チョコレートの値段が心配です・・


バレンタインデーまで1ヶ月をきりました!
ね。
皆さん、今年は月曜日ってご存知でした?
2年続けて週末だったため、今年は「義理チョコ」需要が復活するのでは・・
とメーカーは意気込んでいます。
海外の有名パティシエによるブランド等も増える中、
国内大手のメーカー「メリーチョコレート」も仕掛けてきました。
フランスの「セント・ヴァレンタイン村」と友好提携し
イベントを行います。
 
とってもロマンチックなパッケージです(写真)
果たして、女性達の心を捉えることは出来るのでしょうか?
 
そんな中、やはり気になるのはチョコレートの値段。
原材料の『カカオ』と『砂糖』の値段が上がっているのです・・
チョコレートを愛する私にとっては死活問題(笑)
・・ということで、工場にお邪魔しました。
 
工場内は甘い香りで満たされています。
案内してくださった生産本部長によると、
国際相場で、カカオ豆は前年比2割、砂糖も5%上昇したそうです。
中国やインドなど新興国の需要拡大や、投機マネーの流入が原因。
本音では、チョコ一粒「数円程度」は値上げしたいところですが、
少なくとも今年は値段据え置きで頑張るそうです。
これも、ラインの生産効率を見直したり、人件費を削ったり・・・
という涙ぐましい努力によるもの。
 
ただ。
今後はもっと懸念すべきことが・・
洪水の被害が広がる「オーストラリア」は、砂糖の元
「粗糖」の輸出国。日本も輸入の4分の1を頼っています。
むしろ価格への影響は、これからが本格的になるのでは・・と。
 
とてもショッキングなニュースでした。
いつまでも、美味しいチョコが手軽に食べられるよう願うばかりですが、
メーカーにとっても、相場とにらめっこの悩ましい日々が
まだまだ続きそうです。