アフレコ取材

キューティーハニー THE LIVE
「キューティーハニー THE LIVE」製作発表会の模様をお届け!




10月2日の放送開始を目前に控えた「キューティーハニー THE LIVE」の製作発表会が9月4日、東京都内で開催されました。総勢60社を超えるマスコミのみなさんに集まっていただき、満員となった会場内からは熱気を感じる程。ワイルド三人娘が歌う新生主題歌に乗せ、これまでに撮影されたシーンをダイジェスト編集した“製作発表会バージョンのプロモーションビデオ”が上映されると、本編映像の公開は初とあって会場内もヒートアップ。続いて、如月ハニー役の原幹恵さん、早乙女ミキ役の水崎綾女さん、剣持ユキ役の竹田真恋人さん、早見青児役の山本匠馬さん、原作者の永井豪さん、総監督の横山誠さん、プロデューサーの久保聡さんが登壇。それぞれの感想や意気込みを語っていただきました。

久保プロデューサーは番組の概要やコンセプトの説明後、
「深夜1時の放送という事で、家に帰って来てから、仕事などで疲れた身体と脳をこの番組を観てリフレッシュしてもらえれば」
と、番組がテーマとして掲げる“明るく・楽しく・カッコよく”の部分をアピール。
永井先生からは、
「自分が子供の頃に女の子達が遊んでいた着せ替え人形が楽しそうで、僕らでも楽しむ事は出来ないかと考え、ハニーを生み出した」
と、キューティーハニー誕生秘話を伺う事が出来た。
また、今回の「キューティーハニー THE LIVE」について、
「ハニーは完ぺきな女性を目指して生み出したキャラクターです。今回は、3人のタイプが違うきれいなお嬢さんに演じていただけてとてもうれしい」
と、最大の賛辞をいただきました。

ハニー役の原さんは、
「可愛くて強くて七変化するハニーに私自身が憧れていました。原作のハニーは大人の女性なんですが、今回はちょっとおバカなキャラクターなので、大変だけど考えながら演じています。アクションと七変化に注目してください」
と、自身が演じる新しいハニー像を語ってくれました。

早見役の山本さんからは、
「早見は、いろいろな面でハニーにはかなわない普通の人間ですが、その泥臭い頑張りを観て欲しい。最後には、ハニーのパートナーであると胸を張れるような早見になっていればいいなと思う」 と、すっかり早見になりきったコメントをいただきました。

今回の製作発表会のもうひとつの目玉ともいえるのが、本作オリジナルキャラクターとして登場する2人のハニーの初公開。早乙女ミキことシスターミキを演じる水崎さんと、剣持ユキことシスターユキを演じる竹田さんも戦闘服にフラッシュ(変化)して登場。
水崎さんは、
「ミキは、アンドロイドのハニーよりも冷淡で人間味のない所が演じていて難しいし、やりがいがあります。原作にはないキャラクターなので、スタッフのみんなと作り上げて行きたい」
と語り、竹田さんは、
「財閥のお嬢様で上品なんだけど少し天然系です。そこは私に似てるかも(笑)。そんな女の子がカッコいいアクションをするのを楽しみにして下さい」
と、それぞれのキャラクターをうまく表現してくれました。


総監督を務める横山監督は、
「最初に総監督のオファーがあった時は、僕でいいのか?と正直迷いましたが、女の子がアクションをビシッと決める作品が他にはないので、やりがいがあると思い、お引き受けしました。役者達は、撮影開始2ヶ月前からのアクショントレーニングの成果が画面に表れている。動きが良いのはもちろん、アクションしながらの表情にも注目していただきたい。普段のグラビアでは見る事の出来ない、彼女達の新しい魅力がそこにあるはずです。役者達の頑張りに応えるべく、スタッフもより高いクォリティを目指して撮影しています」
と話し、
「もちろん、原作の持つ健全なお色気=セクシーシーンも取り入れていますので、そちらも期待して欲しい」
と、原作でお馴染みの設定を活かしつつ、新たなハニーに取り組んでいる事を伝えた。

その後の質疑応答ではリクエストの応えて、3人のハニーそれぞれが“決めポーズ”を披露。
最後に写真撮影会と囲み取材を経て、約1時間半に及ぶ製作発表会は終了。
この後、マスコミ各誌によるインタビューや写真撮影が個別に開かれていたので、これから発売される雑誌等にも「キューティーハニー THE LIVE」の情報が掲載される予定です。公式HP共々、注目して下さい。

ページトップへ

AT-Xのオススメ

AT-X
AT-X
「AT-X」はワンランク上のアニメ専門チャンネルです。今なら、春の新作アニメが目白押し!
新規加入キャンペーンも!

メルマガ

Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.