に

 

  汗や皮脂などの汚れを落とす

※人の汗や皮脂などの汚れが生地に染み付く→生地が痛む→穴が空いてしまう

そのためには・・・

〇布団のクリーニングを行う

・専用の機械で羽毛布団を丸洗いして乾燥機で丁寧に乾かす

⇒汚れだけでなく、ダニや雑菌もキレイに取り除くことができる

頻度:3年に1

 

<傷みが修復不可能な場合は>

〇布団のリフォームを行う(羽毛が中から出てクリーニングが出来ない場合など)

・中の羽毛を取り、ダメージを負った羽毛の代わりに新しい羽毛を足す

⇒羽毛を直接洗浄&パワーアップでふわふわの仕上がりに

相場:2万円~

頻度:10年に1回

 

マットレス

※お手入れ次第でカビが生える可能性がある

・布団クリーナーで掃除をする

・3ヶ月に1回マットレスを反転させる     

・たまに壁に立てかけて、風を通す⇒より湿気を取り除くことができる

 

 

【羽毛布団の選び方ポイント】

  ダウン率に注目する

理想:90%以上

高級:93%以上

 

  産地

寒い国の方が、羽毛が大きくて暖かい

ポーランドやハンガリーがオススメ

 

  仕立て

キルティング加工などの仕立てにこだわっている⇒品質が良い

ページトップへ戻る


カレンダー