森香澄アナウンサーが語る“テレビ東京年始特番”の見どころ!プライベートトークも!

f:id:tvtokyo_announcer:20211224144330j:plain

いよいよ始まった2022年!新春第1発目は、「ウイニング競馬」をはじめ、「THEカラオケ★バトル」、「X-MOMENT Presents CHOTeN~今週、誰を予想する?~」などの番組で進行役として活躍している森香澄アナウンサーを直撃!

担当番組、テレビ東京年始特番の見どころはもちろん、2022年の抱負まで…お話を伺いました。

全力でやるだけではなく、プラスアルファで何かをできるようになりたいと思っています

――森アナウンサーのお正月は、2022年も「ウイニング競馬」(1月5日(水)午後3時「金杯」(G)を中継)から始まります。

 「2021年の『ウイニング競馬』は緊急事態宣言に左右され、取材も中継も競馬場に行けるのかスタジオなのか…常に模索した1年でした。11月にはやっと競馬場から中継できるようになり、まだ制限はありますが、現場の臨場感をお伝えできるようになり、少しずつ元の形に戻りつつあります。

金杯が行われる前日は、『テレビ東京スポーツ』で生配信を行います。通常はGⅠ前の土曜日に配信していますが、キャプテン渡辺さん、虎石晃さんとひたすらトークして予想するという配信番組なので、ご覧いただいた方は翌日の金杯がより楽しみになるのではないでしょうか。楽屋トークのような感じでゆるくやっていますので、皆さんもぜひ、お酒など召し上がりながら、リラックスして観ていただけたら嬉しいです」

f:id:tvtokyo_announcer:20211224144646j:plain

▲ソダシのぬいぐるみと

――2021年は、「X-MOMENT Presents CHOTeN~今週、誰を予想する?~」もスタートしました。森アナウンサーは進行を担当しています。

「私はこれまでeスポーツやゲームにあまり触れてこなかったんですけど、番組が始まるにあたり勉強しました。選手生命が短く、23歳でもベテランと言われるほど厳しい世界だと知り、衝撃を受けました。1部リーグは最低年収が保証されますが、2部リーグの場合、保証がないので、選手によってはアルバイトや就活と両立しています。eスポーツならではの大変さがあることを知りました。

番組では、選手たちのバックグラウンドが紹介されますが、さまざまな人間ドラマが浮き彫りになります。eスポーツの世界に飛び込んだ理由や背負っているものを知ると、より選手の皆さんを応援したくなります」

―― では、共演している日向坂46の曲にも挑戦していますね。

「若い世代にどんどん発信していきたいということもあり、番組でTikTokを始めました。TikTokを見ることはあっても踊ったことがなかったので、日々動画を見ては勉強し、日向坂46の皆さんに振付を教えていただきながら奮闘しています。もともとアイドルが好きで、日向坂46のライブにも行っていたので、夢のような時間を過ごしています(笑)」

――この他、2021年からは「マネーのまなび」(BSテレ東)など、経済番組も担当しています。

「そうですね。経済番組をレギュラーで担当するのは初めだったので、勉強させていただいています。タイトル通り『マネーのまなび』でしたので、私自身もゼロから学ぶスタンスで臨むことができます。

番組を担当してから、お金に対する考え方がだいぶ変わりました。村尾信尚さんは、お金のことを『投票券だ』と仰っていて、“自分が持っている投票券をどこの企業に投票するか”が重要だと。『安いものはもちろん魅力的だけど、ちょっと高くても自分がいいと思ったものに投票する方が良いのか…お金を使う時、それを考えると、世の中もちょっと変わるよね』と仰っていたのがすごく印象的で、自分の中でも概念が変わったなと思います。お金を使う=その企業を応援することなのだと改めて実感しました」

――2022年、プライベートでやりたいことはありますか?

「うーん、なんでしょう?(笑) 『THEカラオケ★バトル』でも採用しているカラオケのAI採点がとても難しいので、100点は無理だとしても、2022年は現在の自分の最高得点・97点(aiko「カブトムシ」)を超えたいです! プライベートの趣味として」

――練習してみたい曲は?

「ファンクラブに入っているほど緑黄色社会さんが好きなのですが、曲がとても難しくて…。完璧に音程をマスターしないと得点に繋がらないので、いつか挑戦したいなと思っています」

――2022年の抱負をお聞かせください

「4月には入社4年目を迎えます。後輩も入りましたし、もう新人ではありません。今までは『全部に全力で』という感じでしたが、ただ全力で頑張るだけではなく、そろそろプラスアルファで何かできるようになりたいと思っています。その一方で、若手の気持ちは忘れずに…良いバランスで進んでいきたいです」

f:id:tvtokyo_announcer:20211224144937j:plain

テレビ東京主な年始特番、森アナウンサー担当番組の見どころ

「スタジオに田中卓志さん(アンガールズ)、出川哲朗さん、カズレーザーさん(メイプル超合金)を迎えて、芸人さんたちが15秒でネタを披露します。TikTokも15秒ですし、さくさく見られるので、今の時代に合っている番組だと思います。元旦は他局もお笑い番組をやっているので激戦かと思いますが、テレビ東京もお笑い番組をやりますので、ぜひご覧ください!」(森アナウンサー 以下同)

