「WBS」に就いて半年…田中瞳アナウンサー「“3歩進んで2歩下がってる”と言われますが、ズンズン前に進むよりも私らしいかなと思っています」

f:id:tvtokyo_announcer:20210616173146j:plain

「モヤモヤさまぁ~ず2」(毎週日曜夜9時)などでキュートな魅力を見せてきた田中瞳アナウンサーが、2021年1月から「ワールドビジネスサテライト(WBS)」(毎週月~木曜夜10時、毎週金曜夜11時)でフィールドキャスターを担当。「テレ東プラス」の取材でも、「経験を積んで、いずれは報道へ…」と語っていた田中アナウンサーだが、早くも夢に向かって前進した。

「テレ東プラス」は、田中アナウンサーをインタビュー。フィールドキャスターとしての日常や番組エピソード、夢に近づくために心がけたことまで…話を聞いた。

日々の勉強法やニュースの集め方など、少しずつ分かってきたような気がします

――2021年1月から「WBS」のフィールドキャスターを担当しています。約半年が経過しましたが、ここまで振り返ってみていかがですか。

「ニュースの取材は初めてということもあり、どこへ行っても上手くいかなくて…。この半年を振り返ると、OA後、スタッフの皆さんから様々なアドバイスをいただいたことが一番印象に残っています。
取材で一番印象に残っているのは、4月に『紀文食品』が東証一部に上場したということで、堤裕社長にインタビューさせていただいた時のこと。老舗企業の社長にお話を伺うということでとても緊張しましたが、堤社長が本当に温かい方で、番組として聞きたいことをしっかり取材することができたので、終わった瞬間、安心したのをよく覚えています。番組の一部分ではありますが、私が取材したことが構成として加えられるので、“『WBS』の質を落としてはいけない”というプレッシャーとともにやりがいも感じています」

――「WBS」で取材する際は、どんな準備をして臨むのでしょう。

「取材の予定は前日にわかることが多いので、前もって準備をするというよりは、常日頃から様々なニュースにアンテナを張って対応できるようにしておかなければなりません。
例えば、ゴルフの松山英樹プロが『マスターズ』で優勝した翌日、ゴルフ関連の銘柄が大幅に上昇し、急遽当日、株が上がった中古ゴルフ用品店に取材をするという機会をいただきました。しかし、正直ゴルフはノーマークの分野で、その時は“普段からもう少し情報を入れておかなければならない”と反省させられました。
そういった自分の失敗や反省を通して、日々の勉強法やニュースの集め方など、少しずつ分かってきたような気がします。
スタッフの方にも、『田中は頑張っているけど、3歩進んで2歩下がっているね。でもそれはいいことでもあるよ』と言っていただきまして…。確実にちょっとずつ進んではいるということで、ズンズン速いスピードで前に進むよりも私らしいのかな? と。1歩1歩、着実に修正できているような気がします」

f:id:tvtokyo_announcer:20210616173347p:plain

 ――「WBS」を担当するようになって、1日のルーティンに変化はありましたか?

「朝起きたら最初にSNSをチェックするのがルーティンでしたが、この半年で、電子版の新聞に目を通すことから始めるようになりました。ただ、学生時代は新聞を読むことが習慣づいていなかったため、もっと新聞を読んでおけば良かった…と、とても後悔しています。日本経済新聞を読み始めた頃は単語の意味を理解するのが大変でしたし、“いったい私は何を学んで生きてきたのだろう?(笑)”と反省させられたことも。学生時代に経済の基礎を学んでおけば、今もっとスムーズに、3歩進んで1歩下がるくらいで済んでいたかもしれません」

――情報収集の仕方について、先輩方からアドバイスはありましたか?

「私は、大江麻理子キャスターにいろいろとアドバイスしていただきました。毎日チェックしているサイトを一覧にしてくださったので、すべてブックマークをして目を通すようにしています。さらに、大江キャスターが何年もかけて積み上げてきた勉強法まで親切に教えていただいて…。『私がいない曜日でも聞きたいことがあればいつでも連絡してください』とおっしゃっていただき、とても心強いです。番組に就いて、改めて大江キャスターの番組に対する想いを知りましたし、24時間ニュースと向き合っていらっしゃるのだなと感じます」

――田中さんは、日経ビジネス編集委員・山川龍雄さんと共に、「テレ東BIZ」で無料配信している「田中瞳の“あなた”にフォーカス【WBS延長戦LIVE】」も担当しています。「WBS」金曜日のOAが終わってすぐ、スタジオを移動して生配信(※不定期)。「WBS」で取り上げたニュースの中から“人”に注目し、深掘り解説していく番組です。こちらはMCとして番組を進行していますが、手応えなどは感じていますか?

