タフです!

「えっ?コレどうしたの??」

携帯電話やデジタルカメラ、音楽プレイヤー等、

私の持ち歩いている電化製品を見た人によく言われます。

傷だらけでビックリされるんです。

 

私は結構物を落としてしまうので、そのときについた傷なんですが、、

基本的には繊細なはずの電化製品を

そんなにしょっちゅう落としていたら、どう考えても壊れる可能性が高まりますよね。

気をつけねば、とは思っているのですが。。

 

 

そんな私が1月25日に取材したトレたまは、

頑丈さに力を入れたタブレット端末でした。

 

 

タブレット端末って、それなりの大きさがあるのに、

操作をするときは片方の手で持つことも少なくありません。

もちろん机等に置いたらいいのですが、屋外で使う場合、そうはいかないことも。

するとやはり落下の危険も大きくなるわけで…。

 

今回のトレたまは、120cmの高さからどんな向きに落としても大丈夫だとのこと。

この“120cm”というのは、

大人が立って使う時の、手に持ったタブレット端末の平均的な高さだそうです。

 

 

角はこのようにしっかりとガード。

内部の基盤は、衝撃に強いマグネシウム合金でしっかりと守られています。

 

なんともタフそう!

ということで、ガッシャンガッシャン、何度も落としてみました。

でも、、壊れませんでした☆

 

本体を落とすだけじゃ飽き足らず、

鉄の玉を、タブレット端末の中でも1番弱そうな液晶画面の上に

落としてみました。

 

 

ゴン!!

 

壊れませんでした☆

液晶画面も強い!

 

衝撃チェックだけじゃ飽き足らず、その後、屋外で放水。

しかもホースをギュッと握って勢いよく、ジャーーーーーッと長時間!

 

 

 

それでも壊れませんでした☆

水にも強いんです。

 

 

正直、本体を落とした時も、鉄球を落とした時も、水をかけた時も、

いくら大丈夫だと聞いてはいてもハラハラしちゃいましたけどね(笑)

でもちゃんと大丈夫だったんです!

 

 

タブレット端末を外で使うことが多い方をメインターゲットに開発された今回のトレたま。

液晶も、明るい屋外でも見やすいようにと、

通常のタブレット端末と比べて2倍明るい液晶を採用しています。

 

ただ頑丈な分、サイズは少し大きいなぁという印象でした。

 

でもここまでタフだというのは大きな魅力☆

野外で作業する方、工場で働く方等にも、

壊す心配をせずに、安心して使ってもらえたらというお話でした。

私みたいによく物を落とす方も、要チェックですね♪