男泣き

女王がついに復活しました!!

 

 

世界一決定戦

 

ジャパンカップ

 

豪華なメンバーが揃い、ファンにとっては夢のようなレースとなりました。

 

 

 

ドバイワールドカップを制した、ヴィクトワールピサ

 

 

 

凱旋門賞馬、デインドリーム

 

今年、世界を制したこの2頭に注目が集まり、

直前のオッズでも一番人気はデインドリームでした。

 

でも、ファンの心の中には当然あったでしょう。

 

「強いブエナビスタがもう一度見たい。」

 

という思いが。

 

 

 

デビュー以来初めて、1番人気の座をデインドリームに譲ったブエナビスタ

 

そんな悔しさを晴らし、そしてファンの心の声に応える素晴らしいレースで、

見事に復活!

 

そして去年、1位入線も2着に降着となった雪辱を果たしました!!

 

久しぶりにブエナビスタらしい、華のようなオーラを放った走りを観た気がします。

 

 

ゴールした後の岩田騎手の目には涙が・・・。

 

4度目のコンビで初めてつかんだ勝利。

 

「今までの勝てない辛さから一気に解き放たれて、

やっと勝てた、勝たせてあげられた、本当に嬉しい。

良かった~。」

 

と、いろんな思いを一気に溢れさせていました。

 

岩田騎手、実はジャパンカップの1週間以上も前から、

 

「あ~緊張する~。」

 

と言っていたんです。

 

リーディングトップのジョッキーでも、こんなにプレッシャーを感じるものかと驚きました。

 

今までなかなか勝ちきれなかった悔しさ。

 

今回こそ、勝ちたい!勝たなければ!!

 

という思いが強くなっていたのを感じていました。

 

その思いは、松田調教師も同じ。

 

(この写真は今年の夏、セレクトセールでのもの)

 

去年のジャパンカップ降着以来、1年以上も勝てない時期が続いていたブエナビスタ。

 

会見では、先生も涙を流していました。

 

「去年はスミヨン騎手(去年ブエナビスタに騎乗)に迷惑をかけたから、今年は勝てて良かった・・・」

 

いつも笑顔の松田先生ですが、やはり胸の内は複雑だったのでしょう。

 

馬の強さを信じているからこそ、勝てないもどかしさをずっと抱えていたと思います。

 

去年のジャパンカップ後、松田先生が言っていた言葉を思い出しました。

 

「ブエナは自分が勝ったことを知ってる。

自分が一番にゴールしていたのに、みんなから祝福されないことを不思議に思っていたよ。」

 

そう、ブエナビスタ自身も、もしかしたらこのレースで自分が勝たなければいけないことを、知っていたのかもしれません。

 

もう一度あの舞台に立って、祝福を受けることを、心に誓っていたのかも。

 

 

だからこの襷は、彼女の一年越しの、です。

 

この日を待っていたんだろうなと思うと、胸がいっぱいになります。

 

 

 ブエナビスタにとっては次の有馬記念が、ラストランとなります。

 

岩田騎手は、

 

「次はもっと良い!」

 

と連勝に燃えています。

 

再び返り咲いた女王ブエナビスタの最後の走りを、

しっかりと目に焼き付けたいと、今から楽しみにしています。