ニュース・更新情報

ラビッツ インベージョンラビッツ インベージョン

トップページへ

新着情報新着情報

林アナ、コスプレをしてラビッツになりきる!?
徐々に壊れていく林アナの演技に注目!

2019.11.13
photo

11月14日(木)の放送では、本作にて息の合った演技で9月に共演した松丸友紀アナと林克征アナが、再びタッグを組みます!そんな今回のお話は、ラビッツの生態により近づくために、ラビッツコスプレ(?) をしてラビッツへの接近観察実験を企む研究者たちを演じます!
ラビッツへの接近とともに徐々に壊れていく林アナの渾身の演技にもご注目ください!

<キャストコメント>

■林克征アナウンサー

エピソードの序盤は、ラビッツに対する拒否反応や怖さ、戸惑いの気持ちを作りながら、それを顔にも表し、演じていきました。

自分なりに「壁」を9枚くらい用意してアフレコに臨み、それを1枚ずつ剥がしていきながら、徐々にエンジンをかけていき、最後にはその壁が全部取れているよう計算をしてアフレコに臨んだのですが…

いざブースに入り、のめり込んでいくうちに、ラビッツのパワーに僕もやられてしまい、想定より早い段階で壁がすべて剥がされ、慌てて壁を何枚か作ったほど(笑)。

研究員が徐々にラビッツになっていくその過程にぜひご注目ください!

■松丸友紀アナウンサー

今回は、ラビッツの実験に「汗をかかずに遠くから指示をする上司の女性研究員」というちょっとズルい役を演じました。

指示を出す相手が、プライベートでも仕事でもよく接している林アナなので、遠慮なくぶつかることができました。林アナは、しっかりもののように見えて「どんくさい」ところもあるので、男性研究員がだんだん林アナに見えてしまって…(笑)。

最初は、ラビッツの中に飛び込むことに対して、自信がなさそうな部下でしたが、次第にラビッツに感化され、自分の新たな一面を開花させていく研究員の姿を通し、「一歩踏み出す勇気」のようなものを教えられました。新しい仕事をするとき、新しい人間関係の中に入っていくとき、初めは躊躇してしまうけれど、一歩踏み出してみると楽しいことが待っている、そんなことをラビッツから教えられる回です!
ただただ可愛いラビッツの映像も存分に楽しんでください!

少年役に挑戦した松丸アナ、小学生の自分を思い出して演じる!
歌って踊って吹替えに挑んだ!

2019.10.09

photo


10月10日(木)の放送では、人助けを頑張るけれど、誤解されてしまう純粋な少年役と、その少年を咎めるおばあちゃん役を松丸友紀アナが演じました。


少年の心になり切り、歌って踊って吹替えに挑んだ松丸アナの演技にもご注目ください!


<キャストコメント>
■松丸友紀アナウンサー
今回は、純粋に人助けをしたくて頑張るものの、ラビッツに邪魔をされて最終的には誤解を招いて捕まってしまう少年を演じました。


さらに、その少年を誤解し、叱りつけるおばあちゃんも演じました。


私が小学生の頃は、街で他人の子供を叱るおじいちゃんやおばあちゃんがたくさんいました。当時は、親だけではなく、近所や周りの人たち皆で子供たちを育てていくという意識があったのだと思います。
そして小学生の私も、今回演じた少年のように、困っている人がいたら積極的に助けようとやる気に満ちていました(笑)!


でも、今の日本は、他人になるべく干渉しない傾向にあって、人と人との関係性が希薄になっているような気がします。良かれと思ってやったことが仇となってトラブルに発展することもあり…。


今回の話数でも、冒頭では少年のパトロール団への勧誘に目もくれず、忙しく行き交う人の姿が描かれていましたが、せめて少年とおばあちゃんとのやりとりでは、できるだけコミカルに、そして温かみのある雰囲気が出せたらなと思い演じました。


最終的には、この話数も非常にラビッツらしいメッセージを投げかけてくれます。「人助けをするのは良いことだけれど、受け手によっては、『ありがた迷惑』になってしまうこともある」と、多角的なものの見方を教えてくれます。


今回は、メロディーに乗せてセリフを歌い上げたり、身振り手振りを加えたりして演じた箇所も多く、いつも以上にこだわりを持って演じたので、ぜひご注目ください!

photo

吹替初挑戦の林克征アナが、
なんと、ラビッツの声を担当!?

2019.08.28

林克征アナウンサーと松丸友紀アナウンサー
photo


9月5日(木)の放送では、プライベートでも仲の良い松丸友紀アナと林克征アナが、息の合った演技でラビッツ史上最大の謎の解明に挑む!果たして、ラビッツが地球を侵略した本当の目的とは!? 


