アフレコ取材

這いよれ!ニャル子さん
  • 放送は終了しました。
  • ©逢空万太・ソフトバンク クリエイティブ / 名状しがたい製作委員会のようなもの
GA文庫(ソフトバンク クリエイティブ刊)から既刊8巻でシリーズ累計80万部以上の人気を博すライトノベル 『這いよれ!ニャル子さん』(著:逢空万太、イラスト:狐印)の、TVアニメ化が決定し、2012年4月からの放送開始に先立ち、アフレコがいよいよ開始されました。
バレンタイン前日ということもあり、松来が収録現場に手作りチョコレートを持ってきたりと、アフレコ最中も仲良くわきあいあいとした雰囲気でした。
キャスト全員もいきいきとした表情を見せ、4月からの放送開始に気合が感じられるアフレコ取材となりました。
阿澄佳奈(ニャル子役)、喜多村英梨(八坂真尋役)、松来未祐(クー子役)
羽多野渉(余市健彦役)、大坪由佳(暮井珠緒役)

▲左より
松来未祐、阿澄佳奈、喜多村英梨

▲2列目左より
新井里美、てらそままさき、松本忍
1列目左より
大坪由佳、松来未祐、阿澄佳奈、喜多村英梨、羽多野渉
アフレコを終えての感想は?

大坪

動きが可愛らしいアニメだなと思いました。ニャル子さんというだけあってニャンニャンっていう感じで。(笑)見ていてほっこりするというか、癒されます。私も声をあてて可愛いな!と思いました。

喜多村

真尋という役柄に対してはドラマCDなど絵の動きがないものが多かったので、今回動く真尋さんということで自分の中での真尋像の奥行きが深くなりました。こんな表情するんだなという発見のあるアフレコでした。

阿澄

ドラマCDから長いお付き合いになってまいりました。いろいろな過程を経て、それぞれの表現方法のおもしろさをニャル子で体験させていただいて、ついに念願のフルアニメーション!ということで、動くニャル子、ぬるぬる動くニャル子をみて感慨深かったです。すごく嬉しくハイテンションに頑張らせていただきました。

松来

動くニャル子さんをみて、ニャル子達のドタバタが、すごく勢いのある動きになっていて、見ていてとっても楽しいし、この先の収録も楽しみになりました。

羽多野

僕はこのアニメーションからの参加なのですが、非常に可愛らしい作品です。普段、年齢高めの役が多いので若い役は緊張しました。これからも学校のシーンを是非描いてほしいなと思っています。

ページトップへ

それぞれ役の紹介をお願いします。

大坪

珠緒ちゃんは真尋くん達のクラスメイトであり、別名“歩くスピーカー”と呼ばれている情報屋みたいなところがあります。でもそこには友達思いなところもあり、おせっかいだけど元気で明るく優しい子です。

喜多村

真尋は、主人公の男の子にあたるのですが、ヒーローというより、ヒロイン的ポジションになります。ニャル子さんが真尋に対して這いよってくるので、やれやれという表情が多いです。つっこむことも多いけれども、引きつつもつっこむという、ニャル子の相手をしてあげる優しい男の子です。

阿澄

ニャル子は一言でいうと邪神となるのですが、一言では表すことができない、とんでもない邪神です(笑)。真尋さんが大好きすぎて居候するという形になるのですが、自分の欲望、使命のためになんでもやるというゲスいところをもった珍しいキャラクターだと思います。

松来

ニャル子が真尋を大好きなようにクー子はニャル子が大好きで、ニャル子と同じようにいろんな手段でニャル子を自分のものにしようと日々頑張っています。ニャル子にクー子はやられたりするのでヒエラルキー的には一番下の層にいると思います。(笑)どれくらいTVアニメシリーズで下層っぷりを描かれるのか楽しみにしています。

羽多野

余市は同じく真尋のクラスメイトで、1話の感じだと、とても優しくいい人なのですが、いい人過ぎて裏があるんじゃないかと言われながらも底抜け的にいいやつだと感じています。

ページトップへ

アフレコをやってみての空気感や撮影時の面白かったエピソードをお願いします。

大坪

大先輩たちに囲まれてすごい緊張しました。ワンシーンワンシーンのテンポもはやいし、阿澄さんの早口だったり勉強になりました。エピソードとしては、松来さんからバレンタインということで、手作りのお菓子をいただいたんですが、それがすごく面白かったです!