・1月1日(土)夕方5時55分「「出川哲朗の充電させてもらえませんか?新春4時間SP 目指せ久能山東照宮!パワスポ街道をズズッと190㌔でおめでたいよ!」

f:id:tvtokyo_announcer:20211224145418p:plain

日本屈指のパワスポである愛知県蒲郡市の“竹島”からスタートして徳川家康が最初に祀られたという静岡県静岡市の“久能山東照宮”を目指すパワスポ街道ガチンコ旅!

ゲストには「番組に出たかった!」という大横綱・貴乃花やさまぁ~ず三村が初登場! さらには!腹ペコいとうあさこがやってきて大暴れ! 

旅の道中には豊橋・浜名湖・舘山寺温泉・掛川・焼津と魅力的な場所がいっぱい!…ですが!1回の充電で走れるのは最長たったの20キロ!はたして無事ゴールにたどり着くことはできるのか!?

「年明けって、なぜかパワースポットに行きたくなりますよね。この番組を観たら運気が上がりそうです。またこの時間は、同期の池谷実悠アナウンサーが裏生配信を担当していますので、私は合わせて楽しもうと思っています」

・1月2日(日)午後4時「超激ウマ大捜索!ラーメン食べまくりバトル」

f:id:tvtokyo_announcer:20211224145529p:plain

ラーメン激戦区やホットな穴場地域で人気&話題のラーメン店を訪れ、看板ラーメンを実食!どちらのチームのラーメンがおいしいかを競う!

「1月2日になると、なんとなくおせち料理やお餅にも飽きてきて、ちょっとジャンクなものや味が濃いものが食べたくなりませんか? そんな時こそラーメンですよね! 私は前回番組を担当させていただきましたが、王道はもちろん、驚きの変わり種もあるので、皆さん絶対にお好きな1杯が見つかると思います」

・1月2日(日)夕方5時55分「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!放送550回記念!!年始めにニッポン大移動で金庫からアレが出たよSP」

▼開かずの金庫を開けろ!
島根県松江市で、明治時代創業の老舗呉服店の金庫&福岡県の海を見下ろせる別荘地に眠る金庫を開錠!果たして中には何が?

▼驚きの遠距離通学
自らの夢を叶えるために驚くほどの遠距離通学をする19歳の女学生に密着!苦労をしてでも叶えたい夢とは一体?

▼街道一のお宝を探せ
歴史ある街道沿いの大地主や旧家にはお宝が眠っているはず!伊勢街道でお宝を探したらすごいモノが続々見つかった!

▼日本全国珍無人販売所
都内&神奈川県&静岡県にある、珍しい無人販売所を大連発!

▼シェアNO.1の秘密を探る
茨城&栃木にある業界シェアナンバー1の会社を調査!

「『開かずの金庫を開けろ!』のコーナーは、本当にワクワクしますよね。気になって、いつも最後まで見てしまいます。お正月スペシャルでは“アレ”が出るとのことなので、今回も最後まで見逃せません!」

・1月3日(月)夕方5時55分「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅⑩兵庫・姫路城~京都・天橋立 太川、故郷に帰るよ&藤原紀香も出るよSP    

f:id:tvtokyo_announcer:20211224145738p:plain

2022年の幕開けにふさわしい記念すべき第10弾。現在4勝5敗…星を五分に戻したい太川陽介は「路線バス乗り継ぎのプロ」として意地を見せられるか!?

路線バスだけを乗り継ぎゴールを目指すミスターバス旅・太川陽介率いるバスチームと、鉄道だけを乗り継ぐ鬼軍曹・村井美樹が手に汗握るガチンコ対決を繰り広げるこの番組。

道中には年始にふさわしい魅力的なチェックポイントを4ヵ所設置。そこでの難関ミッションをクリアしながらゴールを目指さなければならない。

果たして、大勝負を制し記念すべき10回目の勝負を制するのはバスか!?鉄道か!?

「実は私、方向音痴で、バスに乗ると50%の確率で方向を間違えてしまいます。バスって途中で行き先が変わったりしませんか?(笑) そんな私からすると、太川さんは本当にすごい方だなといつも尊敬しています。もしも私が太川さんだったら…そう考えると、不安でしかたがありません(笑)」

――森香澄アナウンサー、ありがとうございました!

絶対に見逃せない大型特番が目白押し!皆様、2022年もテレビ東京をどうぞよろしくお願いいたします。