16.ファンケルクラシックの裏側

 

男子シニアゴルフツアーの今季第9戦、ファンケルクラシック。

 

先週末行われた3日間大会で、シニアツアー史上最多の2万5214人ものギャラリーの方々が来場されました!

 

 

f:id:fukudanoriko:20180820183410j:plain

 

 
アマチュアとして参戦した原辰徳さんのいる組には、原さんのユニフォームを着用した方、巨人のタオルを首にかけている方、ネイルや持ち物をオレンジ色にした方など、老若男女問わず多くの方がついて回っていました!
 
ギャラリーの皆さんに原さんから声をかけるシーンもあり、ファンの皆さんにとっては忘れられない思い出になっただろうなぁと、生放送で緊張する最中、ほっこりさせてもらいました。
 
中には、原さんが出るということで初めてツアーの行われているゴルフ場に来たという方がいらしたり、
 
お子さんが「ほら原さん打つよ!」と親御さんを引っ張っていく姿を見かけたり…
 
裾野が広がっていっているのを目の当たりにしましたね。裾野市だけに。
 
( ̄∀ ̄)笑
 
 

f:id:fukudanoriko:20180820183617j:plain

 
 
そして、ギャラリーの皆さんがシニアツアーはレギュラーツアーと違って、選手との距離感がより近くていいよねとおっしゃるように、私もリポーターとして選手の皆さんとの距離感の近さを実感しました!
 
 

f:id:fukudanoriko:20180820183653j:plain

 
 
普段は18番グリーン近くで、フロアディレクターさんと音声さんと3人、もしくはカメラマンさんが途中から合流して4人でひっそりとお仕事しているのですが、
 
 

f:id:fukudanoriko:20180820183757j:plain

 

 

少し早めにホールアウトした平石武則選手がお隣に…!!!
解説ではないんですが、見学?のような形でリポート席に来てくださいました!
 
高校球児として1977年夏の甲子園大会を制したメンバーの一人だった平石選手。
原辰徳さんと年齢がひとつ違いということもあり、熱く打ち込んだ高校野球の話もしたそうです。
 
 

f:id:fukudanoriko:20180820183908j:plain

↑平石選手に遠近法を使われてしまいました!笑

 

 

 

そして、
 
プレーオフが決まると続々と選手の皆さんが集まってこられました!!!
 
 

f:id:fukudanoriko:20180820184009j:plain

 
「これはいいショットだなー!」
「やっぱり刻むよなー。」
「このグリーンはこっちに切れそう。」
 
 

f:id:fukudanoriko:20180820184033j:plain

 

 

「あの曲がりを見るとカップまで比較的真っ直ぐなのかな。」
「カップの位置的に有利なのは…」
 
 

f:id:fukudanoriko:20180820184055j:plain

 
 
なんて豪華な解説陣なんでしょうか!!!笑
 
本当に、とっても贅沢な空間でした。
 
 
ゴルフ界のスターの皆様と、大会を支えるスタッフやボランティアの皆様、そしてギャラリーや視聴者の皆様のゴルフ愛をひしひしと感じ、より一層学びを深めていきたいと思えた3日間でした。
 
ここからもゴルフ中継は続きます…!
ぜひ今後もご覧くださいね。
 

f:id:fukudanoriko:20180820184159j:plain