寝てばっかり?

取材中に2週も続けて寝ちゃうなんて!!!
…というのは、トレたまのお話。
 
まず、10月19日放送のトレたまは、
いびきを防止してくれるというベルトでした。

 

ウエストポーチのようなベルトに空気袋を入れ、

空気袋側が背中にくるように、胸のまわりに巻きつけます。

すると、空気袋が邪魔になって仰向けで寝にくくなるんです。

 

 

仰向けになると気道が狭くなっていびきをかきやすくなり

横向きになるといびきを軽減できると言われているそう。

今回のトレたまは、つけると自然に横を向くことを促される感じなんです。

 

 
仕組み自体はとても簡単ですが、
だからこそ、空気袋の空気を抜けばコンパクトになるので持ち運びにも便利。
普段ももちろん使えますが、
出張や旅行等、同室の人にいびきで迷惑をかけそうで心配…なんてときも、
このベルトを持って行ったら安心して寝られるかもしれませんね☆
 
 
そしてその1週間後、10月26日放送のトレたまは
寝返りしやすいマットレスでした。 
 
 
実は、快適な睡眠には寝返りが重要とのこと。
というのも、寝返りをうたないと、
圧迫されている部分の血流が悪くなったり、
体の一部に熱がこもってしまったりという可能性があるからだそうです。
 
マットレスの中には、
こんなシートがこんな位置に入っていて、寝返りの動きをサポートしてくれます。
 
 
実際私も、取材中にゴロゴロ転がって(笑)、比べてみました。
 
柔らかい低反発のマットレスは、
重さがかかると沈み込む特徴が、寝返りの際はあだになり、
加えた自分の力が吸収されてしまうことで寝返りがうちにくい感じ。
かといって、硬すぎると、寝心地が悪かったり体が痛かったりしますよね。
今回のトレたまは、シートの周りのマットレスの硬さにもこだわっており、
柔らかすぎず硬すぎず、寝返りもうちやすかったです。
 
 
実は、人間と同じくらいの硬さのマットレスが、1番寝返りをうちやすいそうで、
今回のマットレスは人間のおしりの硬さくらいにしてあるとのこと。
今まで、低反発・高反発という言葉のついたマットレスがありましたが、
これからは、人間の硬さに“等しい反発”=“等反発(とうはんぱつ)”のマットレスを
広めていきたいというお話でした。
 
正直今まで、意識して寝返りをうったことってなかったのですが、
今回の取材で比べてみて、マットレスでこんなに違うものなんだとビックリしました。
お店でマットレスを選ぶときも、寝そべるだけではなくて、
恥ずかしがらずにちゃんとゴロゴロ寝返りをうってみるのも大切かもしれませんね☆
 
 
 
さて、2週連続で睡眠グッズでしたが、
横向きで寝るように促すものと寝返りがうちやすいもの、
対照的ともいえる2つのトレたまですね。
 
寝返りの話を聞くと、
横向きにさせられるいびき防止ベルトは、快眠の妨げになるのでは…と思う方、
増えるかもしれません。
確かに、寝返りはうちにくくなりますし、
普段仰向けで寝ている私は、横向きで寝ることに最初少し違和感がありました。
 
でも、この商品に関しては、いびきを防止することが主目的。
いびきを真剣に悩まれている方は結構多く、治療に通う方もいると聞きます。
また、いびきが体調に悪影響を及ぼすこともありますよね。
このいびき防止ベルトは医療器具ではありませんが、
カナダでは主に病院等で販売されているそうです。
 
悩みも求めるものも人それぞれですし、用途に応じて、ということですかね。
自分にあった睡眠をとることで、毎日元気に過ごしたいですね♪
 
 
(トレたまと関係ない時に撮った写真ですが、あまりに気持ち良さそうな寝顔だったので。。☆)