マカオ取材☆ジパング

毎週月曜夜10時から放送している

 

未来世紀ジパング

 

 

先日、ジパングの取材でマカオへ行ってきました!!

 

ジパングのフェイスブックも更新しています!

ぜひご意見も聞かせてください☆→コチラ

 日本経済新聞社編集委員のジパング沸騰ナビゲーターの後藤康浩さんと。

ちなみに私たちの中央に写っているのは銅像ではありません。

金色のスプレーで見事に銅像になりきっている正真正銘の「人間」デス!!

取材先の演出でした。

 

マカオといえば、カジノです。マカオの空港に降り立ち、車を走らせること

10分くらいでご覧のようなカジノホテルが次々と出現します。

夜になるとネオンがギラッギラに・・・

こんなところに泊まれるの!?というくらい派手なホテルです。

非日常的な空間が広がっていました。

また、同じくらい煌びやかなネオンが輝いていたのは「押」と看板に書かれた

建物!実はこれ、質屋なんです。ホテル、質屋、ホテル、質屋・・・と並んでいて、

それはそれは異様な光景でした。

勝負師の顔付きでカジノに走る人々にも天国と地獄があるということでしょうか。

今回、マカオを取材したのは、世界最大のカジノグループ、「サンズグループ」が

新しいカジノホテルをオープンするためです。

カジノは普通、カメラで撮影することは禁止されていますが、

オープン前ということで特別にカジノの内部も取材することが出来ました。

オープニングセレモニーは驚くような演出が次々と行われました。

私たちが指しているその先には・・・

 

ホテルとホテルの間を綱渡りする人が・・・!

元々サンズが手掛けるベネチアンホテルと新しく出来たホテルをつなぐこの

綱渡り。街にはこの演出を見るために観光客はもちろん、地元の人たちで

溢れていました。

 

こちらは会見の会場ですが・・・サンズグループの

アデルセン会長にも後藤さんがインタビューしています。

日本にもカジノを誘致するという動きがありますが、

今回、アデルセン会長の日本に対しての具体的な戦略も伺うことが出来ました。

プレスルームに置かれたマカオにあるサンズグループのカジノホテルの

模型図です。左手が今回新しくオープンしたホテルです。

新しいカジノホテルの反対側にはまた別の開発中のカジノホテル

がありました。

もうお腹いっぱい、というくらい街はカジノホテルで溢れているのに

マカオのカジノビジネスはますます発展していくということでしょうか。

 

このマカオ取材の模様は4月30日(月)、夜10時から放送されます!!

ぜひ、ご覧ください☆