80名の宇宙飛行士

更新、サボっていました すみません・・・。

早速、この1ヶ月をババッと振り返ります!

まずは、

7月3日~

モヤさまロケ@羽田近辺

の後、そのまま羽田空港からドイツへ飛び立ちました!





世界宇宙飛行士会議 を密着取材してきました。


世界から終結した宇宙飛行士 その数、なんと80名!!!!!!!!!

日本からは

向井千秋 宇宙飛行士
野口聡一 宇宙飛行士 
星出彰彦 宇宙飛行士 の3名が参加。

ISSでの最新の状況などを情報共有したりと、盛り上がっていました。





会う人会う人全員が宇宙飛行士・・・

こんな光景、恐らく一生目にすることないと思います・・・



一所懸命頭を使ったあとは、お楽しみタイム!

船上でのクルージングパーティーが開かれました。

お酒も入って、とにかく、みんな ノッリノリ!





こんな気さくな人たちが集まっているように見えても、


「So, 君は(宇宙に)何回行ったんだい?」

と 会話は異次元・・・!

 
会話の内容のレベルが・・・高い!!!!


中には、アポロ9号の操縦士のラッセル・シュワイカート氏(↑)や、

史上はじめて船外活動をおこなった

アレクセイ・レオノーフ氏など、

歴史に名を刻んだ「伝説の英雄」も出席していました!!



次の日には

envihab (environment 環境 と habitat 住居)

=宇宙医学研究施設 の開所式 に参加し、

憧れの、あの向井さんに この施設の意義などを伺いました。

淡々と的確に、わかりやすい言葉で質問に応えてくださいました。

そして、宇宙ニュースアンカーマンの、野口宇宙飛行士も

タイトなスケジュールでお忙しい中、

バッチリ 一発勝負でリポートを決めてくださいました!




 
その夜には、ドイツならではの場所 での晩餐会。




ドラッケンブルグ城

見た目もさながら、中に入っても すべてが想像以上のパフォーマンス。

テラスから見る景色に言葉を呑むばかり。。












毎日ひたすら ポテト を食べ続け、





宇宙ニュースジャケットのバッジが少し増え、





緯度が高いため、夜10時頃になってようやく暗くなるという長~い一日を

満喫し(残念ながら、撮ってくれた写真すべてがブれていました)






今迄は遠くの遠くの、遠~くにいる

という印象だった宇宙飛行士の存在が、

少し身近に感じられた4日間 でした。