スミスの本棚   『 役者 ・ 高泉淳子さん  』

 イラストレーター 宇野亜喜良さんからのご紹介。

 

小学生からお婆さん役まで 見事に演じきる役者であり、

自ら舞台の構成・台本・演出まで手がける、高泉淳子さんです。

 

「週刊こどもニュース」のお母さん役として、

印象に残っている方も多いのではないでしょうか。

 

 

『 舞台なんて、後に残らないしリスクも大きいし、

  お金にならないし・・なんでこんな事やってるんだろうって思う。』 (高泉さん)

 

でも、何も無くても体さえあれば即興で生み出すことができ、

毎回その瞬間限り・・そんな「生もの」の舞台の力を信じていきたい、と話します。

 

 

そんな高泉さんの推薦本は、高泉さん自身を救ってくれた 一冊。

 

  ―  【 禅的生活 】  玄侑 宗久 著  ―  

 

初めての海外で、舞台をゼロから作り始めた時

様々な壁にぶつかる度に ページをめくっていたそうです。

 

 

「禅」的な生活とは?

 

この本では、肩肘張らずに

身近な生活の中にいかにして「禅」の教えを取り入れていけばいいのか

学べる一冊です。

 

著者は、芥川賞を受賞した異色の僧侶、玄侑宗久(げんゆう そうきゅう)さん。

玄侑さんは、本の中でこう話しています。

 

『 禅的な生活が世間的に模範の生活だなんて 全く思っちゃいない。

  私のズボラさは(中略)充分ご理解いただけるだろう・・・ 』

 

他にも、私がビックリしてしまう数々の名言(?)が。

 

〇 禅は「虫のいい宗教」 

〇 悟りとは、「うすらぼんやり」の状況 

〇 「私自身が悟っていないので・・その周辺までしかお話できない」

 

しかし、玄侑さんは こうも話します。

 

    『 私が、今 何故生きるのが楽なのか? 

          それは、「禅」のお陰だと思っている。』

 

禅の言葉を通じて、その世界観を味わい、

更には、その教えを日常生活に役立てる。

迷いや辛さが少しでも減って、日々を楽に生きられるようになるヒントを

玄侑さんが、優しく教えてくれます。

 

 

高泉さんが、実際に救われた、という「禅語」を 2つご紹介しましょう。

 

【 無可無不可 (可もなく不可もなし) 】

  

  → 「まあまあである」という現代の使われ方とは 全く違います。

     やってみる前に判断するのは、自分の可能性をみくびること。

     自分の内部は無限の可能性を秘めて混沌としている、と認めること。

 

【 日日是好日 (にちにちこれこうにち 】

 

  → 1日1日は独立していて、昨日に今日を積み重ねてはいけない。  

    (毎朝初心で向き合うことが出来る)

    今という足場にしっかり立つことから、全ては始まる。

    つまり、私達は現状を完全に肯定することで、

    何度でも生まれ変わることができる、ということ。

 

昨日に今日を積み重ねてはいけないが、

過去の自分は、全て、今という瞬間に展かれている。

そして未来に何の貸しもない。

そのことを、心底 胆(はら)にすえて生きれば、いつどこでも死んでいいという

覚悟になるものだろう・・・とも書かれています。

 

 

高泉さん、今後も自分の方向性を決め付けることなく、

無限の可能性を信じて活動していきたいと、話します。

 

 

最後に、印象に残った一節を。

 

 

【 禅 】とは 終着のない「道」。

 

― 死ぬまで「自己」とは何なのか、生活の中で問い続けるものであり、

              その答えは、生き方にしか存在しないものなのだ ―