ガッチリ捕獲!(2/11放送)

この道具の名前は何でしょう?


答えは「さすまた」です。
使ったことはないけど見たことはあるという方も多いですかね?
一定の距離を保ちながら不審者を取り押さえるのに使う防犯用具ですが、
取り押さえておくには結構力がいるんです。

今回のトレたまは
そんな点を改善した、さすまたと似た役割をする新しい防犯用具!
 
 
2種類あって、上の写真はどちらもロックされた状態です。
「ロック?」と思うかもしれません。
先端部分を、もっと詳しく見てみましょう☆


カーブしているアームの部分を
左のものは、不審者の体に引っかけて引くと、
右のものは、不審者の体に押し付けると、、


このように仕掛けが出てきて、ガッチリとロックされるんです。
不審者の足首や腕、首などを捕らえることで自由を奪います。


防犯上の理由でこの場でお教えすることはできませんが、
ロックは簡単に解除することができます。
でも、落ち着いてやらないと外すのに手間取るので、
不審者がワタワタしている隙に、逃げたり取り押さえたりできるというわけ。

力がいらないので、ちょっとしたコツさえ覚えれば、
初心者の私でも結構使いこなせました。
ただ、不審者もジッとはしていないでしょうし、百発百中うまくいく!とは限りません。
時には不審者を捕らえられないまま、ぶつけた拍子などにロックがかかってしまうことも。。
その場合は…逃げるが勝ち!逃げて下さい!!

ただ、そんな失敗を減らし、より確実に不審者を捕獲できるように、
今回のトレたまの先に水鉄砲みたいなものをつけ、
最初に目くらましをしてから捕獲できるよう、改良中だそうです。

また、1人で立ち向かうより、
2本使って2人がかりで前後から捕獲を試みた方が、確実性はグッと増します。
両足とも捕らえられるとかなり邪魔…

 
走りにくいし目立つしで、このまま逃走するのはかなり難しいはずです。

 
この防犯用具を作った方は、
本当はこういう道具を使わないですむ世の中になって欲しいと話していました。
使わないで済むに越したことはない。
でもこのご時世、何が起きるかわからない。
だから万が一に備えてのお守りにしてもらいたいとのことでした。
警察関連や、コンビニなどはもちろん、
保育園や幼稚園、学校などにもぜひ置いてほしいそうです。

値段は1本 3万6750円。
今までのさすまたが2万円前後だそうなので高くはなりますが、
安心を買うと思えば、決して高すぎる値段ではないと思いました。


 
 
 
☆おまけ☆
狩野ちゃん!イタズラしてごめんね~!!
(詳しくは狩野のブログ参照)
 

 

「フリじゃなかったのか~。。」と反省した先輩2人なのでした(笑)