森本 智子

スミスの本棚   『 ブックデザイナー ・ 名久井直子さん  』

歌人・穂村弘さんからのご指名は、 装丁家(ブックデザイナー)の名久井直子さん。 著名な作家から 「ぜひ名久井さんの装丁で・・」 と、指名の絶えない人気の装丁家。 装丁への執念から、「仕事の鬼」と評されることも多いそうです(笑) そもそも装丁とは…

スミスの本棚   『 音楽プロデューサー ・ 小林武史さん  』

スミスの本棚、今回は特別編です。 ゲストは、音楽プロデューサーの小林武史さん。 Mr.Children や MY LITTLE LOVER のプロデュースの他、 環境事業などに融資する 「ap bank 」 の活動など 音楽に留まらず、幅広く活躍しています。 今回のインタビュー場所 …

スミスの本棚   『 歌人 ・ 穂村弘さん  』

劇作家・演出家 本谷有希子さんからのご紹介。 古い枠に囚われない新しいスタイルの短歌で話題を集める 歌人の穂村弘さんです。 以前、ゲストとして詩人の谷川俊太郎さんに お話を伺う機会はありましたが、歌人の方は初めて。 いつになく緊張しながら、イン…

スミスの本棚   『 劇作家 演出家 ・ 本谷有希子さん  』

作家、島田雅彦さんからのご紹介 小説家でもあり、「劇団、本谷有希子」の主宰として、 演出も出がける 本谷有希子さん。 高校卒業後、上京。 自身の名前を冠した劇団を旗揚げし、10年以上 走り続けている本谷さん。 その 柔らかくホンワカした雰囲気から…

スミスの本棚   『 作家 ・ 島田雅彦さん  』

劇作家の岩松了さんからのご紹介。 その甘いマスク(表現古いですか・・)で人気の作家、島田雅彦さんです。 今回は特別に、仕事場でもあるご自宅で インタビューさせて頂きました。 ( はしごを上った先にある屋根裏部屋で、執筆中↓ ) 島田さんと言えば・…

スミスの本棚   『 劇作家 演出家 ・ 岩松了さん  』

脚本家、宮藤官九郎さんからのご紹介。 互いの舞台に出演し合い、 去年は一緒に過ごした時間が最も長かったいう 劇作家・演出家の 岩松了さん。 タイヤのCMでもお馴染みですよね。 実は岩松さん、長崎県のご出身。 ふるさとが同じというだけで、一気に親近感…

スミスの本棚   『 脚本家 ・ 宮藤官九郎さん  』

山田太一さんからのご紹介。 山田さんとは親子ほどの歳の差があるでしょうか・・・宮藤官九郎さんです。 宮藤さんは、「脚本家」「映画監督」「俳優」「ミュージシャン」 様々な顔をもっていますが、全てに共通しているのが その 独特の世界観。 一体どんな思…

スミスの本棚   『 特別編 ★ 石巻赤十字病院 ・ 石井正さん  』

3、11から 一年が経ちました。 日本人にとって とても大切な一年であり、 皆さんの胸には 様々な想いが渦巻いているはずです。 今回、再び被災地に足を運びました。 死者・行方不明者が自治体の中で一番多かった石巻市。 街中の瓦礫こそ撤去されているも…

スミスの本棚 ★特別編★  『 サッカー日本代表 ・ 遠藤保仁選手 』

~ スミスの本棚 ★特別編★ ~ 今回のゲストは、スミスの本棚では珍しい 現役スポーツ選手 サッカー日本代表の 遠藤保仁(やすひと)さんです。 昨年末、ガンバ大阪の練習場でお話を伺って来ました。 朝9時過ぎ。 吐く息が白くなるほど冷え込む中 本番さなが…

スミスの本棚   『 脚本家 ・ 山田太一さん  』

脚本家 ・ 北川悦吏子さんからのご指名は、この方。 同じく脚本家の 山田太一さんです。 インタビュー場所は、なんと山田さんのご自宅。 優しい奥様に、美味しいお茶菓子まで頂いてしまい・・・ 実家に戻ったような温かい雰囲気中で、インタビューは行われま…

スミスの本棚   『 脚本家 ・ 北川悦吏子さん  』

作家 辻仁成さんからのご指名は この方。 文章を書くということは、 空気を吸うように 水を飲むように 必要なことだと話す 脚本家の 北川悦吏子さん。 「愛していると言ってくれ」 「ロングバケーション」 「ビューティフルライフ」・・・ 恋愛ドラマの神様…

スミスの本棚   『 作家・ミュージシャン  辻仁成さん 』

映画監督 ・瀬々敬久さんからのご指名は、この方。 作家そしてミュージシャンでもある 辻仁成さん。 そっと 目の前に現われた辻さん。 想像通り、とても しなやかなたたずまい。 そのハスキーヴォイス。 そして情熱と冷静さを兼ね備えたような語り口、 いつ…

