そうだ!習字をしよう(7/22放送)

子供のころ、ふすまにクレヨンで思いきり大きな絵を
描いていいよ、と親に言われたことを思い出しました。
親曰く「思いきり書きなさいどうせ取り換えればよいのだし」
今考えるとかなり思い切りのよい教育方針ですね(笑

今日紹介した商品は、何度でも繰り返し書ける用紙
【水書きグー】です。

小学生のころ、毎年書き初めなどしませんでしたか?

練習用の半紙を10枚ほど配られ、本番用を提出。
私も冬休みの宿題を兄弟と書いた記憶があります。

今日の商品は、墨ではなく水を使って何度でも書き直せる
というもの。これなら何回も気負いなく練習ができます!

今日お話を伺ったのは会長さん。なんと社長さんとはご兄弟とのこと。
ジョークを言い合ったりととても仲が良く、周りを和ませていました★

お二人は木の看板に文字を書く職人さん。
会長さんは筆を持って44年。社長さんは15年。

書道 というのは
「筆で字を書くこと。墨を使うだけじゃないんですよ」と会長さん。
確かに水で書ければ、服も床も汚れない!
紙も筆を洗う水も節約できてこれぞエコ!

でも中には「水で書くなんて邪道だ」という方もいらっしゃるんだそうです。

書道人口が800万人から400万人に減少してきた近年、
日本の誇るべき伝統が廃れていくのも怖いとおっしゃっていました。
革の着物 の際にも社長さんがおっしゃっていましたが、
新しいことも取り組んでいきつつ受け継いでいきたいですよね☆

...私は字が上手な方ではないのですが、今日はそれが存分に出てしまいました (笑
子供が生まれたら習字を習わせよう!!
と密かに決めた トレたまでした。