なないろ日和!

月曜日~木曜日 朝9時28分~午前11時13分 放送!


6月2日(火)の「なないろ日和!」番組内容

【特集】

「ぐっすり眠りたい どうする?」

リポーター:明山 直未

達人:加藤俊徳さん(医師/加藤プラチナクリニック院長、株式会社「脳の学校」代表)

友野なおさん(睡眠コンサルタント)

 

脳内科医:加藤俊徳さんが教える快眠法

快眠=脳全体を使うことが大切

 

<加藤俊徳さんの「生活習慣」>

  カーテンを開け光を浴びる

・脳の視覚系を活性化

  布団をたたむ

・脳の運動系を活性化

③朝食は脳に良い果物を食べる

④歯磨きは両手で行う

・右脳左脳両方を刺激

⑤昼食はご褒美として好きなものを食べる

・ご褒美を決めることで脳を活性化

⑥夕食の調理は包丁を使う

・ピーラーなどの簡単な調理器具より脳を刺激する

⑦(調理)いろんな切り方で切る

・硬いものを切る→運動系 繊細に切る→思考系の脳を刺激

⑧(調理)味見を23回する

・脳内の記憶と比較 理解系の脳を活性化

 

 

睡眠コンサルタント:友野なおさんが教える「寝室環境」

  寝具の色合い

・ビビッドな色合いのものは視覚を刺激し快眠の妨げに

→パステルカラーがおすすめ

 

  照明の色と明るさ・位置

→白色のライトは昼間の太陽と同じで

 脳を覚醒状態にしてしまう

→まぶたを閉じても光を通すので、照明は目に入る位置に置かない

 

③遮光カーテン

・快眠のためには朝日を浴びてスッキリ起きることもポイント

 遮光カーテンで光を遮ると、自然に目覚めるのを妨げてしまう

→光を通すカーテンに変更

→遮光カーテンの場合は、目に入らない足下側の方を(光が入るように)少し開けておくと良い

 

④寝室の湿度

・快眠のためには湿度が50%前後であると良いため

 湿度を調節できるアイテムを使うと良い

ページトップへ戻る


カレンダー