さらに、今回のエピソードでは、ラビッツがなんと人間の言葉を話します!研究者の他に、難解な物理学の理論を説くラビッツを演じた林アナ。物理学の文献を読み、空で台詞を言えるほど準備を重ね、初の吹替に臨んだ林アナの迫真の演技にも乞うご期待!


<キャストコメント>
■林克征アナウンサー
今回のエピソードでは、ラビッツが「人知を超えたキャラクター」として登場します。そして、科学の力を信じすぎた人間の「滑稽さ」が面白く描写されています。


外から「檻の中の自然」を観察しているつもりが、脅威にさらされているのは、実は、我々人間なのではないかという疑問を投げかけ、地球や自然に対する「おごり」を正し、人間社会に対する「風刺」を効かせた深い回です。


今回、初めてアニメの吹替に挑戦し、アニメの中で「生きている」キャラクターとその物語に「命を吹き込む」面白さを知りました。今まで使ったことがなかった技術や表現を体得して、自分を「解放」できた実感があります。一皮むけて、自分の中で一つ大きなステップアップになりました。


今回の吹替では、「吸う」「吐く」の息づかいの違いにも意識を向けて演じているので、ぜひ注目していただければと思います。『はっ!』とか『んっ!おいしい~!』などのような「息の表現」を、例えばレポートやリアクションなど今後のアナウンサーとしての仕事の中で生かしてみたい、という「新たな課題」と「チャレンジ精神」が自分の中に芽生えました!

photo


■松丸友紀アナウンサー
今回は、初のラビッツの声の他に、林アナ演じる研究者の女性上司役に挑戦しました。実際、林アナは3つ年下なので、遠慮することなく冷たく言い放ったり、突っ込んだりすることができました(笑)!


林アナだと思って演じているうちに、どんくさい男性研究者がだんだん林アナに見えてきて…(笑)。林アナとは、レギュラー番組で共演していて、こうやって遠慮なくぶつかっていけるのも、日頃の信頼関係があるからですね!


吹替現場では、林アナがリードしてくれました。林アナが想像以上に役に入り込み、ベースとなる世界観を作ってくれたので、後から吹替をした私も自然と引き込まれた形です。声の表現も「いびき」の演技も上手くて、ライバル心が芽生えてしまったくらい(笑)!


そして今回のエピソードは、色々と考えさせられました。
人間は、強い探求心があったからこそ、今の文明があるのだけれど、「知りすぎた」ことで起きる弊害もあるのではないかと感じます。


「進化」も大事だけれど、「欲」に溺れていきがちな現代社会においては、「愛」や「心の豊かさ」など、もっと大事にしなければならないものがある。


ラビッツは、実は人間よりも一枚も二枚も上手なのではないか。壮大なシナリオのもと、人間の愚かさを知らせるためにラビッツは地球に侵略してきたのではないかと。


子供だけでなくて、大人にも見て欲しい作品です。

入社2年目の中垣正太郎アナが、
人生初の吹替でシリーズ初のラブストーリーに挑戦!

2019.08.07

8月8日(木)の放送では、入社2年目の中垣正太郎アナがアニメの声優に初挑戦!
「ラビッツ インベージョン」初のラブストーリーでヒーロー役を演じます!


大学時代にニュージーランドでラグビーをやっていたこともあり、体格が良い中垣アナ。その見た目とギャップのある甘い声で、松丸アナ演じるおばあちゃん3人をときめかせます!しかし、物語は思いがけない方向に展開していき…!?

松丸友紀アナウンサーと中垣正太郎アナウンサー
photo


<キャストコメント>
■中垣正太郎アナウンサー
体を張っておばあちゃんを救助するシーンがあるのですが、「優しめのタックル」を声で表現するのが難しかったです。ラグビーの勢いでタックルをすると、おばあちゃんが骨折してしまうので、ほど良い加減の「フンッ!」を見つけるのに、実は家で30回ぐらい練習しました(笑)


今回は松丸アナと共演しましたが、おばあちゃんの叫び声が3役とも絶妙に全部違っていて、やはりすごいなぁと圧倒されました。


声優挑戦は人生で初めての体験だったので、声を使い分ける難しさを改めて感じました。アナウンサー人生の早い段階で、実践を通して学べたのは大きな経験になりました。もっともっと練習してうまくなって、また呼んでもらえたらなと思います!

photo


■松丸友紀アナウンサー
これまでのアフレコでは少し意気込んで臨んでいましたが、今回は自然と肩の力を抜いて挑むことができました。発声方法に関しても、声の強弱に加えて、今回は細かなリアクションが多かったので、音圧にも意識を向けることができました。


今回は、おばあちゃんが乙女のようにはしゃぐ姿が生き生きと描かれています。それだけに、「おばあちゃんの黄色い声」を出すのが課題でもありました。このシリーズには今まで恋愛の要素がなかっただけに、初めての「恋模様」を演じてドキドキしました。


昨今「人生100年時代」というのがニュースにもなっていますが、自分の老後のことを考えた時、このおばあちゃんたちのように女友達とバカンス気分を味わいながら、乙女心を忘れず、「ときめき」を大事にしたいです!

photo

田口尚平アナ、念願だったアニメの吹替に初挑戦!

