トップランチ オリックス編

海外強化のオリックスが選んだ「海外畑の豪傑」

「オリックス」井上社長

 

 

ひさびさにお会いした豪快な社長だった

 

 

 

 

「私は海外一筋だったので

国内の事はわからないんですよ。

しかもね、僕は危ない発言が多くて、秘書や広報がいつもひやひやしているんです」

 

 

遠くで様子をうかがう広報のみなさん

「そのとおりっ」とばかりに苦笑い、大きくうなずいている

 

 

 

ロシアと南アフリカの一部を除いてほとんどの国にいったかなあ

もうね、

現地に乗り込んで、自分で仕事を探すんですよ。自分の責任で。

 

 

 

海外どこに行っても病気になったことはなく

 

インドのレストランで妙に黄土色のウイスキー飲んでも問題なし

 

レバノン料理をたべて、周りがみんなダウンしても全然問題なし。

 

韓国で爆弾酒を飲み

 

モンゴルでは朝まで飲みあかし、

 

現地の人間と とことん付き合い 信頼を得る

 

 

 

武勇伝は数知れず、思わず吹き出す内容も。(表にだせません)

 

まさに体力勝負。

そのくらい強くないと

海外では戦えないのか。

 

オリックスは海外事業をこれから強化する方針で

その旗振り役として、社長に任命された。

 

 

破天荒な社長が導き出す

グローバルなオリックス。

一体どんな姿に変貌するのだろうか