遊☆戯☆王ゼアルⅡ

遊馬とアストラルの新たなる闘いが、今始まる!!

ニュース・更新情報
あにてれメニュー

ナンバーズ135「未来をこの手に!銀河決戦終結!!」

2013年12月29日放送

カイトとミザエルによる決闘は激しさを増していく。カイトはオービタル7の支え無くして立つこともできぬ状況で、自身が背負う宿命を全うさせるべく、満身創痍でミザエルに立ち向かう!しかし、ミザエルが放つ「超銀河眼の時空龍」の圧倒的効果により、極限へと追い詰められていく…!2人の様々な想いが交差する中、今ここに真の「龍(ドラゴン)使い」が誕生する!!

ナンバーズ134「甦る竜皇神話(りゅうおうしんわ)!! 『銀河眼の光子竜皇(ギャラクシーアイズ・プライム・フォトン・ドラゴン)』」

2013年12月22日放送

2人の「銀河眼」使い、カイトとミザエルの決戦の舞台は月。それぞれが操る「銀河眼」は怒涛の光を放ち、咆哮を鳴り響かせ、かつてない激しい攻防を重ねていた!カイトは、かつてジンロンが話していた遺跡の伝説になぞらえ、ついに新たな「銀河眼」を生み出すことに成功する!!このカイトの「新銀河眼」とミザエルの「時空竜」の対峙は、世界を希望へと導いていけるのか―――。

ナンバーズ133「別れは刹那… 哀しき兄妹の宿命」

2013年12月15日放送

バリアンの力を失ったアリトだったが、本来のギラグを取り戻したいという熱い想いを胸に、必死の攻防を繰り広げる!そんな激闘を前に遊馬は、仲間を取り戻すためにどんな犠牲をもいとわないという真の決闘者魂に感銘を受けるのだった。その頃「ヌメロン・コード」のカギを探るべく月へと旅立ったカイトは、同じ「銀河眼」使いのミザエルと対峙し、2体の「銀河眼」の起源を知る…!

ナンバーズ132「我が身を盾に! ドルベ最後の誓い!!」

2013年12月8日放送

ベクターから語られた衝撃の事実によってドルべ・メラグの怒りは最高潮に!決死の覚悟でベクターを倒そうとする2人に、さらなる衝撃、永続魔法『ドン・サウザンドの玉座』の恐ろしい効果が襲いかかる。一方、全ての記憶を取り戻したアリトは、洗脳されたままのギラグを救うべく、遺跡のNo.を手にギラグとの決闘に挑むが…!?

ナンバーズ131「ベクターの嘲笑 引き裂かれた七皇(ななこう)!!」

2013年11月24日放送

遊馬たちを乗せた異次元飛行船がバリアン世界へ突入しようとしていたちょうどその頃、バリアン世界ではドルべ・メラグとベクターが対峙していた。No.96を自身に取り込み更なる邪悪な力を手にしたベクターは、2人を倒し、その力を吸収しようと企んでいた。そして、捕らわれの身となったナッシュとメラグに隠された衝撃の事実が明らかになる…。

ナンバーズ130「覚醒の熱拳(ねっけん)!!アリト復活の刻(とき)」

2013年11月17日放送

アリトにかけられた呪いをなんとか解きたい遊馬は、その方法を模索していた。遺跡のNo.はバリアン七皇の記憶そのものであり、このNo.が本来のアリトを取り戻すカギになるのではと考える遊馬は、自身に降りかかるであろう危険を顧みず、「No.54反骨の闘士ライオンハート」を召喚する!一方、さらに凶悪さを増すアリトは新たなNo.を召喚し、遊馬を窮地にまで追い詰める…!!