スミスの本棚   『 映画監督 ・ 瀬々敬久さん  』

ルポライター 内澤旬子さんからのご指名は この方。 映画「アントキノイノチ」の監督 瀬々敬久さん。 大先輩に失礼を承知で・・ とてもシャイで優しそうな方。 私の第一印象です。 映画監督・・ということで、 インタビューはこんな場所で行われました。(松…

スミスの本棚   『 ルポライター ・ 内澤旬子さん  』

角田光代さんからのご指名はこの方。 ルポライターの内澤旬子さん。 ご自身で取材をして、原稿を書き、イラストまで描いてしまう。 現場に行き、取材して、表現する・・何だか私達の仕事に似ているな、と。 しかし、内澤さんのバイタリティーや芯の強さは …

スミスの本棚   『 特別版 ★ 池上彰さん②  』

今回は、池上彰さん第2弾。 【 放送に入らなかったけど、もったいないのでお伝えします・・ 】 の巻です。 今回のインタビューの冒頭、 私は池上さんに「一問一答」を挑みました。 本には関係ないけれど、個人的に聞きたいことを3つ、お尋ねしてみました。…

スミスの本棚   『 特別編 ★ 池上彰さん①  』

今回は、『 スミスの本棚・特別編 ① 』 ゲストは、池上彰さん。 昨年春にテレビのレギュラー番組から姿を消した池上さんですが、 「本の取材なら、喜んで・・」 と、快諾頂きました。 短い取材時間でしたが、とても充実した読書談議となりましたので 放送は…

スミスの本棚   『 作家 ・ 川上未映子さん  』

― 9月30日 都内の書店にて 『スミスの本棚』 出版を記念して、初めての公開収録が行われました。 いつもは、ゲストの方と私の二人っきりで埋められる空間と時間。 この日は、沢山のお客さんが見守る中で、ドキドキ・・・緊張感は高まります。 しかもゲス…

スミスの本棚   『 作家 ・ 角田光代さん  』

サンボマスター・山口隆さんからのご紹介は この方。 直木賞作家 角田光代さんです。 今回は特別に、引越しを終えたばかりの 角田さんの仕事場にお邪魔させて頂きました。 ( ↓ ) 気持ちの良い風が入る 白い一軒家。 1階はミュージシャンである旦那さまの…

スミスの本棚   『 映画プロデューサー ・ 川村元気さん  』

特別版の今回のゲストは、 東宝の映画プロデューサー 川村元気さん。 (森本) 「芸名ですか?」 (川村) 「もちろん本名です・・・(笑)」 素敵な響きですよね。 「電車男」 「告白」 「悪人」 そして今大ヒット公開中の「モテキ」 印象の異なる、しかし観…

スミスの本棚  『 ミュージシャン ・ サンボマスター山口隆さん 』

「みうらじゅんさん」からのご紹介。 今回のゲストは、サンボマスターのボーカル 山口隆さんです。 とっても優しくて穏やかで・・ こんなお兄さんがいたら、幸せな妹として兄をしっかり支えるだろうなぁ なんて。 すっかりファンになってしまったのでした。 …

スミスの本棚   『 みうらじゅん さん  』

山田五郎さんからバトンを渡されたのは、 飲み友達だという みうらじゅんさん。 とってもシャイな方でした。 真面目な中にも、くすっとユーモアを散りばめる天才ですね。 待ち合わせは、みうらさんが昔からよく足を運んでいたという 新宿にある 太宗寺(たい…

スミスの本棚   『 山田五郎さん  』

中川翔子さんからのご指名は 笑顔がチャーミングな山田五郎さん。 とにかく何でも知ってる五郎さん。 その「博識」の秘密を伺いました。 雑誌の編集を手がけていた頃から、取り上げるトピックスを - 仕事だから、調べて紙面を創る - のではなく - とこと…

スミスの本棚   『 中川翔子さん   』

「 しょこたん 」 こと 中川翔子さん。 歌手 ・ 司会者 ・ ラジオパーソナリティー 声優 ・ 漫画家 ・ グラビアアイドル・・・ 様々なジャンルで活躍していますが、 どれも「しょこたん流」に完成され、 尚且つ しっくりはまってしまうから 不思議です。 本…

スミスの本棚   『 作家 ・ 筒井康隆さん  』

山下洋輔さんからのご紹介は、 公私共に仲がいいという 作家の筒井康隆さん。 ご存知 「日本のSF御三家」 のお一人。 『時をかける少女』など数多くの代表作がありますが、 もうページを開くと最後。 その独特のエンターテインメントの世界に、どこまでも深…

