ニュース・更新情報
1  2  3  4  5  6  7  8  9 
第265話 「冥府の門編 【終章】それが生きる力だ」

2015/12/26 on air

イグニールの命と引き換えに、片腕を失ったアクノロギアはいずこかへ姿を消し、長きにわたった激闘についに終止符が打たれた。同じく、グランディーネ、メタリカーナ、バイスロギア、スキアドラムにも永遠の別れの時が訪れる。悲しみの涙を流すナツの心に響いたのは、イグニールの最後の言葉だった……。多くの傷跡を残しながら「ひとつの時代」が終わり、新たなる物語が幕を開ける――!

第264話 「冥府の門編 炎の雫」

2015/12/19 on air

ついに発動してしまったフェイス!しかし、大陸を絶望に陥れるはずだったその兵器は、ドラゴンたちによって一掃されるのだった。勝利の喜びに沸く一同、しかしそこに水を差すようにアクノロギアが攻撃を再開。炎竜王イグニール vs. 闇の翼アクノロギアの、最後の激闘がはじまる。時を同じくして、ENDの書をめぐり対立するナツとグレイ。しかし、本は突然現れた男によって奪われてしまう。その男こそは、悪魔たちの生みの親、黒魔導士ゼレフ――!!

第263話 「冥府の門編 イシュガルに舞う」

2015/12/12 on air

マルド・ギールの放った究極の呪法「メメント・モリ」によって、力尽きたかと思われたナツとグレイ。しかし、半身を悪魔の力で覆ったグレイが、わが身を盾にしてナツを守っていた。グレイの決死の想いを受け取ったナツが、ドランゴンフォースを纏って反撃に出る! 圧倒的な攻撃を仕掛けるナツだったが、紅蓮鳳凰劍を喰らってなお、マルド・ギールは倒れない。しかし、そこに追撃の矢が!同時に、フェイス発動のカウントダウンがついに00:00を指し示し――!?

第262話 「冥府の門編 メメント・モリ」

2015/12/05 on air

ナツ&グレイ vs.マルド・ギール、スティング&ローグ vs. ジエンマ!「冥府の門(タルタロス)」との激闘は最終局面に突入する。悪魔に転生したかつてのマスターの前に、苦戦を強いられるスティングとローグ。しかし、今度こそ本当の意味で強いギルドになるため、「フェアリーテイル」のようになるため、2人は死力を振り絞る。その強い思いが届いた時、ナツとグレイによる、マルド・ギール・タルタロスへの反撃がはじまるのだった!

第261話 「冥府の門編 絶対の悪魔」

2015/11/28 on air

フェイスを止めるために、ルーメン・イストワールを解き放つことを決心したマカロフ。一方、余裕を取り戻したマルド・ギールは、ナツたちに「ゼレフ書の悪魔」について語りはじめるのだった。ゼレフは何故悪魔を創造したのか、そして、彼らの最終目的・願いとは!? 明かされた、身勝手とも言える理屈に怒りを覚えつつも、攻勢へ転じることができないナツたち。しかしそこへ、絶大な“魔力”を手にした人物が現れて!?

第260話 「冥府の門編 水晶の中の少女」

2015/11/21 on air

空中ではアクノロギアとイグニール、地上ではナツとマルド・ギールの戦いが続いていた。マルド・ギールに押されつつあったナツのもとに、「剣咬の虎(セイバートゥース)」の双竜、スティングとローグが駆けつける!共闘する3人のドラゴンスレイヤーを前に、防戦を強いられるマルド・ギール。やがて、その顔から余裕が失せ、ひとつの表情が現れる。それはまぎれもない、怒りの形相――!!

第259話 「冥府の門編 00:00」

2015/11/14 on air

フェイスと生体リンクを行い、エーテリアスフォームとなったキョウカ。これまで互角の戦いを続けていたエルザだったが、一秒ごとに魔力を増していくキョウカの前に、成すすべもなく倒れてしまう。痛覚を剥き出しにされ、五感すべてを奪われ、嘲笑され、罵倒され、それでもエルザは傷だらけになって立ち上がる。エルザの道を照らすもの――それは、仲間を想う、強い気持ち!

第258話 「冥府の門編 火竜の鉄拳」

2015/11/07 on air

「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」と「冥府の門(タルタロス)」の激闘に呼び寄せられたかのように、突如として姿を現したアクノロギア。そのアクノロギアに立ち向かうべく、ナツがずっと探し続けていた火竜・イグニールが、突如眼前に現れた! 二頭のドラゴンは上空で死闘に突入するが、気持の整理がつかないナツは、その争いに割って入る。口論の末、イグニールはナツに一つの依頼を出すのだった。「マルド・ギールの持つ本を奪え」と!イグニール vs.アクノロギア、ナツ vs.マルド・ギール。決着、近づく!!

第257話 「冥府の門編 絶望の翼」

2015/10/31 on air

全フェイス発動まで、残り32分。発動を阻止するため、エルザは最後に残った九鬼門・キョウカと対峙する。互角以上の戦いを繰り広げるが、決着をつけるには至らない。一方、ナツたちも意識を取り戻し、最終局面に臨もうと意気込んでいた。そのとき、突如としてウェンディが昏倒。時を同じくして、辺りに轟音が響き渡る。聞く者すべてを震撼させたそれは、絶望のはじまりを告げる咆哮だった。

第256話 「冥府の門編 最後の一騎打ち」

2015/10/24 on air

力を使い果たしたガジルを襲うテンペスターの前に立ちはだかったのは…ラクサス! 魔障粒子に侵された身体に鞭打ってテンペスターと戦うラクサスだったが、その気力もついに限界を迎える…。“家族”を背負って戦うラクサスが、最後にとった反撃の手段とは!? そして、さまざまな場所で同時に進行する「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」と「冥府の門(タルタロス)」の戦い。制御室にたどり着いたエルザたちの前にも、またもや敵が現れて!? 「フェイス計画」を阻止し大陸を守るため、戦いはいよいよ最終局面に突入する!!

1  2  3  4  5  6  7  8  9 
©真島ヒロ・講談社/フェアリーテイル製作委員会・テレビ東京
Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.