ニュース・更新情報
あにてれメニュー

ダンボール戦機W

LBXを悪用し、世界を危機に陥れようとしたイノベーターの陰謀から1年。これはLBXを愛する二人の少年が、世界を脅かす脅威へと立ち向かう物語である。

第10話「仮面のスレイブプレイヤー」

2012.03.21 On Air

カイルに到着したヒロたちが目にしたのは、街中を襲うLBXの大群だった。あまりの惨状に言葉を失うメンバー。LBX暴走を指示する司令コンピューターの特定を進めるオタクロスであったが、作業は困難を極める。被害が拡大していく中、溢れる暴走LBXを止めるためヒロ、ラン、ジェシカの3人は街に飛び出す。
その瞬間、トキオシアデパートの事件のときと同様に、ヒロは不思議な幻を見る。ペルセウスを取り囲む暴走LBXを謎のLBXが撃破する光景。突然の幻に呆然と立ち尽くすヒロであったが、正気を取り戻しラン、ジェシカとともに暴走LBXの阻止に向かう。
暴走LBXを次々と撃破するヒロたちであったが、気がつくと重装備したLBXに取り囲まれてしまっていた。ペルセウス、ミネルバ、ジャンヌDに一斉砲撃が加えられる中、ヒロが幻で見た謎のLBXが現れる!
その頃、オメガダインの潜入に失敗した拓也のもとに1本の電話が入る。その内容は、オメガダイン総帥であるアラン・ウォーゼンからの面会申し入れであった!



第9話「潜入 オメガダイン」

2012.03.14 On Air

LBX暴走事件とMチップに関するオメガダインの報告書の内容に疑問を感じた拓也たちは、A国・Lシティへと向かう。
その目的は、オメガダインへの潜入。ところが、ダックシャトルで移動中のバンたちに、カイオス長官からエジプトのカイルで、LBXが暴走を始めたという緊急連絡がはいる。拓也たちは、この緊急事態に対応するため、チームを二つに分け、対処することを決める。
バンたちがLシティに降り立つと、ダックシャトルはヒロ、ラン、ジェシカ、コブラ、そしてオタクロスの5人を乗せカイルへ向けて再び飛び立つ。そして、オメガダイン潜入チームとしてLシティに残った拓哉、バン、ジン、ユウヤの4人は、オタクロスが入手したオメガダインの図面をもとにある作戦を立てる。
Mチップの開発記録を記憶したメインコンピューターまでたどり着くには、厳重なガードを突破しなければならない。見学ツアー客としてオメガダインに潜り込んだバンたちは、一瞬の隙をついてシークレットエリアへと向かう。慎重に作戦を進めているかに思われた3人だったが、テストプレイヤーとしてオメガダインと契約していた風摩キリトに気づかれてしまう。そのキリトは、ある企みをもってユウヤの前に姿を現す!



第8話「敵になったアミ」

2012.03.07 On Air

LBXをブレインジャックする司令コンピューターを守るアミとのバトルとなったバン、オタクロス。ディテクターに操られ、スレイブ・プレイヤーとなったアミは、仲間の機体を盾にしながらバンたちに迫る。
かつてのアミからは想像もつかない冷酷な戦い方にショックを隠せないバンとオタクロス。ダークパンドラと2機の鬼クノイチの連携攻撃に苦戦しながらも、バンはある秘策を思いつく。一瞬の隙をつきオタクロスとの見事な連携でダークパンドラと2機の鬼クノイチを撃破したバンは、すぐさま司令コンピューターへと向かいワクチンプログラムをインストールする。
やがて司令コンピューターは正常な機能を取り戻し、シャンパオでのLBXの反乱を未然に防ぐことができた。ディテクターに操られていたアミもまた、いつものアミに戻る。アミの治療のため日本へと向かうバンたち。
空港へと降り立ち拓也や里奈が出迎える中、バンたちはまたしても驚きの人物との再会を果たすこととなる・・・!