スミスの本棚   『 ジャズピアニスト ・ 山下洋輔さん  』

今回のゲストは・・・ 昔から、尊敬している大ファンで、 まさか まさか、お目にかかれるとは思っていなかった この方。 ジャズピアニストの山下洋輔さん。 「 アナウンサーやってて良かったな・・ 」 職業上、最大とも言える恩恵を被ることができた1時間は …

スミスの本棚   『 サックス奏者 ・ 坂田明さん  』

フォークシンガー ・ 小室等さんからのご指名は この方。 サックス奏者の坂田明さん。 笑うと 表情がくしゃくしゃっとする坂田さん。 淡々としたお喋りの中で 突如飛び出す極上のジョーク。 若い頃、タモリさんと毎日ふざけ合っていたというのも 容易に想像…

スミスの本棚 番外編  『 伊集院静 ~命を語る~ 』

直木賞作家 / 伊集院 静 なんと、 圧倒的な存在感を放つ 名前の響きなのでしょう。 実はこの名前、広告代理店で働いていた頃に 上司につけられた(ご本人は抵抗した)ペンネームだと聞きまして・・・ ちょっとだけ、親近感が湧いてきます。 インタビュー場…

スミスの本棚   『 ミュージシャン ・ 小室等さん  』

今回のゲスト 小室等さん。 日本のフォーク界の『開祖』というべきでしょう。 大地を称えるような 力強い歌声がとても印象的でしたが 実際お会いすると、とても穏やかで 優しくて その内面から溢れ出す崇高感に 惹き付けられます。 この美声で子守唄を唄って…

スミスの本棚   『 音楽家 ・ 谷川賢作さん  』

前回のゲスト 谷川俊太郎さんからの御指名は 息子さんの賢作さんでした。 「親ばかだけどね・・結構いい演奏するんだよ。」 めずらしく はにかんだ表情の俊太郎さんが 印象的でした。 そして頂いた一枚のCD。 初めて耳にする 賢作さんの ピアノ Jazz。 切な…

スミスの本棚  『 詩人 ・ 谷川俊太郎さん 』

『 生きる 』 谷川 俊太郎 生きているということ いま生きているということ それはのどがかわくということ 木もれ陽がまぶしいということ ふっと或るメロディを思い出すということ くしゃみをすること あなたと手をつなぐこと ・・・・・・・・・ 谷川さんの…

『 被災地に本を届けようプロジェクト!  』

先月末、宮城県南三陸町の桜は満開でした。 未だ多くの尊い命が眠る海は 悲しい程おだやかで。 目を閉じて手を合わせると、波の音と鳥の声だけが響いてきます。 くるりと振り返ると、茶色の瓦礫の山の向こうに広がる 満開の桜。 こんなにも悲しく見えたのは…

スミスの本棚  『 阿川佐和子さん 』

今回のゲストは 阿川佐和子さん。 実際にお目にかかると、 TVで拝見するよりずっと小柄で・・・驚きました。 この小さな体のどこに、とてつもないパワーが秘められているのでしょう。 エッセイスト ・ インタビュアー ・ 司会者 様々な顔をもつ 阿川さん。 …

スミスの本棚  『 本上まなみさん  』

美しい人を前にすると、じっーと見つめてしまう・・ これはやはり、人間のさがなのでしょうか。 約1時間。 終始、本上さんの清清しい笑顔に惹きつけられ その周りをゆったりと漂う空気感に酔いしれていました。 (私、大丈夫でしょうか・・) 質問をしっか…

スミスの本棚  『 プラネタリウムクリエーター ・ 大平貴之さん  』

大平さんの事務所の一角。 部屋の明かりを落とすと・・・ 頭上には 数千もの星たちが天の川の流星群を作ります。 大きさも明るさも、各々が個性的。 それまでの雑然とした部屋が、一瞬にして果てしない宇宙空間に変身しました。 プラネタリウム。 また最近、…

これから、私に出来ることを。

3月11日 午後2時46分。 テレビ東京でも激しい揺れを感じました。 地震で被災された方、津波で大切な家族を失われた方、 心より、お悔やみとお見舞いを申し上げます。 私は病気で母を亡くしましたが、最期の瞬間は 傍で母の姿を目に焼き付けることができまし…

スミスの本棚 番外編  『 古書のすすめ 』

『 先入観を捨てて、古書店へGO ! 』 「 本なんてネットで買えるし・・・ 」 そう思っていたのは、何を隠そう私。 スミスの本棚を担当していなかったら、 この街に足を運ぶことも、無かったかもしれません。 前回のゲスト、鏡リュウジさんに案内してもらっ…

スミスの本棚  『 占星術研究家 ・ 鏡リュウジさん 』

『 占星術 ・ 星占い 』 TVや雑誌など、毎日どこかで目にします。 科学の進歩、イノベーションの重要性が叫ばれる中、 どこか神秘的で魔術的な この「占星術」が こんなにも生活に溶け込んでいるなんて・・ ちょっと不思議ですよね。 かくいう私も、星占いは…

