スミスの本棚  『 詩人 ・ 谷川俊太郎さん 』

『 生きる 』                          谷川 俊太郎

 

      生きているということ
      いま生きているということ
      それはのどがかわくということ
      木もれ陽がまぶしいということ
      ふっと或るメロディを思い出すということ
      くしゃみをすること
      あなたと手をつなぐこと

 

        ・・・・・・・・・                                            

 

 

谷川さんの「生きる」という詩。

私も大好きな冒頭の一節です。

 

多くの人が共感し、心揺さぶられ、語り継がれているこの詩。

谷川さんが具体的に体験したことや、感じたことが、

ベースになっているそうです。 

 

 

そして 今回の震災で再び注目され、

ネット上でも、多くの若者が

「自分にとっての生きるとは・・?」  語り合っています。

 

 

こういった動きを 「面白い」 と微笑む一方で、

「 こういう時だけ読まれるのは不満。

  普通の人が、普通に読んでくれるのが一番ありがたいんだ・・」 

と 谷川さんらしい言葉が返ってきました。

 

「 言葉とは、そんなに力を持っていないんですよ。

  詩にふれて、何かを感じたり、癒されたりする事はあるかもしれないけれど、

  詩に、意味やメッセージ性を探し求めてはいけない。」

 

    

女性が洋服を選んだり、食べ物に好き嫌いがあるように

詩は、たくさん試してピタッとはまったものを、繰り返し楽しんでほしい

『決して意味を求めないで・・・』 と繰り返す谷川さん。

 

 

そんな谷川さんがお薦めしてくれた本が こちら。

 

 

 

『 ちんろろきしし 』         元永定正 著

 

印象的な真っ赤な表紙。

そして、全く意味の分からない題字。

何かの名前?  おまじない?  外国の言葉?

すぐに意味を考えようとしてしまう私に対して

「なーんにもないんだよ。」

谷川さんは 笑います。

 

まずは、少し中身をご覧頂きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

本当に(笑)何の意味も持たない絵と文字ですが、

眺めていると・・・

左の絵や色には、右の文字の形や配列がピッタリだな・・

なんて、脳というより心で感じる作業が始まります。

「一種のハーモニーがある。」

「考える前に、無意識に感じることが大切。」

 

 

世の中のあらゆることに対して、当然のように意味を求める私達に対する

アンチテーゼなのかもしれませんね。

 

「何の勉強にも、何の利益にもならないような本だけどね・・」

と笑う谷川さんですが、この本の最後には、

素晴らしい書評を寄せているんですよ。

 

 

では最後に、谷川俊太郎さんの素敵な詩をひとつ。

多くの詩の中で、私が一番好きなものです。

 

 

            

            《 水 》

 

淀むものの深みに

流れてゆくものがある

湛えるものの底に

溢れようとするものがある

 

透き通るものが

一夜にして濁る

形なく漂うものが

雫となってしたたる

 

掌ですくう一杯の水に

私たちの生のすべてが映っている

その眩しさとその

身を切るような冷たさ