2019.07.10

7月11日(木)の放送では、自身がアニメ好きでゲーマーでもある田口尚平アナが、念願だったアニメの声優に初挑戦!
一時は、本気で声優を目指し、バンドのボーカルも務めていたほど声には自信がある田口アナ。挑んだのは、閉店後のスーパーでロックを英語で熱唱する清掃員。ところが、この男性、ラビッツに仕掛けられたいたずらにより、顔を真っ青にしてトイレに駆け込むことに!?

photo

<キャストコメント>
■田口尚平アナウンサー
「感情を爆発させて演技をする」経験は、今まで人生でしたことがなかったので、やってみて衝撃でした。


今回挑戦した吹替では、ぜひ「歌の演技」と「腹痛でもがく演技」の2つにご注目いただけたら嬉しいです。


マイケル・ジャクソンになり切って全力で歌い、演じたノリノリの清掃員役も必見ですが、実は、歌より「お腹を壊す」演技の方が、自信があります。実生活でもよくお腹を壊すので、その苦しさを思い出しながら演じることができたからです(笑)。


もともとアニメを見るのが好きなのですが、学生時代に「声優になりたい」と本気で思っていた時期があります。今回挑戦できて「夢が叶った」と同時に、もっとうまくなりたいと思い、声優の専門学校に通おうかと思うくらい(笑)。


「ラビッツ」は、もともとゲームで知っていましたが、このアニメを見て、世界的に流行る理由が分かりました。


作品の長さが7分というのも見やすいし、登場するラビッツがコミカルで可愛くていじりたくなる。「野菜」や「鍋の蓋」などラビッツが武器にするアイテムも可愛い。ラビッツの「キモカワいい」世界観は、女子高校生に流行りそうだなと映像を見ていて思います。ラビッツは、ゲームもグッズもあるし、アニメもある!
このビッグウェーブには、もう乗るしかないです!!

野沢春日アナが人生初の吹替で一人11役を演じ切る!

2019.06.12

6月13日(木)の放送(深夜2時55分~)では、ラビッツが現代社会の象徴でもある「携帯電話」を発見し、ラビッツならではの発想でそれをオモチャにしてしまうストーリー。
松丸友紀アナウンサーに加え、今回は、野沢春日アナウンサー(News モーニングサテライト等に出演)が、人生初の吹替に挑戦します!携帯電話をめぐってラビッツが巻き起こす騒動のとばっちりを受ける男性役等、演じた役はなんと11人!

photo
photo
松丸友紀アナウンサー

<キャストコメント>
■野沢春日アナウンサー
人生初めての経験で、本当に難しかったです。
「11役を演じる」と聞いたとき、最初は「いけるかも!」と思いました。アフレコ前には、なんとなく自信がありましたが、今はもうありません。


演じる役柄の見た目や印象で、準備段階であらかじめ、15種類くらいの声を作り込んで臨みましたが、頭では分かっていても、いざ自分の声にしようと思ってもできませんでした。


試行錯誤の末、登場人物の見た目ではなく、「この人、お腹空いているんだろうな」「今、イライラしているんだろうな」などと、役柄の心に入り込んで声にしていく自分なりの方法に行きつきました。


今回のエピソードは、スマートフォンと出逢ってしまったラビッツが、何をしでかすのかが描かれています。初挑戦した吹替とともに、ラビッツたちの傍若無人な行動と愛くるしさにも、ぜひご注目ください!


■松丸友紀アナウンサー
野沢アナが演じる男性と「携帯電話」で会話をする女性を演じました。野沢アナとは別々に収録を行ったため、掛け合いがない中でのアフレコに苦戦しました。
『ゴッドタン』などのバラエティー番組のように、笑いや相槌など、出演者のリアクションがあると、話しやすく、感情もノリやすいのですが、相手が目の前にいない状況であたかも相手がいるように想定して演じるのは、とても難しく感じました。


ラビッツは、見た目は「キモカワ」ですが、小さないたずらっ子のようで、愛らしくて憎めない。
「ラビッツ インベージョン」が取り上げるテーマは、日常生活で私たちの身の回りにある題材ばかり!ラビッツの手にかかると、同じ題材でもこんな展開になるんだ、と多くの発見があります。ラビッツが本当にいたら、めちゃくちゃにされるけれど、毎日が楽しくなるだろうなあ(笑)!

