竹﨑アナ・田中アナ・森アナが語る意外な一面…酒飲み、せっかち、小悪魔なのはいったい誰?

現在、東京スカイツリータウン®4階のスカイアリーナを会場としてウィンターイベント「テレ東 冬のあったかパーク」が開催中! 12月25日(水)までの期間中、人気番組と連動したブースが登場。週末には、豪華なステージイベントも行なわれています。

そこで今回「テレ東プラス」は、特設ステージで行われた『テレビ東京女性アナウンサーカレンダー2020』発売記念イベントを取材。竹﨑由佳アナウンサー、田中瞳アナウンサー、森香澄アナウンサーの3名が、会場に集まった200名超のファンを前にミニトークショーを繰り広げました。ここでは、トークショー後に行われた3人の貴重な座談会をあますことなくお届けします。

竹﨑由佳アナウンサー 田中瞳アナウンサー 森香澄アナウンサー

「森は私にない、はじけた感じを持っています!」(田中アナ)

―トークイベントでは、皆さんがとても仲良しな様子が伺えました。そこで!普段は照れてなかなか伝えられないと思うので、お互いを褒め合っていただいてもいいですか?(笑) まずは新人の田中アナ、森アナ、先輩である竹﨑アナの素敵だなと思うところは?

森「なんでも話せる先輩です。年齢も近くて、悩みを相談すると“あっ、それ分かる!”と共感してくださるので、ドンドン相談してしまいます。誰にも言えないことも相談しちゃっているかも…」

竹﨑「田中、森と年次が3つ下ですが、2人ともしっかりしているので、そんなに歳の差を感じさせないんですよね。でも森は、私のアドバイスがなくても、十分独自の路線で突き進んでいきそうなので(笑)」

田中「私もお話しやすいです。以前竹﨑さんが、“自分的にはテンション上げて話しているのに、変わっていないと言われる”とおっしゃっていて、“すごく分かる!”と思いました。私もよくそういうことを言われるので、勝手に似ているのかなと…」

竹﨑「私も同じこと思った!(笑) 新人の頃って、若さを前面に出すことを求められることが多いけど、私はそれがあまり得意じゃなくて、どこか冷静な自分がいて…。田中もそういうのはあんまり得意じゃないんだろうな~と思った。似た空気を感じていたの」

田中「ひょっとして…前世が一緒なのでしょうか?(笑)」

竹﨑由佳

―それでは、森アナの素敵なところは?

田中「森は私にない、はじけた感じを持っています!」

森「言葉を選んだね?(笑)」

田中「私もちょっとその要素が欲しいです」

森「嘘だ~(笑)。私は田中の要素が欲しい!」

竹﨑「でも本当にタイプが違うよね」

田中・森「足して2で割りたいです!(笑)」

竹﨑「森は小悪魔です。ダンスとか自分の見せ方もすごく上手で、どのショットを撮ってもグッと胸をつかまれるような表情を作るのが上手い! 特に甘い感じの…(笑)。あれ、どうやったら出せるんでしょうね。ピンクのオーラをまとっている感じ? キュートな小悪魔なんですよ」

森香澄

―それでは、田中アナは?

森「田中は落ち着いていますね。同期3人(池谷実悠、田中、森)で仕事をする機会が多くて、私は本番前に緊張してしまって“どうしよう!”とテンパっているんですけど、田中は全然緊張していない。本番もベテランのようなたたずまいなんです(笑)」

田中「それが嫌なんですけど~」

森「いつも堂々としていてうらやましいです」

田中「実はめちゃくちゃ緊張しているんですけど、なんで伝わらないんだろう~」

竹﨑・森「えーっ、緊張しているところ、見たことない!(笑)」

竹﨑「でも田中は、居心地がいい雰囲気を作るのが上手ですね。落ち着いているから、周囲の人を安心させることができるし、とてもいいところだと思います」

田中瞳

―それぞれ「こんな一面があるんだ!」と驚いた意外な一面はありますか?

竹﨑「それはちょっと言いづらいのでは…(笑)」

田中・森「竹﨑さんは本当にないです!」

竹﨑「いやいやあるある、いーっぱいある!」

森「田中は1度だけ“昨日飲んだな?”と分かるほど顔がむくんでいる日がありました(笑)」

田中「たしかにお酒は好きだけど…そういう時は教えてよ~(笑)」

竹﨑「森は小柄だけど、動きが大きい。廊下とか歩いているときにドタバタしているイメージ。“あっ、森が来る!”ってすぐに分かるんです(笑)」

森「小走りしているせいかも…。私、せっかちなんです」

竹﨑「元気いっぱいなのはすごくいいんですけど、もう少し、ビジュアルに合ったおしとやかさも見せてほしいですよね。でもそこがいいところなのかな?(笑)」

竹﨑由佳アナウンサー 田中瞳アナウンサー 森香澄アナウンサー

「撮影でアゴのラインが出るように“かっさ”に行きました!(笑)」(竹﨑アナ)

