ニュース・更新情報
あにてれメニュー

ダンボール戦機W

LBXを悪用し、世界を危機に陥れようとしたイノベーターの陰謀から1年。これはLBXを愛する二人の少年が、世界を脅かす脅威へと立ち向かう物語である。

第24話「驚愕合体 Σオービス」

2012.06.27 On Air

ブリントンでのブレインジャックを阻止したのもつかの間、山野博士の研究所があるビルニッジ天文台に無数のLBXが現れる。そして、バンたちにさらなる緊張がはしった。LBXの大群からブレインジャックの反応をキャッチしたのだ。またしてもディテクターか!?
すぐさまNICS本部のオタクロスに司令コンピューターの探索を依頼するジェシカ。しかし、ブリントン全域に司令コンピューターは見当たらない。そうしている間にもLBXの大群が押し迫るが、LBXは修理中でバンたちは戦うことができない。バンたちを避難させ、自分はLBXの改造作業を続けるという山野博士。苦渋の選択を迫られるバン。その時、ヒロがあることを思いつく。研究所で今は使われていないLBXを使って時間を稼ぐというのだ。
研究所は絶対に守る!そう誓ったバンたちは、たった6機で敵の大群に挑む。バン、ジン、ラン、ジェシカ、ユウヤ、そしてヒロが壮絶なバトルを繰り広げる。倒しても倒しても溢れ出る敵LBXを前にして、弱音を吐くラン。その時、突然の爆発とともに次々と敵LBXが破壊されていく。そして、猛烈な煙が立ち込める中、そこにはあのキラードロイドの姿があった!



第23話「戦慄のLBXキラー」

2012.06.20 On Air

地下鉄の故障で足止めされたバンたちより先に、ブリタニア時計台へ到着したヒロ・ユウヤ・ジェシカ。ところが、ヒロたちの前にキリトが現れる。
いとも簡単にジャンヌDとペルセウスをブレイクオーバーしたキリトは、ユウヤとの決着を望む。ユウヤのリュウビに激しく迫るキリトのハカイオー・キリトカスタム。ディテクターが宣言したタイムリミットまで5分を切ってしまい、一刻も早く司令コンピューターへと向かいたいユウヤは、バトルに集中できないでいる。それに対し、ユウヤの目的を知るキリトは、楽しむようにジワジワとリュウビを攻める。ところが、一瞬の隙をついて発動させたリュウビの必殺ファンクションがハカイオー・キリトカスタムに炸裂した!
ようやく到着したバン、ジン、ランと合流したのもつかの間、今度は彼らの前に突如キラードロイドが姿を現した。タイムリミットまであと3分。ヒロたち3人を司令コンピューターへと向かわせ、バンたちはキラードロイドの相手をする。ところが、キラードロイドの圧倒的な破壊力を前に、バンたちはなす術もなかった。



第22話「時計台の対決」

2012.06.13 On Air

オタクロスによる特訓の成果を感じていたバンたちに、イギリス・ブリントンへ向かえとの指令がはいる。またしてもLBXの反乱か!?とメンバー全員に緊張が走る。しかし、その内容は予想に反したものだった。
ブリントンの研究所にいる山野博士が、バンたちのLBXを強化するという。父・淳一郎との久々の再会に思いを馳せるバン。そして、ヒロもまたブリントンで働いている母親との再会を楽しみにしていた。
ダックシャトルでブリントンへと到着したバンたちは、すぐさま山野博士のもとへと向かう。父との対面を果たしたバンであったが、LBX強化を待ちきれない様子で詰め寄る。山野博士は、これまでのLBXとはまったく違う思想で造られる「スーパーLBX」の研究を行なっていた。バン、ヒロ、ランの三人は、自分のLBXに新たな技術が投入されることに期待を隠しきれない。
ところが、その時、ブリントンの街でLBX暴走事件が勃発する!



