スミスの本棚 アネックス  『 マンガのすすめ 』

このコーナー始まって以来 初めて 「マンガ」の登場です!

 

 

マンガと言えば・・・

幼い頃は 「ドラゴンボール」や「パタリロ」に夢中になり

最近では、「医龍」にはまりました。

 

 

今回のゲスト、キヤノン電子の酒巻社長がお薦めしてくれたマンガは・・

 

 こちら。

 

 

 

 

『 日出処の天子 ( ひいづるところのてんし ) 』  山岸りょうこ 著

 

 

あの、聖徳太子の伝記ですが

私達が教科書で学んだ、いわゆる聖徳太子像とは 全く違います。

 

 

聖徳太子は、美少年で超能力者、さらに同性愛者として描かれます。

一種のオカルト的な、魔性の力を持つ聖徳太子が

日本の歴史を動かしてゆく・・・その非現実的な発想に

とても衝撃を受けました。

 

 

一族を巡る恨みや憎しみの中での、ドロドロとした展開。

愛を発端にした「因果応報」。

もともと、謎に包まれた存在(架空の人物では・・?)だと

言われていただけに、意外にも このストーリーはうまくはまっています。

 

 

しかし、物語の流れは史実に忠実。

歴史を学びながら、かつ、

想像力を働かせて、新しい解釈による物語を楽しめるのです。

 

 

 

 

 

さて。

このマンガをおもむろに棚から取り出す、酒巻社長。

 

 

この本棚。

実は、自身の社長室に作られた図書館の一部なんです。

社員は自由に出入りし、

好きな本を好きなだけ借りることができる・・ というシステム。

もちろん、全て社長が自腹で購入したもの。

ジャンルも多彩で、毎月どんどん増えていくそうです。

 

 

社内には、これより更に大きな規模の図書館もあります。

 

 

 

読書に ここまで力を入れる訳とは・・・

 

『  経験も知識も重要。

  ただ、たくさん散らばっているだけではダメ。

  それらを体系づけた形で頭に整理させることを可能にするのが 読書。

  そうすると、知識から知恵になり、仕事の実践の場で役に立つ。 』

 

・・と、坂巻さん。

 

 

 

中でも 特に「マンガ」には非現実的な内容も多く、

想像力を伸ばしたり、発想を転換させるには最適だと言います。

いつも文字や数字を追いかけている技術者にとって、

感性に刺激を与えてやることも、大切な教育なのだと。

 

 

『 若手ビジネスマンよ、漫画を読みなさい。 』

 

 

最後に、静かにまとめて下さいました。