ニュース・更新情報
あにてれメニュー

BLEACH

藍染 惣右介 あいぜん そうすけ


その温和な性格から隊員たちに慕われていたが、『崩玉』を手に入れて離反、その力によって生み出した破面たちを従えて虚圏に君臨する。


市丸 ギン いちまる ぎん


常に飄々とした態度を崩さない、一見陽気な男。しかしその裏では、藍染の意を受けてさまざまな策謀を巡らせ、護廷十三隊を混乱に陥れた。


東仙 要 とうせん かなめ


争いを憎み、世界に平和と安定をもたらそうと真摯に願う盲目の戦士。その正義感は時として苛烈すらあり、仲間に対しても容赦なく振舞う。


ウルキオラ・シファー


第4十刃(クアトロ・エスパーダ)。闘争心が強すぎる傾向の破面たちの中にあって、常に冷静沈着で、藍染からの信頼も厚い。


ノイトラ・ジルガ


第5十刃(クイント・エスパーダ)。十刃最強を自負し、強いものを倒すことに執着している。


グリムジョー・ジャガージャック


第6十刃(セスタ・エスパーダ)。極めて好戦的で藍染の意に反して単独行動に出ることも。一護に対して強い敵愾心を抱いている。帰刃(レスレクシオン)形態は「豹王(パンテラ)」。


ゾマリ・ルルー


第7十刃(セプティマ・エスパーダ)。十刃の中で最速のスピードを誇る。帰刃(レスレクシオン)形態は「呪眼僧伽(ブルヘリア)」。


ザエルアポロ・グランツ


第8十刃(オクターバ・エスパーダ)。戦闘能力はあまり高くないが、虚圏最高の研究者で、あらゆる霊性兵器開発のスペシャリスト。イールフォルト・グランツは兄にあたる。また帰刃(レスレクシオン)形態は邪淫妃(フォルニカラス)。


アーロニーロ・アルルエリ


第9十刃(ヌベーノ・エスパーダ)。十刃の中では唯一のギリアン(下級大虚)。死んだ虚を喰らい、その能力と霊圧を吸収する特殊能力『喰虚(グロトネリア)』を持つ。


ヤミー


第10十刃(ディエス・エスパーダ)。粗雑な性格で力任せの闘い方を好む。一護に右腕を切り落とされる。


▲ページトップへ戻る