第7話「ドラゴンタワーの再会」

2012.02.29 On Air

LBX暴走の指示を出しているコンピュータの痕跡を追って、中国へと向かうバンたち。NICSが用意した新型汎用調査艇・ダックシャトルは、高速な長距離移動が可能であるばかりでなく、様々な状況に対応するためのあらゆる設備が備えられていた。
機内に設置されたDキューブを前にしたバンとジンは、久々の再会にLBXバトルを楽しむ。2人のレベルの高さを前にして、改めてディテクターとの戦いに気を引き締めるヒロとラン。
やがて、中国・シャンパオに到着したバンたちは調査を開始。ダックシャトルに装備されたコントロールポッドからライディングソーサに乗ったエルシオンを出撃させ、シャンパオの街をくまなく調べる。処理速度が極度に落ちている大型コンピュータを見つけ出し、ある2つの地点に目標を絞り込んだバンたち。
翌朝、バン・ラン・オタクロス、ヒロ・ジン・ジェシカの2チームに別れて作戦は開始された。バンたちが向かったのは、遊園地として多くの人で混雑するドラゴンタワー。人ごみを避けながら調査を続けるバンであったが、そこに現れたのは謎のパンダだった!



第6話「ダックシャトル発進」

2012.02.22 On Air

スレイブ・プレイヤーとされた神谷コウスケを倒し、NシティのLBX暴走を食い止めたかと思われたその瞬間、今度は列車が暴走を始めた!
懸命に暴走列車を停止させようと試みるヒロとジェシカであったが、運転席での操作はすべて不可能。そうしている間にも暴走列車は、先に停車中の列車へと近づいていく!
NICS本部でこれまでの状況を見守っていたバンは、ラン、コブラとともに現場へと急行するが、間に合うかどうかわからない。停車している列車との衝突が避けられない状況に陥り、絶体絶命のヒロとジェシカ。とその瞬間、暴走列車に激しい衝撃が走る!
停車中の列車に激突するかと思われたが、暴走列車の速度は落ちていき、ついに停止した。ふと車体を見たヒロとランは、ジェルのような糸がからみついているのを発見する。その時、正体不明のLBXを従えた謎の人物が現れる。暴走列車はこのLBXが放出した糸によって停止することができたのだった。そこへ到着したバンは、その人物を見て驚愕する。それは海道ジンであった!



第5話「Nシティ大捜査線」

2012.02.15 On Air

A国の空港に降り立った瞬間、謎の少女にLBXバトルを仕掛けられるバン。
一刻も早くアミとカズを探し出したいバンは、一旦は断るもののコブラやランの押しもあり、しぶしぶLBXバトルを受ける。
相手のLBXジャンヌDの素早い攻撃に驚きながらも、なんとか躱し反撃にでるエルシオン。一進一退の攻防が続く中、突如一方的にバトルは中断される。彼女の名は、ジェシカ・カイオス。NICSからの迎えであり、バンがNICSのパートナーとしてふさわしいかLBXバトルで試していたのだ。
宇宙開発、ならびに世界のコンピューターシステムの悪用阻止を目的として設立されたNICS。その本部へと到着すると、そこには長官・オーウェン・カイオスが待ち構えていた。「アミとカズを必ず見つけ出す」というカイオス長官の言葉に勇気づけられるバン。カイオスもまた、NICSの長官としてディテクターに強い怒りを覚えていた。
そして、いつかはNシティでもLBXの暴走が起きると予測していたカイオスの言葉通り、Nシティのあらゆる場所でLBXの暴走が始まってしまう! またしても現れた仮面の男が、A国に対し驚愕の要求を突き付ける!



第4話「空の上の危機」

2012.02.08 On Air

ランが仲間に加わりシーカー本部の機能も徐々に回復してきたところで、アミとカズの消息の手掛かりがつかめた。
CCMの反応から、向かっている先はA国と判明。ところがその直後、CCMの反応が消滅。
一刻も早くアミとカズを救出したいバンは、その状況を見て焦りを隠せない。拓也はすぐさまA国へ向かうことを指示。バン、ヒロ、ランの三人は翌日の出発までにそれぞれの時間を過ごす。
祖父であり花咲流真拳空手の師範である大門に、A国行きの許しを得るラン。一人、特撮ヒーロー・センシマンのDVDに見入るヒロ。そしてバンは、母・真理絵の心配をよそにディテクターとの戦いに強い決意を見せる。
出発当日、空港に集合した3人に迷いの表情はない。拓也は、里奈とともにシーカー本部を回復させ、日本から援護するという。コブラを先頭にいよいよA国へ向けて出発した3人の最初に向かう先は、Nシティにある次世代国際宇宙局『NICS』。
ところが、安全かと思われた飛行機にもまたディテクターの罠が待ち受けていた・・・!



