ついに!世界最古の酢豚づくり、始動!!

皆さん、こんにちは。

随分久しぶりの更新となってしまいました。

 

 

 前回のブログでお話した

世界最古の酢豚についてですが・・・本格的に作り始めました。

「作り始めました」というのも、完成するまでには2ヶ月かかるのです。

なぜなら、世界最古の酢豚のレシピでは、味付けに「豆鼓汁(とうちじる)」というものを使うから・・・

豆鼓というのは黒豆に塩や麹を加えて発酵させた中国ではポピュラーな調味料で、

ネットで簡単に購入することが出来るのですが、

「豆鼓汁」というものはいくら探しても見当たらず、

豆鼓を使った調味料として知られる、「豆鼓醬」には1500年前の中国ではまだ使用されていなかった唐辛子やニンニクが使われているので、レシピを再現したことにはならないのです。

そのため、私が世界最古の酢豚を完成させるには、「豆鼓汁」を自分で完成させることが絶対条件となりました。

 

さて、豆鼓の作り方ですが、

史料に忠実に作ると豆を育て、その豆を干したり保湿したりする小屋まで自力で作らなくてはならないので、私だけの力では実現不可能。

そこで現代の材料でなんとか自力で作ることができそうな方法を採用します。

それは「納豆」を使用した豆鼓の作り方。

納豆を水に入れて甕に入れて蓋をして7日間放置し、その後日光で乾かす。

これを7回繰り返し、最後に蒸して乾かし、塩を加えると本には書いてあります・・・・

少なく見積もっても2ヶ月はかかりますし、

2ヶ月もかけて熟成された豆鼓ちゃんを食べることには

かなりの危険が伴う気がしますが、

何は兎もあれ、とりあえず豆鼓ちゃんを育て始めました。

 

次回は豆鼓ちゃんの様子を写真と共にご紹介していきますね。

 

お楽しみに!!!