未来世紀ジパング

変化の起きている「沸騰する現場」を追いかけ、取材する番組

未来世紀ジパング

次回のテーマは、

サウジアラビアです。


今年は中東にご縁があるようで。

ドバイに続き、
取材が難しいと言われるサウジアラビアにも行かせていただきました。

石油の埋蔵量世界一の国!

日本の石油輸入先第一位はサウジアラビアで、
依存率は30%を超えているんです。

そして、日本とサウジアラビアの関係が、今、少しずつ変わってきています。


一緒に行ってくださったのは、中東に詳しい、
国際開発センターの畑中美樹さん

ジパングには3回目の出演です。

サウジアラビアは戒律の厳しいイスラム教国家。

観光客であっても、女性はこのようにアバヤと呼ばれる民族衣装で
肌を隠さなくてはいけません。


そのほかにも、家族や夫婦でなければ男性と外で接触することはできません。

車の運転も禁止。

働くことも基本的には禁止。

なので、
少し前までは下着売り場や化粧品売り場にも、男性の店員しかいなかったとか。

しかし、今年に入って規制が変わり、
徐々に働く女性が増えてきているんです。

そこで、経済都市ジェッダにあるショッピングモールを取材しました。


こちらの女性も、最近下着売り場で働き口を見つけました。

「働くことができてとっても嬉しい!」

そう話すこの女性の笑顔は輝いていて、とても楽しそうでした。

ちなみに、現在35歳でお子さんが7人!

一番上の子は18歳だそうです!!

「私、27歳、独身です。」

と言ったら、

「その方が良いわよ~」

と笑いながら言ってくださいましたけど。

同じ女性でも、国によって本当にいろんな生き方がありますよね。


こちらは、ショッピングモールのカフェで出会った学生さんたち。

民族衣装に身を包んでいると、一見近寄りがたく感じますが、

「病院で働きたい!」

「女優になりたい!」

「将来は車の運転がしたい!」

と、将来の夢を語る彼女たちの素顔はとってもフレンドリー。

日本が大好き!

という彼女たちとは、日本のドラマや俳優さんの話でひとしきり盛り上がり、
すぐに打ち解けて仲良くなりました♪

私、溶け込んでますか??(笑)

こんな触れ合いがあると、心がぽっと温まりますね。

外を歩いていても、写真を撮っていると何度か声をかけられました。

「ぼくたちも、撮って撮って~!!」



良い笑顔です☆

番組は、ここでしか聞くことができない、サウジアラビアの若者の
リアルな本音と実情がわかります。

これを見ればサウジアラビアのイメージが変わるかもしれません。



それにしても、不思議な国でした。

一日5回の礼拝。

時間になるとお店のシャッターが次々と閉められ・・・


人々がモスクに吸い込まれていきます。


朝も3時くらいにコーランが鳴り響きます。

初日、その音楽で飛び起きて、
時間を間違えたのかと一瞬焦りました。笑

そうそう、サウジアラビアと言えばもう一つ!!

ものすご~く暑かった!!です。

この日の気温、50度。


私、この遺跡の上にいるとき、
溶けてなくなってしまうのではないかと思いました。


この暑さで、毎日アバヤを着ているサウジの女性たちを、
尊敬します。

日本とはまるで違う、そんなサウジアラビアの不思議な魅力

そしてシャイだけど、実はフレンドリーで笑顔が印象的な
サウジアラビアの人々。

日本との変わりゆく関係・・・

そんなサウジアラビアの今を、知ってください。


放送は8月13日(月)22:00~

未来世紀ジパング

お楽しみに☆