第3話「選ばれし戦士たち」

2012.02.01 On Air

突然現れた謎の男・キリトの助けもあり、旧シーカー本部でのバトルに何とか決着をつけたバンとヒロ。ところがキリトの目的はバンとの対決であるという。再戦の言葉を言い残しキリトはそのまま立ち去ってしまう。
街の機能が復旧し、トキオシティの危機を救ったと大喜びのヒロ。バンは、ディテクターの陰謀を阻止しようと動いている父・淳一郎のことが心配であったが、コブラによると安全な場所に身を隠しているという。ディテクターに対抗するためシーカーの復活を決意した拓也は、コブラからディテクターが何者か聞き出そうとするが、今の段階では、山野博士でもその正体はつかめていなかった。
ディテクターについて、唯一分かっていることは、すべてのLBXに搭載されている制御回路「Mチップ」を利用して、世界中のLBXを操っているらしい、ということだけだった。
そして、山野博士が新LBXを託そうとした人物がさらにもう一人いた――。
シブヤタウン武闘大会。屈強な女子が出そろう中、他を圧倒する気合と戦闘力で勝利し表彰台に立つ花咲ラン。
優勝賞品のLBXミネルバを受け取り大喜びのランだが、そのランにもディテクターの魔の手が迫ろうとしていた!



第2話「バンとヒロ W出撃」

2012.1.25 On Air

トキオシアデパートのLBX暴走事件は、謎の巨大組織「ディテクター」によるものであった。ディテクターの目的は全世界の支配。
都市機能をディテクターに奪われ混乱する中、バンとヒロ、そして拓也の3人は山野博士の助手を名乗るコブラとともに、ディテクターがどこから街をコントロールしているかを探る。
するとそれは、かつてシーカー本部があったトキオシアデパートの地下にあった。アミとカズがディテクターに連れ去られてしまったいま、バンはヒロとともに旧シーカー本部へ乗り込むことを決意する。
しかし、そこには多くの敵LBXが待ち構えていることが予測される。アキレス・ディードとのバトルで大破したオーディーンを見つめるバン。
すると、コブラが山野博士設計による新LBXをバンに手渡す。その名はエルシオン。新たなパートナーを得て旧シーカー本部への潜入を試みるバン。「選ばれた戦士」という言葉に興奮を隠せないヒロは、憧れの特撮ヒーローと自分を重ねながら先へと進む。ところが、その2人の前にインビットが突然姿を現した!



第1話「LBXの反乱」

2012.1.18 On Air

壮絶な戦いを繰り広げたイノベーター事件から1年。LBXの人気は今まで以上に高まり、街ではストリートバトルを楽しむプレイヤーが増えていた――。
トキオシティのゲームセンターで、一人の少年が周囲の注目を浴びていた。
対戦型ゲームで前人未到の20連勝を目前に、涼しい表情で相手に向き合う少年・大空ヒロ。見るからにオタク風なヒロであったが、ひとたびゲームが開始されると優れた反射神経とゲームコントロールで、あっという間に20連勝を叩きだす。
その賞品として受け取った箱を開けると、そこには1機のLBXが収められていた。LBXの名はペルセウス。お目当ての賞品と違っていることに不満を口にしながらも、そのLBXを動かしてみるヒロ。ところが、LBX初心者のヒロはペルセウスの操作に四苦八苦する。
そこへ、タイニーオービットの新商品発表会へと向かう途中のバンが偶然にも通りかかる。見たことのない機体に興味を覚え、ヒロに基本的な操作方法とLBXの楽しさを伝えるバン。
「俺、山野バン!」「僕は、大空ヒロ!」
自己紹介する2人であったが、これからの長い戦いをともに戦うパートナーになるとは、お互い想像もしていなかった・・・。
バンと別れたヒロは、ある不思議な体験をする。トキオシアデパートでLBXが暴れ、多くの人が逃げ惑う幻を見たのだ。ところが、それは現実のものとなりトキオシアデパートでは、アキレス・ディードを先頭にあらゆるLBXが暴走を始めていた!



©LEVEL-5/プロジェクト ダンボール戦機・テレビ東京