松丸友紀アナが一人で全役を吹替!

2019.05.22

テレビ東京で毎週木曜日深夜に放送中の「ラビッツ インベージョン」。5月23日(木)の放送(深夜3時25分~)では松丸友紀アナが少年役にも初挑戦します!
激しい身振り手振りで「少年役」「お母さん役」「おばあちゃん役」の3役を一人で演じ切った松丸アナ。果たして、どのように役を演じ分けたのか…?気になるそのストーリーは!?

photo
photo
松丸友紀アナウンサー

<キャストコメント>
■松丸友紀アナウンサー
前回のアフレコで「<少年役>をやりたい」と言ったことが、こんなに早く実現するとは思っていませんでした。


年齢も性別も違う役を演じることがこんなに難しいとは!ただ、私自身もうすぐ2歳になる息子がいて、今まさに「イヤイヤ期」真っ只中。今回登場する少年は、オモチャを買って欲しくて駄々をこね、親の顔色を見て泣きわめくのですが、我が子にも相通じるところがあったので、「少年」の目線に立ち、演じることができました。


スーパーの床で子供に「ギャン泣き」されるような場面も、私自身、何度も味わっているので、今回演じた<お母さん>の気持ちも、もちろんよく分かります!本当は怒鳴りたくても、周りの目があるため「優しいお母さん」を演じざるを得ない気持ちも痛いほど分かる内容でした。


そして、前回も演じた<おばあちゃん役>は、3役を演じ分けるために、今回は、声を少し低めにして他の役柄との声の特徴をより明確にする工夫もしてみました。


日頃は座って収録することが多いのですが、今回の少年役は泣きわめいたり、叫んだりする場面が多かったので、少年が「ベー!」とするところなど、顔に手を当てたり、振り上げたり、ジタバタしたり、とかなりのアクションとともに演じました。


すると、練習の時にはどうしても出せなかった声が、アフレコ現場で演じているうちに出てきて「殻を破れた」のを感じ、自分でも驚きました!ぜひ「少年の声」に注目して見ていただけたら嬉しいです(笑)!

初回はテレビ東京アナウンサーによる吹替!

2019.03.20

深夜放送の「ラビッツ インベージョン」では、テレビ東京の松丸友紀アナウンサーが本格的に声優に挑戦!
4月4日(木)の初回放送は、増田和也アナウンサーも参戦します!
松丸アナウンサーは、ギャップのあるおばあさんの声を、増田アナウンサーは、10人の声を演じ分けます!
※アナウンサーが声優を務めるのは、月に一回程度を予定


<キャストコメント>
■松丸友紀アナウンサー
…ギャップのあるおばあさん役

声優は、アナウンサーの仕事の枠を超えてとても興味があり、やってみたい仕事の一つだったので、夢が叶って嬉しいです。ナレーションの仕事は、正しい発音や発声を常に心掛けて行うのですが、アフレコは、それとは正反対のスキルもかなり必要だと思いました。普段のナレーションでは、身振り手振りはしないようにしているのですが、アフレコでは、「身振りがないとキャラクターは演じられないな」というところがありました。声優の皆さんは、日頃どのように臨まれているのかが気になりました。今回、模索をしながらアフレコに挑戦し、新境地が開けた感じです。機会があればもっとアフレコのお仕事にも挑戦してみたいです!お仕事ください(笑)!
「ラビッツ インベージョン」では、今後、性別を超えて男性の役、少年の役などの領域も挑戦してみたいと思います!

松丸友紀アナウンサー


■増田和也アナウンサー
…男役10人の声を演じ分けます!

とても楽しかったです!日頃、番組のナレーションなどでボイスオーバーをする中で、今回演じた「威圧感のある」警官役はなんとかできましたが、新たに演じたおじいさんや泥棒などは、難しかったです。細かいリアクションなど、あまりやったことがない声の出し方をさせていただいたので、大変勉強になりました。決して長尺ではない作品でも、それを作り上げるために私の声だけでもこれだけの時間をかけていることを実感し、制作者の汗と涙が結集して生まれたこの作品づくりの一端を担うことができて、とても嬉しく思います。

増田和也アナウンサー

サイトオープンしました!

2019.03.20

「ラビッツ インベージョン」サイトオープンしました!


4月4日からテレビ東京にて毎週木曜深夜3時55分~放送スタート!
※初回のみ深夜2時55分~放送

Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.