ドバイより☆

ドバイから帰って来ました~!!


ドバイワールドカップデー

日本馬は残念な結果でしたね・・・


でも、日本代表として戦うジョッキーの姿に

日本からの熱い期待を背負って走る馬たちの姿に

厩舎を超えて協力し合う陣営の姿に・・・

海外競馬ならではの「チームジャパン」としての結束力を感じて

何度も胸が熱くなりました。

レースでは、日本馬の名前が呼ばれるだけで涙が出そうになりました。


メインレースのドバイワールドカップでは、

戦いを終えたジョッキーも他の陣営も、一緒に日本チームに声援を送っていました。


イギリス大手ブックメーカーでは2番人気に押された、スマートファルコン

スタート直後に躓き、いつものパフォーマンスが出せないままにレースを終えました。

レース後の武豊騎手の悔しそうな顔。

あの顔は忘れられません。

「状態は完璧だった。枠も希望通り。でも、全部が揃った時って意外と勝てないものなんだよね。

競馬って本当に難しい。」

と、武騎手。

ただでさえ勝つのが難しい競馬。

それが海外となれば、飛行機での輸送があり、環境の違いがあり、調整の違いがあり、

馬にとってはより負担が増えます。

それを乗り越えて勝つって、やはり並大抵のことではないのです。

それでも、

「また来たいね。」

騎手にそう言わせる魅力が、やはり海外競馬にはあるのですね。



ドバイワールドカップの裏話、ジョッキー取材の様子などはまた少しずつご紹介していきます!!

というのも、日本に帰って来たらもう

クラシック目前なんですもの~!!

私もドバイから帰って次の日には、もう栗東トレーニングセンターにいました!

今回の注目は、やっぱりこの方!!


松田博資調教師です☆

去年マルセリーナで制した桜花賞

今年も、期待度ナンバー1のこの馬で挑みます。


2歳女王、ジョワドヴィーヴル

前走のチューリップ賞は、3着に敗れました。

でも、阪神ジュベナイルフィリーズで見せた末脚は見事でした。

あの強さがまた見たいっ!!

そんなファンも多いでしょう。

今回も、松田調教師と福永騎手にしっかりお話聞いてきましたから!

ファンの皆様、番組をお見逃しなく♪


そして、愛しのこの仔にも会ってきました~!!


そう、またまた登場(笑)

アパパネです。

明日の阪神牝馬ステークスに出走します。


私が溺愛しすぎて、今回はこの表情。

「も~いいわよ、ひつこいわね~。」

って言われてるような・・・

「私の妹分がいるからそっちを可愛がってあげてちょうだい!」

なぁんて雰囲気なので、厩舎を覗きこんでみると・・・

いました、いました!!


パララサルーちゃん☆

性格はアパパネそっくりという、大人しくて愛らしいこの仔。

現在3連勝!!

前走のアネモネステークスは、不良馬場をものともしないたくましい末脚を披露しました。

アネモネステークス優勝馬の桜花賞成績は、これまでいまひとつ。

それでもアパパネと同じ厩舎だからかしら、

なんだか期待を抱いてしまうのは・・・☆

関東勢に勢いのある今年。

代表として、頑張って欲しいなぁ。