第21話「史上最大の特訓」

2012.06.06 On Air

激戦の末、古城アスカの優勝でLBX世界大会アルテミスは幕を閉じた。
NICS本部で傷ついたLBXをメンテナンスしながら互いの健闘をたたえ合うバンたち。その時、拓也からメンバー全員に集合がかかる。これまでディテクターが起こしてきた事件を整理し、今後の被害を最小限に抑えるための対策をするという。トキオシティ、Nシティ、シャンパオ、カイルでのブレインジャック。そして、アルテミスでの大統領暗殺未遂。事件を振り返りながら、メンバーたちはある結論へとたどり着く。
早速、ディテクターのさらなる調査に乗り出す拓也とコブラ。LBXを使って世界を混乱させるディテクターが許せないバンたちは、さらなるパワーアップを求めてオタクロスのもとを訪れる。そこで始まったのはオタクロスによる特訓だった。その内容はLBXの操作とは無関係のように思われる筋力トレーニング。苦戦しながらもオタクロスを信じ、様々なトレーニングをこなしていくバンたち。そして、LBXでの模擬バトルでバンたちに驚きの効果が現れる!



第20話「栄冠は誰の手に」

2012.05.30 On Air

LBX世界大会『アルテミス』のファイナルステージ進出チームが出揃った。
古城アスカ、アレキサンダー・シスターズ、郷田・仙道チーム、オタレンジャーZ。そして、お互いブレイクオーバーによる両者予選敗退になったにもかかわらず、観客の大きな声援によりバンとヒロのチームが、ファイナルステージ進出を決めた。
ファイナルステージは、各チームから代表者を1名選出するバトルロワイヤル形式。チームの代表者を決めようとするバンとヒロであったが、メンバーの気持ちはすでに固まっていた。観客の心を動かした二人がバトルしなければ意味がない。メンバー全員の思いに送り出されバンとヒロは、全力でのバトルを誓う。
ところがその一方で、出場メンバーを誰にするかで揉めているチームがいた。オタレンジャーZと郷田・仙道チームである。ジャンケンで決着をつけたオタレンジャーZに対し、郷田と仙道はアスカの提案によりトマトジュースの早飲みでの決着をつけることに・・・。
そして、ついにアルテミスファイナルステージが幕を開けた!



第19話「決戦 バンVSヒロ」

2012.05.23 On Air

大統領暗殺計画を阻止するとともにジャッカルの確保に成功したバンたち。ジャッカルの素性については、A国政府によって今後厳しく取り調べられることになるという。
事件を解決に導くことができたことで、アルテミスを全力で戦えることになったバンたちは、気持ちを切り替えて会場へと向かう。するとそこではユジン率いるオタレンジャーZが、ワールドブルドカップ優勝チームとの攻防戦を繰り広げていた。一方的に押されているかに見えたオタレンジャーZであったが、ユジンのバトルセンスが光り相手を撃破。ファイナルラウンド進出を決める。
続く予選Eブロックは、バンとヒロ両チームがエントリーされるブロックとなっていた。決勝での対戦を誓い、お互いのフィールドへと向かうバンとヒロ。郷田と仙道も、バンたちが出場する“激戦区”Eブロックの行方が気になる。お互い順調に勝ち進むバンとヒロ。ヒロの戦いぶりを目の当たりにし、ジンもいつしかヒロとのバトルを熱望するようになっていた。
そして、ついにEブロック決勝戦。バンチームVSヒロチームの壮絶なバトルが開始された!



第18話「アルテミス攻防戦」

2012.05.16 On Air

ライディングソーサでエルシオンとペルセウスを発進させたバンたちは、アルテミス会場から約800mの海上、電波を発信しているポイントへと急行する。意を決してエルシオンとペルセウスを海中へとダイブさせると、そこにはLBXの姿があった!
謎の電波は、その水中用LBXが発信していたのだ。何かに気づいたように解析を急ぐオタクロス。すると、アルテミス会場と演説会場の中間の2点で、電波を中継していることが判明した。操作用の電波を中継することで、暗殺者はアルテミス会場からLBXを動かしていたのだ。「目の前の中継用LBXを全力で破壊!」 カイオス長官からの司令を受けたバンとヒロは、敵LBXの制圧に向かう。
敵の水中用LBXの圧倒的な機動力に、水中でのバトルに不慣れなバンとヒロは苦戦。だが、バンのとっさの奇策によりついに敵LBXを破壊。暗殺用LBXアサシンも動きを止め、大統領暗殺を阻止したかに思われた。
だがその瞬間、ジャッカルは新たな中継用LBXを起動させた!



