ニュース・更新情報

爆丸バトルプラネット爆丸バトルプラネット

エピソードエピソード

 

放送は終了しました。応援ありがとうございました!

これまでのお話
次の10件 1  2  3  4  5  6 

第40話「海上大決戦!!/ピラビオンの真意」

「海上大決戦!!」
世界中に散らばるコアセルにコアセル・コネクターを順調にセットアップしていくダンたち。しかしそこにゴールド爆丸であるピラビオンが現れ、ダンたちに攻撃を仕掛けてくる。


「ピラビオンの真意」
仲の良かったゴールド爆丸のピラビオンが、ダンたちを攻撃してきたことについて理由を考えるダンたち。そこでダンたちはピラビオンに会って直接聞くことにする。

第39話「アゲアゲ!ブラキスタン!/逆転不可能裁判!!」

「アゲアゲ!ブラキスタン!」
ベントンから取り付けたコアセル・コネクターが故障したらしいので、ブラキスタンへ行ってもう一度コネクターを取り付けて欲しいと頼まれたオーサム・ワン。ブラキスタンに到着するとダンたちを驚きの光景が待ち受けていた!!


「逆転不可能裁判!!」
ブラッケン帝に無実の罪で捕らえられてしまったダンたち。身の潔白を証明するために裁判へと挑む!!

第38話「黒い影/お菓子なベントン」

「黒い影」
メイズでの激動のあと地上に戻ってきたダンたちは、チコに負けないためにバトルの特訓を開始する。一方、ベントンは爆丸の事やヴェストロイアについて調べ物をしていた。


「お菓子なベントン」
ベントンが今までに集めたデータを分析して、謎の爆丸チコが何を企んでいるのかをオーサム・ワンに説明していると、ベントンの体を異変が襲う。

第37話「コアセル攻防戦!!/アルティマドラゴノイド」

「コアセル攻防戦!!」
激しさを増すコアセルの攻防戦。その戦いの中でマグナスが先手を取りコアセルの中へと入っていく。それを見たベントンはダンたちに非情な命令を下す…!


「アルティマドラゴノイド」
Ⅴウイルスに感染してしまい、チコの操り人形となってしまったマグナスを取り戻すために戦うダン。絶望的な状況だったが、ダンは決して諦めない。

第36話「アルティマニリアス/操り人形」

「アルティマニリアス」
コアセルの力によって、マグナスのデバイスは異形な形態となり、パートナーであるニリアスもアルティマニリアスへと進化する。そしてその強さは圧倒的で、ダンたちはまるで歯が立たない。


「操り人形」
Ⅴウィルスに感染したコアセルの力を吸収したマグナスが、メイズから地上へと脱出してしまう。ダンたちはⅤウィルスの拡大を防ぐため、マグナスを追う。

第35話「新たなるゴールド爆丸/誇りの仮面」

「新たなるゴールド爆丸」
ゴールド爆丸の力によって、メイズから地上へと一瞬で移動させられてしまったダンたち。しかしダンたちはそれにもめげず、再びメイズへと戻りコアセルを守ろうとする。


「誇りの仮面」
コアセルを巡り、ダンたちとマグナスの激しいバトルが繰り広げられる中、意識を無くしたゴールド爆丸が超強力な技を四方八方に繰り出してくる。

第34話「おかしなストラタ/残された手がかり」

「おかしなストラタ」
ベントンから新しいゲートが遊園地で発見されたとの連絡が入り、遊園地へと向かったオーサム・ワン。するとゲートからストラタが飛び出してくる。しかしストラタの様子がどこかおかしい。果たして何があったのか?


「残された手がかり」
仲間だと思っていたゴールド爆丸のピラビオンから攻撃を受け、ショックを受けるオーサム・ワン。また攻撃を受けるかもしれないという恐怖を乗り越え、ダンたちはもう一度、ピラビオンに会いに行くことにする。

第33話「謎のメッセージ/チコ、再び!!」

「謎のメッセージ」
手軽にメイズに行くことのできる道具、モバイルゲートの開発により順調にコアセルのセットアップに成功していくオーサムワン。ただその裏では恐ろしい事態が進展しつつあった…。


「チコ、再び!!」
ある日、ダンとドラゴはコアセルが黒く染められていくという不吉な夢をみる。そのことをオーサム・ワンのみんなに話していると、ベントンから通常と違うおかしな信号を出しているというコアセルを見つけたという連絡が入る。

第32話「マサトの記憶/暴走する力」

「マサトの記憶」
ダンたちと共にカザミの島を訪れているドラゴは、カザミホールディングスが開発したコアセルエクストラクターという、コアセルの力を引き出すために造られた機械が暴走して島を崩壊させてしまうという夢を見る。


「暴走する力」
コアセルエクストラクターの力によってサーペンテーゼは進化し、喜びを爆発させるマサト。しかしその時、コアセルエクストラクターはその巨大な力を制御できず暴走を開始する!

第31話「カザミの島/執念の男」

「カザミの島」
ベントンからの指令が入り、コアセルの反応がキャッチされた場所へと向かうダンたち。しかし一人、シュンだけが浮かない顔をしている。その理由には次の目的地が関係していた…。


「執念の男」
シュンの父親であるイチローから食事へと招かれて行ってみると、そこには豪華な日本料理の数々が。しかしディナーは重々しい雰囲気で、とても楽しめる感じではない。

次の10件 1  2  3  4  5  6