次世代乗り物「パーモビー」

京都へ行ってきました。仕事で、です。

 

京都大学で見つけた6月21日のトレたまは、

電動の車椅子でした。

 

 

 

「パーモビー」という名前のこの乗り物。

 

パーソナル モビリティ

(一人用の乗り物 ですかね)からきているそうです。

 

 

特徴は、大きなタイヤを使った移動方法。

見た目から想像ができないような動きをするのには驚きでした!

 

前後 の移動に加えて

左右に移動できます。

 

そして更には、

斜め方向にも!

 

と、360度方向に動きます。 

くるっとその場で一周することもできるのです。

 

まさに

 

「自由自在に動かす」

 

という言葉がピッタリ。

 

 

 

 

 

まだ試作段階ということで

「大きさや見た目は、今後改善していく」

とのことですが、乗り心地はよかったです。

 

タイヤの見た目から、

少し「ガクガク となるかな?」と心配でしたが

滑り出しも好調で、スムーズな動きをしてくれました。

四輪駆動で、安定性もありました。

 

車椅子でちょっと横に動きたいとき、

一度、斜め後ろ方向に下がって斜め前で戻って、という

 

切り返しをして方向転換する煩わしさを解消したい、

と開発したそうです。

 

まさに、自分の「足」のように動く乗り物が、ここにはありました。

 

開発したのは、京都大学の准教授。

日本の技術力の真髄を見た気がしました・・!

 

 

 

取材した日の京都は、雨。

雨の古都 というのも情緒あるものですよね、

 

鴨川沿いを通るタクシー内から見た光景でリフレッシュ

疲れが吹っ飛びました。やはり行ってよかった~

 

「実際に作っている現場」を見に行く出張取材、大好きです(^^)