牧場見学ツアー 2日目

北海道の暑い夜が明け、牧場見学ツアーも2日目です。

 

2日目は早朝5時30分出発で、日高育成牧場を見学しました。

 

ここには様々な調教施設があるほか、競走馬の育成や生産の研究なども行われています。 

 

 

 どこまでも続く広大な敷地。

 

 

 

 

 屋内の調教施設もあります!

 

 

 

 

 

 

 

続いては、トランセンドやビートブラックの生まれ故郷。

 

ノースヒルズマネジメントにお邪魔しました。

 

 

 

 おなじみの勝負服のデザインがいたるところに。

 

 

 

 こんなところにも!

 

 

 

 

 

 

2007年のオークスを制したローブデコルテがお出迎えしてくれました。

 

今はすっかりお母さんです。

 

 

 

 

 

最後の見学先はこちら!

 

 

社台グループの牧場の一つ、追分ファームリリーバレー。

 

去年オープンしたばかりの、立派な調教施設を有する牧場です。

 

 

 

建物の中に入って、まずこの素敵な部屋にびっくり。

 

 

 

実はこの部屋、坂路コースを上がってくる様子を見るための部屋なんです!

 

 

 

モニターや乗り手に指示を出す無線機まで完備。

 

 

 

 

 

 長さ1020メートル。屋根つきの坂路コースを横から見るとこんな感じです。

 

 

 

栗東トレーニングセンターの坂路コースの高低差が32メートルなのに対し、

 

こちらの高低差は36.8メートルと、より負荷のかかるきつい勾配になっています。

 

 

この坂路を未来の名馬が駆け抜けるんでしょうね。

 

 

 

 

あっという間の1泊2日の見学ツアーでしたが、想像以上に意義深いものでした。

 

 

一頭の競走馬が競馬場でデビューするまでにはたくさんの過程があり、とても多くの人が携わっていることを再認識しましたし、

 

一方で牧場スタッフの担い手不足があることも知りました。

 

 

また、競馬場やテレビだけでは見ることが出来ない事を、少しですが間近で見ることが出来、

競馬の奥深さをあらためて感じることが出来ました。

 

 

 

このような機会があったら、何度でも参加したいと思っています。

 

 

この経験をこれからの番組に活かせればと思っています。