-------
------- ------- ------- ------- -------

相関図
  
透 由希
本田 透(声/堀江 由衣) 草摩由希(声/久川 綾)
いつも明るくてひたむきな女の子。亡き母の言葉を胸に元気にまっすぐに生きている。特技は家事全般。男2人暮らしで荒れ放題だった草摩家をピカピカにみがき立て、おいしいご飯を作る。 透の同級生。女子のアイドル的存在、いかにも優しそうな美少年。学校内に熱烈なファンクラブがあるほど。しかし本人はそんな人気にはそしらぬ顔。どこか近寄りがたさのある少年。
変身
夾 紫呉
草摩 夾(声/関 智一) 草摩 紫呉(声/置鮎 龍太郎)
草摩家の一員で、由希たちの高校に編入し一緒に暮らすことになる。由希を目のかたきにしていて、何かというとケンカをふっかけるカゲキ少年。 由希のいとこ。保護者(ほごしゃ)として一緒に暮らしている。小説家。若いピチピチの女子高生が大好き。
変身 変身
咲 ありさ
花島 咲(声/安原 麗子) 魚谷ありさ(声/今井 由香)
透の親友の一人。人や生き物の出す電波を感じることができるという、ちょっと不思議な女の子。そのアヤシサで同級生の女の子たちから恐れられている。 透の親友の一人。今どき珍しいヤンキー(?)な雰囲気が同級生の女子たちに恐れられている。
楽羅 紅葉
草摩楽羅(声/三石 琴乃) 草摩紅葉(声/齋藤 彩夏)
草摩の一員で、年は由希たちのふたつ上。夾の幼なじみで、子どもの頃から夾にベタぼれしている。ふだんはカワイイ女の子だが、感情が高ぶるとまわりが見えなくなる。 ドイツと日本のハーフで、草摩一族のひとり。女の子のようにかわいい少年。元気でよくしゃべるけど、調子にノリやすいのが欠点? 由希や夾と違い、透に子どものようにあまえまくる。
変身 変身
はとり はつ春
草摩はとり(声/井上 和彦) 草摩春(声/陶山 章央)
草摩一族のひとり。医者だけど一族の人間しかみない。テキパキと仕事をこなすクールなタイプで、ほとんど笑わない。ふだんは草摩本家で、慊人(あきと)の主治医(しゅじい)をしている。 草摩一族のひとり。由希たちの1つ下、紅葉と同い年。普段=ホワイトの時は穏やかで大人びているが、ブラックになるとやたら好戦的でカゲキな人になる。由希にぞっこんほれ込んでいる。
変身 変身
杞紗 燈路
草摩杞紗(声/名塚 佳織) 草摩燈路(声/渕崎 ゆりこ)
草摩一族のひとり。中学でいじめにあい、ショックで言葉が話せなくなるほど繊細な心を持っている。透のことが大好きで一番信頼している。 草摩家の一員。杞紗にひそかに恋している。自分の気持ちに素直になれず思ったことと反対のことを言ってしまうちょっと不器用な小学6年生。透のことをライバルと思っている。
変身 変身
綾女 利津
草摩綾女(声/宮本 充) 草摩利津(声/冨永 みーな)
草摩一族のひとりで、草摩由希の兄。由希とまったく反対なにぎやかな性格のため、兄弟の仲がわるい。なんとかして弟と仲良くなりたい一心で行動が行き過ぎてしまうことも。ちょっと変わった洋服屋を経営している。 草摩一族のひとり。母親は草摩家の温泉宿の女将。性格が母に似ていて世の中に対してとても弱気なためか、女装をすると落ち着くというちょっと変わった性格の青年。
変身 変身
恵 女将
花島恵(声/南 央美) 女将(声/山本 順子)
花島咲の弟。本名がわかればどんな呪いもかけられると言う、姉に負けず劣らずな不思議な雰囲気をもった少年 草摩一族のひとりで、草摩家所有の温泉宿の女将。体が弱く療養もかねて住んでいる。なにかというとすぐにはやとちりしてしまう慌て者。
モモ 籍真
草摩モモ 草摩籍真(声/井上 倫宏)
草摩紅葉の妹。美人のママにいつもべったり、甘えん坊な小学2年生。紅葉のことを本当の兄だとは知らされていない。 草摩一族のひとり。夾が心から尊敬している武術の師匠。亡き祖父が夾と同じ立場だったせいで夾のことをだれよりも理解し父親のように見守っている。
美音
倉前美音(声/高橋 美紀) 草摩慊人(声/若葉 紫)
綾女が経営している店のただ一人の従業員。いろんなこだわりのコスチュームを作って着るのが大好きな女の子。可愛い女性を見ると着せ替えをしたくなる習性の持ち主。 草摩一族の当主。一族の支配者である。慊人のいうことをみんなさからうことができないのは、慊人のせつない苦しみをみんなは感じているため。謎に包まれている人物。
   

-------