深夜の出張報告。

行って参りましたよ、ドバイ。
かなりハードな強行取材だったため、船酔い・車酔いなどで、
何度も吐き気をもよおす場面もありましたが(ホントに)・・
予想以上に、というか期待以上の取材ができて
体はった甲斐があったな、と(笑)満足しております。
詳しくは、4月1週目のWBS特番をご覧になって頂くとして、
ここでは楽しく振り返ってみましょう☆



いわゆる、皆さんが想像する「ザ・ドバイ」
西新宿の何倍もの近代的なビルが建ち並ぶその向こうに、
まだまだ、工事のクレーンが待ち構えているんですよ!
生き物のように変化し続ける街です。



とはいえ、ここドバイは「貿易」で栄えてきた都市。
今だに運河には、昔のままの何十隻もの貿易船が行き交っています。
狭間に埋もれる「モスク」が、何とも幻想的ですよね・・。



ここで一休み。
一緒に行ったディレクターの亜希ちゃんです。
2人とも、今年三十路でございます。
カレー大使に連れられて、やって来たのはインド料理屋さん。
美味しく飲んでいるのは「青汁ラッシー」みたいなもの。まずい・・



基本的にはここは砂漠ですから・・。
亜希ちゃんと共に、砂漠を裸足で駆け抜けてまいりました。
仲良しの吉田カメラマンと天然ボケの尾崎ちゃん(音声さん)と共にパチリ。



ちゃんと仕事もしてきました。
ドバイという「世界で最高のものが集まる都市」で、
日本はどういうポジションを築いているのか。
微力ですが、吐き気をもよおしながら全力で『日本力』を実地見聞しています。
お楽しみに☆

                             森本智子