第17話「大統領を守れ」

2012.05.16 On Air

何かとバンたちに付きまとう謎のLBXプレイヤー・古城アスカがAブロック勝者となる中、必死に暗殺者の捜索にあたるバンたち。
しかし、暗殺者が発信すると思われる暗殺LBX用の特殊電波を一向に探知することができない。そうしている間にも演説が行われる平和記念公園では、大統領演説の準備が着々と進んでいた。暗殺計画を阻止するため、演説会場の警戒をより一層強める拓也と八神たち。
バンたちの必死の捜索が続く一方、郷田・仙道チームは圧倒的な強さでバトルを勝ち進み、Cブロック決勝戦へとコマを進める。ところが、郷田たちの決勝戦の相手は、当の暗殺者、ジャッカルであった。バンたちはおろか、郷田たちでさえジャッカルが暗殺者であることに気づかないまま、Cブロック決勝戦が開始される。時を同じくして、平和記念公園ではついに、大統領の演説が始まってしまう。
そして、ジャッカルの暗殺計画が幕を開ける!!



第16話「衝撃のヴァンパイアキャット」

2012.05.09 On Air

アングラテキサスに優勝し、LBX世界大会『アルテミス』の出場権を手にしたヒロは、バンたちと共に、アルテミス、そして同時にクラウディア・レネトン大統領の演説が行われるアロハロア島へと向かう。
ダックシャトルによってアルテミス会場と演説会場の平和公園の位置関係を確認するバンたちであったが、2つの会場は想像以上に離れていた。暗殺者はいったいどのようにアルテミス会場から大統領を狙ってくるのか・・・。バンとヒロの胸に一抹の不安がよぎる。
アロハロア島へ降り立つと、懐かしい顔ぶれがバンを出迎えた。郷田と仙道である。二人もアルテミスへ出場するために、アロハロア島へやってきていた。ヒロたち新たな仲間を紹介すると、バンは意を決して大統領が狙われていることを郷田と仙道に告げる。驚きを隠せない二人だったが、大統領暗殺計画を阻止するためバンたちに協力することを決める。
そして翌朝、ついにLBX世界大会『アルテミス』が開幕!
ところが、バンたちが気づかないところで、暗殺者が姿を現す。それは以前、財前総理を暗殺しようとしたあの男だった!



第15話「決闘 トライアングル」

2012.05.02 On Air

ついに迎えたアングラテキサス決勝。ヒロとジェシカ、そして前回優勝者のビリーの3人で争われる決勝のルールはバトルロワイヤル。
ビリーの熱い視線を感じるが平静を装い武器を選定するジェシカ。これまでのバトルの経験を活かし、決勝ではペルセウスソードで戦うことを決めるヒロ。そんなヒロにバンが声をかける。LBXはもう一人の自分。バンの言葉を胸に、ヒロはいよいよ決勝の舞台へと向かう。
そして、ついにスタートした決勝。ところが開始早々、ビリーのジョーカーの攻撃を躱し続けるペルセウスの足元で突然爆発が起こる!今回のステージには、無数の地雷が仕掛けられていたのだ。
地雷地帯に足を踏み込み身動きが取れなくなったペルセウス。その隙を突いて、ジョーカーが猛然とジャンヌDに襲いかかる! ビリーの猛攻に防戦一方となるジャンヌD。その時、ヒロは必殺ファンクション・コスモスラッシュを炸裂させ、地雷を一気に爆発させる策にでた!



第14話「激突 ヒロVSラン」

2012.04.25 On Air

10試合勝ち抜いた者から決勝の舞台へとコマを進めることができる「アングラテキサス」。ヒロ、ラン、ジェシカの3人はそろって1勝をとることができた。
8試合目まで勝ち進んできたランであったが、リュウビの剣と盾を使いこなせず、強力なランチャーを持つ相手に苦戦を強いられる。コーチであるユウヤの必死のアドバイスも虚しく、相手の挑発に乗ってしまったランは、武器を捨ていつもの接近戦に持ち込む。9勝目をあげ意気揚々と引き上げるランに、オタクロスの決めたルールを守るようにと詰め寄るユウヤ。しかし自分の戦い方を主張するランは、一向にユウヤの話を聞こうとしない。そんなランの姿にユウヤは、本気で大統領を守る気があるのかと、怒りをあらわにする。
そんな中、早々と10勝をあげたジェシカが、決勝へとコマを進める。残る決勝枠は1名。主催者であるマダム・ブルホーンの独断によって、残る1枠は互いに9勝をあげているヒロとランでバトルすることが決定される。ところが、ランとの言い合いが心に残ったままのユウヤは、コーチ失格だと気を落とす。そしてジンは、ひとり特訓するランの姿を見かけるが・・・。