―さていよいよ本題ですが、今回のカレンダーについて、魅力や見どころをお聞かせください。

竹﨑「私は3回目のカレンダー撮影でしたが、前回、自分の写真を見て“むちゃくちゃ顔が丸い”と落ち込んだんですよ。丸顔がコンプレックスなので…。ですから“2020年は絶対に仕上げていくぞ!”と意気込んで、カレンダー撮影が決まってから、アゴのラインを出すために、かっさを使ったマッサージに行きました。自己満足なんですけど、そのおかげで堂々とカレンダー撮影に臨むことができました。いくらかましになっていると思いますので、カレンダーでぜひ確かめてください!(笑)」

田中「普段の衣装は寒色系が多いんですけど、撮影で用意していただいた衣装はピンクとオレンジ。普段着ることがない色やガーリーな柄だったので、カレンダーでしか見ていただけない姿かな?と思います」

森「撮影は6月に行われました。まだテレビにも出る前で撮られ慣れていない状態だったので、最初はガチガチでした。でもだんだん慣れてきて、ドンドン調子に乗っちゃいました。“こいつ調子に乗っているな”というのを感じてください(笑)」

―田中アナと森アナはテレビに出る前、まさに初仕事のショットが見られるわけですね。これは貴重です!

田中「今撮影したら、カレンダーと同じ表情はできないと思います(笑)」

テレビ東京女性アナウンサーカレンダー2020

―カレンダーには、12名の女性アナウンサーが掲載されています。他のアナウンサーの写真でお気に入りはありますか?

田中「私は池谷です!」

竹﨑「池谷推しある! 10月の横顔素敵じゃない?」

田中「そう、めちゃくちゃキレイなの!」

テレビ東京女性アナウンサーカレンダー2020 池谷実悠

竹﨑「12月の角谷(暁子)も抜け感がいいですよ。テレビに出ている時とメイクも違うしヘアスタイルもラフな感じでナチュラルな美しさがあります」

テレビ東京女性アナウンサーカレンダー2020 角谷暁子

森「秋元(玲奈)さんもキレイですね~。雑誌の表紙みたいで、こんなにキレイなママいないと思います(笑)」

テレビ東京女性アナウンサーカレンダー2020 秋元玲奈

「オリンピックイヤーなので、少しでも関わることができたら嬉しいです」(森アナ)

―最後に、今年1年を振り返っていただくと共に、2020年の抱負をお聞かせください。

森「入社して社会人1年目だったというのと『THE★カラオケバトル』の担当になったり、『サイレントマジョリティー』(欅坂46)を本気で踊ったり、いろんなことやらせていただいた1年でした。今は与えられたことをやるだけで精一杯ですが、2020年はもうちょっと自分なりの工夫を取り入れていきたいです。そしてオリンピックイヤーなので、何かしら関わることができたらいいですね」

田中「私も人生で一番!というぐらい激動の1年でした。入社してから1年も経っていませんが、数えられないほど多くの方にお世話になりました。その中で、最近やっと、『モヤモヤさまぁ~ず2』(毎週日曜夜7時)の週に1度のロケが生活の一部になってきました。今目の前にあるお仕事を頑張りつつ、2020年からは少しずつでもいいので、報道の仕事をやってみたいなと思っています。いずれ報道を軸にしたアナウンサーとしてやっていきたいので、現場に行かせていただけるように頑張りたいです」

竹﨑「2019年は“当たり前のことを当たり前にやる”が私の中でのテーマでした。10月からは『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』(毎週金曜夜9時)を担当させていただくことになり、それまでは仕事のことで頭がいっぱいでしたが、この番組で趣味を楽しむ、人生を楽しむ方の姿を拝見して、趣味があればもっと仕事に活かせるのではないかと考えるようになり、今はアクセサリー作りを楽しんでいます。自分でイヤリングを作って、それを本番でつけるのがささやかな楽しみで、幸せを感じる瞬間です。いつか番組のロケで、人生を楽しんでいる皆さんのお話が聞きたいです。
2020年は、東京オリンピック・パラリンピックもあり、そのためにテレビ東京に入社した経緯もあるので、自分の人生の集大成にしたいという思いがあります。あくまで希望ではありますが、取材をして競技のすべてを伝えたいです。2019年は柔道と卓球のリポートを始めさせていただいたので、今は勉強で頭がパンクしそうですが、“選手の皆さんはもっと厳しいトレーニングを乗り越えているのに、私もがそんなこと言ってられない!”と気持ちを引き締めています。オリンピックに向けて、一生懸命準備していきたいですね」

竹﨑由佳アナウンサー 田中瞳アナウンサー 森香澄アナウンサー

―竹﨑アナ、田中アナ、森アナ、ありがとうございました! 

 

テレビ東京12名の女性アナウンサーがそれぞれの魅力を発揮している『テレビ東京女性アナウンサーカレンダー2020』は「テレ東本舗。WEB」などで発売中。全ページ撮り下ろし! ここでしか見られない貴重な写真が満載の卓上カレンダーになっています。2020年のテーマは「花」。いつもとは異なる雰囲気を演出している彼女たちの姿を、ご家庭で職場のデスクで…ぜひお楽しみください!

(撮影/uufoy 取材・文/船桂子)

 

shop.tv-tokyo.co.jp