ナンバーズ129「混沌(カオス)の影 遊馬vs執念の闘士アリト」

2013年11月10日放送

命懸けで闘った仲間たちの想いを受け継いだ遊馬。宿敵ドン・サウザンドを倒すべく、アストラルと共にバリアン世界へと向かう。しかしその途中、かつて熱きデュエリストとして遊馬と決闘を重ね、絆で結ばれたはずのアリトが現れる!しかし今のアリトにはその面影はなく、何かに憑りつかれているかのようにその表情は邪悪に満ちていた。遊馬は本来のアリトというデュエリストを取り戻すため、デュエルで立ち向かうのだった!

ナンバーズ128「別れの涙… 超銀河眼の時空龍(ネオ・ギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴン)の暴威!!」

2013年11月3日放送

バリアンの切り札「ザ・セブンス・ワン」を封じる策に出たⅢとⅤは、ミザエルのエースモンスター「銀河眼の時空竜」を奪い取ることに成功する!さらに、Ⅴが開発した「アージェント・カオス・フォース」によって自身のNo.を次々とランクアップさせ、ミザエルを極限まで追い詰めていくのだった!!しかし、ドラゴン使いとしてのプライドを傷つけられたミザエルが新たな戦略で反撃に出る…!

ナンバーズ127「不屈の兄弟コンボ 時空竜(タキオン・ドラゴン)幽閉!!」

2013年10月27日放送

世界の終わりを感じさせるかのように、暗雲が立ち込めるハートランドシティ。バリアンによる猛攻は激しさを増すばかりで、オボットたちはシステムエラーを起こし、街からは人の気配が消えていた。この非常事態を脱するべく、遊馬とアストラルはバリアン世界へと旅立とうとしていた!一方、ⅢとⅤの前には遊馬とカイトの行方を追うミザエルが姿を現す。遊馬にこの世界の未来を託したⅢ・Ⅴは、ミザエルを足止めするため決死のデュエルを仕掛けるのだった…!!

ナンバーズ126「さらば友よ…虚空へ散る想い!!」

2013年10月20日放送

Ⅳとナッシュによる白熱デュエルに終止符が打たれた頃、遊馬たちは秘密基地へと到着していた。自分を守るために命がけで闘ってくれた仲間たちを想い、胸を痛める遊馬。しかし、凌牙がバリアン七皇のリーダー・ナッシュとして復活した今となっては、感傷にひたっている時間など残されていない。自分たちの跡を追うバリアン七皇がすぐそこまで迫ってきている危機的状況で、遊馬はついに幕を開ける最終決戦を前に、闘う決意をするのだった…!!

ナンバーズ125「不死身の槍術士 S・H・Dark Knight(サイレント・オナーズ・ダーク・ナイト)」

2013年10月13日放送

ナッシュが七皇に手渡した、バリアンの切り札「ザ・セブンス・フォース」。かつてないほどの脅威的な効果を切り札に、バリアン七皇がⅣたちに猛攻を仕掛ける!その強さに圧倒されるⅣたちだったが、遊馬を守るため、そして凌牙を目覚めさせるために、それぞれが渾身の力を振り絞って立ち向かうのだった。そして、ⅣはⅤに授けられた切り札を手に、ナッシュを追い詰める戦略を繰り広げる…!

ナンバーズ124「「バリアン七皇(ななこう)」 紅(あか)き世界の戦士!!」

2013年10月6日放送

衝撃とともに遊馬たちの前に現れたバリアン七皇。そこにはベクターやドルべたちの横には、仲間として共に闘ってきた凌牙と璃緒が肩を並べていた…!この事態に混乱する遊馬は、凌牙に必死に訴えかけるが、そこにはかつての凌牙の姿はなく、ナッシュという七皇が立っているのだった。皇の鍵が凌牙のペンダントと共鳴した時、凌牙の過去の記憶を見た遊馬は、あまりの衝撃に気を失ってしまう!退却を余儀なくされた遊馬たちを救うため、かつて激闘を繰り広げたデュエリストたちが集結する…!そしてナッシュとなった凌牙の前には、ライバル・Ⅳが立ちはだかるのだった!