「初回の内容が完全に決まったのは前日の夜で、直前にシステムの不具合が発覚し、バタバタしたまま生配信を迎えましたが、なんとか最後まで無事に終えることができました。やはり山川さんの解説やニュースの切り口、着眼点が面白いですし、私も視聴者の皆さんと同じくらい楽しませていただいたように思います。初回は反省点ばかりでしたが、今後も視聴者の皆様の視点を大切に質問していきたいと思っています。一見すると難しそうなニュースも、“人”にフォーカスすることで一味違った見方ができると思いますので、皆さんぜひ、アクセスしてください」

f:id:tvtokyo_announcer:20210616173502p:plain

日経ビジネス編集委員・山川龍雄さんと

――「テレ東BIZ」では、経済番組はもちろん、未公開動画や田中さんを始めとした各キャスターのオリジナル配信を見ることができます。

「連載にもいろいろな種類があり、先輩アナウンサーの皆さんが気になるニュースを取り上げる『ONE(ワン)』という配信番組は、サステナブルや子育てをテーマにした回や、働く女性への女性目線でのインタビューなど、非常に見応えがありますし、情報もインプットすることができます。
様々な視点や知識が得られるニュースサイトだと思いますし、例えば、“何に興味があるのか分からない、夢が見つからない”という学生の皆さんも、1度『テレ東BIZ』を散歩してみたら、きっと何かが見つかるのではないでしょうか。幅広い職種に興味を持つきっかけになりそうです」

――フィールドキャスターとして活動するようになり、ご自身の中で、何か変化を感じていますか?

「経済の動きを把握した上でニュースを見ると、今まで気がつかなかった疑問が生まれるようになりました。自分が触れたニュースの点と点が線で繋がる瞬間を、肌で感じることも。先輩方と経済の話をする際、少しだけ入れるようになったかな? とも思います。難しいニュースは、さり気なく会話の中で聞いてみると、皆さん快く教えてくださるのでとても勉強になりますし、本当にありがたいと思っています」

アナウンサーの仕事は、何より“勉強と経験”が物を言うと思っています

――入社する際、すでに報道への希望を伝えていたとのことですが、田中さんが報道キャスターを目指したきっかけは?

「大学3年生の時、1年間報道番組に携わらせていただき、実際にアナウンサーの方が本番に向けて準備されているのを側で見ていました。『もっとこうした方が分かりやすいのではないか』など、細やかな部分までスタッフの皆さんと打ち合わせしている真摯な姿を拝見し、“アナウンサーは原稿を読むだけでなく、番組作りにも関わる大事な存在なんだ”ということを知り、憧れるようになりました」

f:id:tvtokyo_announcer:20210616173611j:plain

――夢を叶えるために必要なことは何だと思いますか?

「実は、あまり自ら表に出るようなタイプではなかったので、私がアナウンサーになるという夢に向かって動き出そうとした時、周囲からは『えっ、あなたがアナウンサー? なぜ?』と不思議がられました。どうしてもアナウンサーになりたいという気持ちはあったものの、周囲の声を聞くと『私なんかが目指していいのかな』という迷いが少しあって…。でも、人生は1度きり! 絶対に諦めてはいけないと前向きに考えるようにしたら、それ以降はどこか吹っ切れました。周囲の反応よりも自分の意志を大切に、“これをやりたい!”と思ったら、徹底的に突き進むということでしょうか。あとは行動に移してみる。
今はコロナ禍でなかなか難しいかもしれませんが、転職しやすい時代にもなってきていると感じるので、思い立ったらまずはチャレンジしてみると良いのではないでしょうか」

――2年先輩にあたる角谷暁子アナウンサーも、フィールドキャスターを担当しています(※角谷アナの記事はコチラ!)。お2人は担当曜日が違うこともあり、“あまり会う機会がないレアキャラ”だそうですが(笑)、伝えたいメッセージはありますか?

「角谷さんは『Newsモーニングサテライト』(毎週月~金曜朝5時45分)でのご経験もありますし、改めて尊敬することばかりです。おっしゃる通り、なかなか会うことができませんが、先日『延長戦LIVE』の準備を深夜までやっていた時、角谷さんがOA後に戻っていらっしゃったので、少し話すことができました。角谷さんも『テレ東BIZ』で『カドが立つほど伺います』をやっていらっしゃるので、『どうしたらいいですか? 助けてください』とつい…(笑)。『ここはこういう風にやったらいいと思う。私も毎回苦労してるよ~』とアドバイスをいただき、少しホッと…。
角谷さんのOAを見る度、“いつも完璧だな”と思いますが、きっとそう思わせる方こそ、陰では人一倍努力をされているのだと想像します。アナウンサーの仕事は、何より勉強と経験が物を言うと思っているので、私もそう心に掲げながら、毎日必死に頑張っています」

f:id:tvtokyo_announcer:20210616173820j:plain


有料会員数約10万人の「テレビ東京ビジネスオンデマンド」と、YouTubeチャンネル登録者数約100万人のニュースサイト「テレ東NEWS」が統合し、日本最大級の経済動画サービス「テレ東BIZ」が2021年4月に誕生!

「ワールドビジネスサテライト」「Newsモーニングサテライト」「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」などテレビ東京の人気経済番組を始め、放送では見ることができない未公開動画やオリジナルコンテンツ、イベント動画など、2012年から9年分の動画5万本がぎっしり詰まっています。

無料動画も充実! 番組キャスターやコメンテーター、テレ東の名物記者たちの連載も続々スタートし、ニュースの背景をもっと知りたいあなたに深掘り解説をお届けします。 

機能では、倍速、バックグラウンド再生、フォロー機能、ミニプレーヤーなど便利な機能で、いつでも、どこでも、最新の経済情報をチェックでき、忙しいあなたをサポートします。
テレ東BIZはこちらから!

f:id:tvtokyo_announcer:20210616174024p:plain

6月18日(金)深夜0時すぎからは「田中瞳の“あなた”にフォーカス【WBS延長戦LIVE】」を無料配信!どうぞお楽しみに!
詳しくはこちら