第13話「荒野のアングラテキサス」

2012.04.18 On Air

ディテクターの次の狙いが判明した。A国大統領クラウディア・レネトンの暗殺。
政府に届いたディテクターの犯行声明によると、アロハロア島で行われる平和記念演説での暗殺を企んでいるという。しかし、万全の警備状況を理由に政府は新たな対応を取らない。
山野博士から得た情報によると、アロハロア島で開催されるLBX世界大会アルテミスに暗殺者を送り込み、LBXで大統領を狙う可能性が高いという。山野博士の予測を疑問視する拓也であったが、父親である山野博士の言葉を信じ、バンはジン、ユウヤとともにアルテミスへの出場を決意する。
アルテミスの出場資格は、1チーム3人まで。そこでランたちは、バンたちとチームを組み出場することを決める。ところがヒロは、バンと比べると未熟な自分がアルテミスに出場していいものかと思い悩む。ヒロの不安を感じ取ったオタクロスが、修行の場としてルール無用のLBX大会「アングラテキサス」への参加を提案。
バンとヒロ、ジンとジェシカ、ユウヤとラン、それぞれのペアによる特訓を経て、ついにアングラテキサスへと乗り込む!



第12話「時速500kmの激闘」

2012.04.11 On Air

オメガダインを後にしたバンたちが乗り込んだ大陸横断リニアで、ユウヤは妙な噂を耳にする。LBXを悪用した強盗団「ワイルドバッヂ」が世間を騒がせているという。
胸騒ぎとともにリニアはNシティへ向けて出発したが、しばらくすると、リニアで活動している正体不明のLBXがいることを示す反応が拓也のノートPCに現れる。ディテクターか!?と誰しもが思ったもののブレインジャックの反応は見られない。
その時、ユウヤは先ほど聞いたワイルドバッヂの話を思い出し、バンとジンと共に確認へと向かう。ところがバンたちを待ち構えていたのは、風摩キリトであった!
ジンにバトルを挑もうとするキリト。キリトもワイルドバッヂの仲間なのかと疑いの目を向けるバンたち。
3人と別行動をとる拓也は、状況を確認するため運転室へと向かう。しかし運転席に着いた拓也の前に現れたサラマンダーの妨害によって、拓也は先頭車両の中に閉じ込められてしまった!



第11話「ヒロに眠る力」

2012.04.04 On Air

エジプト・カイルのLBXを暴走させている司令コンピューターの場所を突き止めたヒロたちの前に現れた謎の仮面の男。
その正体は、なんとあのゴジョーだった。しかし、ゴジョーの首にはチョーカーが着けられ、スレイブ・プレイヤーにされてしまっていた。
ゴジョーを倒さなければ司令コンピューターに辿りつけない。意を決してゴジョーに立ち向かうヒロ。ランとジェシカは、ゴジョーのLBXシン・エジプトを護衛するアヌビスを相手にし、ヒロを援護する。ゴジョーの強さの前に一瞬怯んでしまった隙に、すかさずシン・エジプトのファラオブレードがペルセウスに振りかかる!ゴジョーの攻撃をギリギリでかわすが、苦戦するヒロ。
一進一退の攻防が続くなか、ヒロの脳裏にさきほど見かけた光景が浮かぶ。それは、LBXが暴走するカイルの街中で怯える少女の姿だった・・・。
気持ちを入れ替えたヒロの必殺ファンクションが、シン・エジプトに炸裂!ゴジョーを倒したヒロたちは、司令コンピューターにワクチンプログラムをインストールすることに成功する。
ところが、またしてもヒロは幻を見る。それはなんと、今いるホテルが爆発する映像だった!!



©LEVEL-5/プロジェクト ダンボール戦機・テレビ東京