スミスの本棚 『女優・吉行和子さん』

ファッション評論家 ・ ピーコさんからのご紹介、

 

私生活でとても仲がいいという 女優の吉行和子さんです。

 

映画やテレビでは様々な役柄を演じ、

常に落ち着いた雰囲気が印象的な 吉行さん。

実際お会いしてみると、そのたおやかな語り口に、

「こんな風に歳を重ねられたらいいな・・」 (森本)

すっかりファンになってしまいました。

 

 

吉行さんは幼い頃から本を読んで育ち、

今の役者という職業を支えているのも、本の存在だと言います。

本の中の様々な人物が、女優として役柄を演じる上での

力やヒントを与えてくれるのだと。

『 本は一番面白い世界 』 だと話す吉行さんが

ご紹介して下さったのが、こちら。

 

   【  深沢七郎 外伝  】      深海均  著

 

 

小説 「楢山節考(ならやまぶしこう)」 の作家として知られる

深沢七郎の 数奇で破天荒な生涯を、元担当編集者がまとめた一冊。

 

私自身、深沢七郎さんについて ほとんど知らなかったこともあり、

「 こんなすごい人が実在したんだ!」 と驚きの連続でした。

もし、今彼が生きていたら・・・

今の日本にどんな言葉を発し、行動を起こしていただろう?

そう思わずにはいられません。

 

小説家でありながら、自ら農場を作り、自給自足の生活へ。

常にタブーに挑戦しては、己に対する正直を貫いて生きた方。

 

 

《 生きて伝説、死して尚 伝説 》

 

この帯の言葉が物語るように、亡くなった後も

多くの人を巻き込んで動かし、書籍として語り継がれ・・

 

『 彼の魂は まだ生きていて、私達を叱咤激励してくれているのよ。

  今のコロコロ変わる政権、原子力発電所の惨状に対しても、

  絶対何か行動を起こすだろうって、思うんです。 』 (吉行さん)

 

 

誰にも媚びることなく、常識にも囚われず、孤高の存在だった 深沢。

 

『 この正直さが、私は一番素敵だと思う。

    正直だと生きづらい面もあるけれど・・・ 

         やっぱり正直であることが 生き方として一番よね。 』(吉行さん)

 

 

この 「深沢七郎 外伝」は、

決して 「このように生きなさい、こうすれば道が開けますよ」

と、教えてくれるハウツー本ではありません。

深沢七郎、という男の生き方を知ることで、

      私達は人生について考え、多くのことを学ぶのだと思います。

 

 

〇 正直であること。

〇 人のせい、世の中のせいにしないこと。

〇 苦しいことは、生きるエネルギーに変えていくこと。

 

そんなカッコいい生き方を、私は学びました。

 

 

2014年  深沢七郎 生誕100年を迎えます。

無骨な深沢の生き方に、改めて光が当たるかもしれません・・・