羽多野

面白かったの?(笑)美味しいですよね?(笑)

大坪

違う!違う!(笑)

松来

やっぱし最下層。。。

一同

大坪

すみません。。。(笑)

喜多村

大坪の先輩の喜多村です。真尋という役柄と付き合いが長いので、動く真尋に対してすり合わせができるか少し緊張はしていたのですが、実際現場について、安心できる役者さん達がそろっていたのでリラックスして臨めました。相方である阿澄さんに対してはおんぶにだっこで、夫婦漫才ノリなところが本編だけではなく、私のムチャ振りも寛容に受け止めていただけたりと、アットホームさがある現場なので非常に楽しめました。面白いエピソードは松来さんのお菓子です(笑)。やっぱり松来さんは今日も面白いです(笑)。

阿澄

ある程度覚悟はしていたのですが、実際やってみると、とんでもないセリフ量だし、テンポだし、ハイテンション加減だし・・・。ニャル子ばっかし喋ってるなぁ~という感じでしゃべくり倒させていただいております。アフレコ中も私達もキャラクターにひっぱられてなのかとても楽しく臨めました。面白いエピソードは松来さんがバレンタインにチョコレートを持ってきてくれたところです(笑)。

喜多村

ほんとに味は美味しかったんですよ!!!

松来

縁起物ですからね!女子力をね!(笑)・・・最初のシリーズからニャル子の勢いのセリフがキモになる作品だったのですが、アニメーションの動きの勢いにあわせて、ますますニャル子が光り輝いていて楽しかったです。面白かったエピソードとしては、私がバレンタインで手作りしたことが最高に面白かったです(笑)。

羽多野

今日は(後半の)学校のシーンだけの出演だったので、(前半は)ロビーで見ていたのですが、すばらしくて僕はお客でした。スタッフと大爆笑してたんですよ。真尋とニャル子の掛け合いが名人芸になっているというか、絶妙なタイミングです。ご覧になるみなさんにも伝わると思うので楽しみにしていていただきたいと思います。本当に松来さんのチョコレートには爆笑させていただきました。ごちそうさまでした!(笑)

ページトップへ

TVシリーズならではのみどころをお聞かせ下さい。

喜多村

真尋がフォークでニャル子を威嚇するというところがキモです。ニャル子と、阿澄さんと違うところでHPを削るキャラなので、ニャル子との温度差みたいなところがアニメと効果があいまって絶妙なバランスで演じることができました。音声だけのツッコミに効果音や映像で厚みが増しているんじゃないかと想像しながら演じたので注目していただきたいと思いました。

阿澄

ニャル子という作品に関しては音からのお芝居から先行していたので、後から声をつけるのはとても新鮮でした。ニャル子は外道なんだけど可愛らしく描いてくださっていたので、「はっ、そうだよな!」と気づかされました(笑)。映像がついて可愛らしいニャル子の表情だったり仕草をみていただけるので、ニャル子の外道の精神は忘れずに演じていこうと決めました。

松来

TVアニメーションになって、元々がクトゥルー神話がもとになっている為、敵との戦いの様子も迫力があったり、真尋さんとニャル子との可愛らしいやりとりがありつつなので、いろんな風に楽しめて面白なと思いました。クー子はニャル子のことが好きすぎるがあまり、今日も収録前に「クー子は変態です。」と紹介されたので、どれぐらい映像がついて、どこまで放送できる変態なのかわくわくしております。

ページトップへ

最後にひとことお願いします。

大坪

声優としてデビューする前から憧れていた、一緒に仕事したいと思っていた人と役柄を演じられて本当に嬉しいです。珠緒ちゃん自体もすごく元気で楽しいキャラクターなので、4月からということで新学期を迎える方や新しい環境に入る方への心の癒しになれたらいいなと思います。

喜多村

やりがいのある役をいただくことができ、男の子ということであらたな引き出しのチャレンジの場をいただきました。その成果がアニメーションに汲まれて、見ていただいている方の心を動かせればいいなと思います。真尋さんも忙しい役柄だったりするので、共感をえていただければいいなと思うのでお楽しみに!

阿澄

ついにフルアニメーションであばれまわりますのでお楽しみに!元気になってもらえる作品だと思います。ニャル子はパロディ、オマージュ、リスペクトというおもしろネタが随所に散りばめられておりますので、わかった方はニヤっとしていただければと思います。

松来

長い期間関わらしていただいている作品なので、動くニャル子を見れて嬉しいです。ライトノベルでいろんなネタが盛り込まれている作品なので、今まで出してきた魅力もアニメーションに入ってる上に、さらに動くということでますますパワーアップしているんじゃないかと思います。みんなで力をあわせて頑張ります。

羽多野

原作を読んでいらっしゃっている方もご存知の通り、バランスが非常にいい作品だと思っています。迫力のあるアクション、主人公とヒロインとの会話、軽妙さ、テンポの良さもアニメに反映されていると思うのでぜひ楽しみにみていただきたいなと思います。

ページトップへ

AT-Xのオススメ

AT-X
AT-X
「AT-X」はワンランク上のアニメ専門チャンネルです。今なら、春の新作アニメが目白押し!
新規加入キャンペーンも!

メルマガ

Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.