-------
------- ------- ------- ------- -------
8/9 第六話・・・
 紫呉の家の正式な居候(いそうろう)となった透。でも親友の魚ちゃん花ちゃんには話しておかなければ、とついに同居を告白する。すると、本当に同居するのにふさわしいか見る、と泊まりがけでくることになってしまう! そして当日、最初はだいじょうぶだったけれど、魚ちゃんと夾が言いあいをする中で二人がぶつかり、夾がネコになってしまう…!

8/16 第七話・・・
 透たちの学校は学園祭を前にして、準備にいそがしい。透のクラスは、おにぎり屋さんをやることになる。でも、由希のアイディアが採用され、みんなに受け入れられるのをみて、夾はいぢけてしまうのだ。透は、そんな夾の気持ちを知り、お互いにうらやましがっている二人のことを悩む。
そして学園祭当日。学校には草摩一族の紅葉(もみじ)とはとりがやってきていた…。

8/23 第八話・・・
 はとりに草摩の本家にくるように言われた透。
そしてたずねていくと、そこはとても大きな門の中にいくつもの家があって、町のようだった。そして透を迎えたはとりは言う。これ以上草摩とかかわるな、と。ショックを受けた透を、紅葉が連れ出す。彼は、はとりがなぜあんなことを言ったのか、その秘密を語りだすのだ。それは過去にひとりの女性と恋に落ちたお話だった…。

8/30 第九話・・・
 いつの間にか年の暮れ。紫呉の家も大みそかの大そうじでいそがしい。魚ちゃんや花ちゃんも手つだいに来てくれていた。紫呉は小説のお仕事のギリギリしめきり日。押しかけてきた担当のみっちゃんから、あの手この手で逃げまわっている。
そんな中、透はオセチ料理をたくさん作るつもりでいると、実は由希たちが、正月の3日まで本家にいくことを知って…。

9/6 第十話・・・
 3学期をむかえ、透たちの学校では持久走大会が行なわれる。でも、由希はカゼぎみで調子悪そう? でも、夾が勝負だ!ともりあがっている。 そして持久走が女子からスタート。すると透は、川原で白い髪の人が寝ているのを見かけ、病気の老人かとあわててソバにいく。でもそれは、十二支のひとり、草摩春(はつはる)だった…。

-------
-------