スミスの本棚  『 精神科医 ・ 名越康文さん 』

都心が一望できる、六本木ヒルズの「アカデミーヒルズ」 雲の上での読書。 本棚に囲まれた、都会の聖地のような 素敵な空間でインタビューさせて頂いたのは、 精神科医の 名越康文さん。 著書によると・・・ 名越先生は、お会いして直ぐに「その人を見抜くこ…

スミスの本棚  『 漫画家 ・ 西原理恵子さん 』

今回のゲストは、漫画家の西原理恵子さん。 西原さんが、文字通りペン1本で建てた・・という 自宅兼アトリエにお邪魔しました。 実際にお会いした西原さんは、 思い描いていた、漫画『毎日かあさん』に登場する あのたくましいおばちゃんとは、一味違った印…

スミスの本棚  『 放送作家 ・ 鈴木おさむさん  』

今回のゲストの方は、本当に本当にお忙しい。 超多忙なスケジュールの合間をぬって、 都内のホテルでお会いすることができました。 毎晩、ゴールデンタイムで目にする番組のいずれかは この方が放送作家として参加している・・・ 『 超売れっ子 』 とは、こ…

『551円のプリン。』

皆さんが食べたことのある、一番高いプリンはいくらですか? 今日、私の記録が更新されました。 こちらが、551円のプリン。 85グラム。 正直ちょっと小さいです・・ でも、高い値段には、ちゃんとワケがありました。 単純にブランド価値を上げるとか、…

ベールを脱いだ 次世代の『PSP』

今日の取材先は都内のホテル、地下2階。 会場には、マスコミを含め なんと1000人以上の人が! この熱気に、ちょっと興奮してきます。 ソニー(SCE)が仕掛けた 5年半ぶりの大注目イベント。 何かというと・・・そう。 次世代のPSPのお披露目なん…

スミスの本棚  『 書道家 ・ 武田双雲さん 』

私の、とんでもない贅沢ご紹介します・・・ これです。 さて、誰に書いて頂いたのでしょうか? (タイトルで既にばれてますか・・) そうです。 この方↓武田双雲さん。 間違いなく、我が家の家宝入りです。 ※ なぜか 私が筆を握ってしまっている 湘南の海か…

スミスの本棚  『 歴史小説家 ・ 火坂雅志さん 』

久しぶりの 『 早稲田大学 』 ここだけは、いつ来ても時が止まったような気がします。 卒業して10年以上経つのに。 一歩足を踏み入れると、学生時代に戻ったような感覚に・・ 大隈さんが「いつでも戻ってらっしゃい。」って言ってくれている。 (ような気…

「お一人様」マンション

三十路を過ぎて、これだけ一人暮らしが続くと・・やはり何度も立ち止まり考えるのが、マンション購入。今ここで購入すべきか?結婚を考えると、留まるべきか?いや、結婚しても運用すればいいじゃないか?など。 今日の取材を経て、更にモヤモヤしてしまいま…

チョコレートの値段が心配です・・

バレンタインデーまで1ヶ月をきりました!ね。皆さん、今年は月曜日ってご存知でした?2年続けて週末だったため、今年は「義理チョコ」需要が復活するのでは・・とメーカーは意気込んでいます。海外の有名パティシエによるブランド等も増える中、国内大手…

シュー活? ソー活?

最近のWBSでは、スマホやSNS等の話題を取り上げることが多くアナログ人間の私にとっては、ちょっと辛い局面が増えてきました・・。(フェイスブックも覚えたばかりですし・・)そして今日も、SNS関連。なんと「就職活動もSNSの波が!」ということで、向かっ…

スミスの本棚  『 フォーバル・会長 大久保秀夫さん 』

「フォーバル」 何の会社なのか・・・もしかすると、 知らない方もいらっしゃるかもしれません。 でも、フォーバルがこれまで成し遂げてきたことをみると、 大久保さんが、 『ベンチャー界のカリスマ』 と言われている意味が よく分かります。 56歳の大久保…

金メダル。

ずいぶん遅くなりました。 ☆☆ 明けまして おめでとうございます ☆☆ 今年も、宜しくお願い致します。 去年12月、かなりバタバタしていた為 年末お休みに入ると同時に少し体調を崩してしまい お正月は休養してました(↓) 朝から晩まで大量の本を読み続け・…

フェイスブック大調査。

WBSをご覧になっている方達の間ではフェイスブック、既に始めている人も多いでしょう。名前は聞いたことあるけど、いったい何に使うのか・今回は、フェイスブック日本代表の児玉さんのところへインタビューに行って来ました! 無知な私の細かい質問に、児玉…