ニュース・更新情報
あにてれメニュー
名門貴族のウイリアムは、類いまれなる頭脳の持ち主。 パブリックスクールでも、家柄のこともあり、話題の中心であった。 しかしそんなある日、叔父が事業に失敗したことで財産を失ってしまう。名門の名に傷がつくことを恐れたウイリアムは自宅に戻り、家令と共にお金になりそうな物を探す。屋敷でみつけたのは、先代が出入りしていた地下の部屋。そこには謎の魔法陣があり、意図せずウイリアムは悪魔を呼びだしてしまう。呼びだされた悪魔、ダンタリオンはウイリアムに告げる。「ウイリアムは魔界の代理の王を選ぶことのできる選定公である」と。それゆえに、自らを王に選べと迫ってくるのだが…。果たして魔界の代理王は誰になるのか!?新コンビで描く、ハイテンションファンタジー!
©高殿円・雪広うたこ/一迅社・代理王候補