クールビューティー池谷実悠アナ 入社まで持っていたアナウンサーへの誤解

池谷実悠

テレ東プラス」では連続企画として、2019年にアナウンサーデビューし、テレビ東京の“新しい顔”となった池谷実悠アナウンサー、森香澄アナウンサー、田中瞳アナウンサーを直撃。

今回は、池谷実悠アナにアナウンサーを目指したきっかけや、休日にハマっているという「ソロ活動」などについて、たっぷりとお話を伺いました。

入社まで持っていたアナウンサーへの誤解

池谷実悠

―池谷アナがアナウンサーを目指したきっかけを教えてください。

「小さい頃にミュージカルを習っていまして、台本通りに演じつつも自分のアドリブを入れるのがとても好きでした。ミュージカルの先生に『将来、話すことを仕事にするのがいいのでは?』と勧めていただき、私自身もアナウンサーって素敵なお仕事だなと思ったことが大きなきっかけです。ただし、絶対にアナウンサーになりたい!というような強い気持ちではなく、大学生になり就職活動がスタートした際に、『せっかくだからアナウンサー試験を受けてみよう』となり、現在に至ります」

―アナウンサーが絶対の目標というわけではなかったんですね。

「就職して地元の静岡に帰りたいなぁ、と思っていました。キー局のアナウンサーは練習のつもりで受けていて、地方局のアナウンサーを目指していました。なので、テレビ東京の試験も、実はそんなに緊張していなかったのかもしれません。それが功を奏したというか(笑)」

―入社されてから現在までの中で、印象に残っている仕事は?

「田中アナ、森アナ、私の3人で新人研修を受け、その後、最初に地上波デビューとなったのが『モーサテ』(News モーニングサテライト)のお天気を伝えるお仕事でした。入社前は『アナウンサーの世界というのは、バチバチと火花が散るような世界が広がっている』と思っていたんです(笑)。実際は先輩の秋元玲奈アナや、西野志海アナが本当に手取り足取り、優しく教えてくださって、そんな経験を通して『ああ、私はあったかい会社に入社したんだな』と、実感しました」

―ちなみにお天気はきちんと伝えられたのですか?

「頑張りました(笑)」

「お酒はつぐのも飲むのも得意です(笑)」

池谷実悠

―では「これだけは誰にも負けない」という強みがあれば教えてください。

「負けないところ…。(少し考えて)学生時代のアルバイト経験から、お酒をつぐのがうまいです(※池谷アナは野球場でビールの売り子のアルバイトをしていました)。ビールはもちろん、日本酒も。お酒はつぐのも飲むのも得意です(笑)。アナウンス部の歓迎会の時にそのお話をして、先輩方のグラスにたくさんお酒を注ぎましたね。ここだけの話になりますが、アナウンス部の皆さんは酒豪が多いんですよ!」

―先輩方ともうまく打ち解けて、コミュニケーションもばっちりですね。

「親しみやすいというか、人と打ち解けやすいとよく言われます。よく笑い、そしてよくしゃべる(笑)。肝っ玉もどちらかといえば大きいタイプかもしれないです。割と何ごとに対してもドーンと構えているというか、あまり動じずに、何でも笑い飛ばせるという感じでしょうか。ムードメーカーになりがちですし、1人旅をすると、すぐにその土地の方や、お店の人と親しくなることが多いですね」

―それは、中継レポーターにばっちりじゃないですか! では、プライベートでハマっていることは?

「歴史が好きなので、東京都内の史料館に行くことが大好きです。都内でも、九段下や新宿など、歴史を学べる場所があるんです。お休みの日には、史料館を”ソロ活動”で巡っています」

―確かに史料館や旧跡、寺社仏閣などは”ソロ活動”のほうが、たっぷり楽しめますよね。

「そうなんですよ! こればかりは1人で行きたいんです。歴史について学び、自分の知的好奇心を満たすことが大好きです。わからないことを史料館の方に直接お聞きしたり、充実の時間を過ごしています」

夢は自分で歴史番組を企画

池谷実悠

―今後、こんなジャンルの仕事をしたいという希望はありますか?

「私は歴史が大好きなので、外に出て、その土地の歴史などに触れることができるロケ番組

などに挑戦できればいいなと思っています。歴史の中でも現代史が好きなので、『池上ワールド 池上彰の現代史を歩く』など、歴史を伝えるお仕事には興味があります。

先輩から『テレ東は自分で企画を書けば、アナウンサーでも企画が通ることがある』というお話をうかがいました。今はまだそのレベルには達してはいませんが、将来的には、歴史番組を企画して、視聴者の皆さんにうまくお伝えできたらいいなとも思っています。まだ、ずいぶん先のことになるとは思いますが…」

―最後に池谷さんの目指すアナウンサー像を教えてください。

「アナウンサーだからこれはアリ、これはナシといった区切りをつけることなく、広い度量で物事を伝えられるようなアナウンサーになりたいと思っています。アナウンス部の先輩ですと、松丸友紀さんや、狩野恵里さんに憧れています」

―松丸アナも狩野アナも本当にすごいアナウンサーです。

「私を必要としてくださるのであれば、できる限り請け負いたいですし、自分の中でアナウンサーというお仕事の枠を作りたくないので、とにかく何でもやってみたいと思っています。もちろんそのためには努力は怠りません。

アナウンス部の先輩方に『なんでも挑戦してみなさい。無理して、誰のことを真似するのではなく、自分の強みを生かせるようになれるといいね』と声をかけていただいたことがありました。そのような先輩方の言葉を信じて、今後も頑張りたいですね」

 

一見、クールビューティーな印象の池谷アナですが、とてもよく笑い、お話してくださる人柄に取材陣も思わず楽しくなってしまいました。目指している先輩アナウンサーのお名前を聞き、確かに納得。誰からも愛されるアナウンサーを目指して、これからも頑張ってくださいね!

池谷実悠

池谷実悠