新生トレたまスタート!

 春。新年度がスタートしました。

4月から、新しく担当になる番組がいくつかある中で・・・

今まで務めさせていただいたWBSのトレンドたまごコーナーを

引き続き、4月からも担当させていただくことになりました。

しかしながら、従来のトレたまとは異なるようで、

名前も「トレたまリポーター」から「トレたまキャスター」へ、

取材の仕方も違い、曜日も増え、

ゆくゆくは自分で原稿も書いたりと・・・

今まで以上に精力的にトレたまの取材を行っていきます。

そして、新しいメンバーも・・・!!

 

大澤亜季子キャスターです。

大阪育ちで、私のボケに対しツッコミが早い!

私より、年齢は2コ下ですがだいぶしっかりしてます。

なんだか、新しい妹ができたよう・・・☆

新年度から私たち2人でトレたまを盛り上げていきます。

 

森本さん、進藤さん、亜季子ちゃんと。

 

頑張るぞ!と深夜の報道フロアで組み立て体操までしてしまいました(笑)

森本さん、満面の笑み(^^)

 

 

さて、そんな中新年度4月1日に取材したトレたまは・・・

 

70歳の発明家、岩井さんが開発したという”ふた”です。

この容器は、ある程度力を加えれば、

片手で簡単にパカッとふたを開けることができます。

 

まだまだ密封性には課題が残りますが、

少ない数でも低コストで作ることができるので、

味噌やヨーグルト、アイスクリーム等の

プラスチック製の容器に応用が見込まれるそうです。

実際に乳業メーカーが興味を示しているようです。

また、ペーパースカラプチャーが趣味だという岩井さん。

スカラプチャーは、彫刻という意味なので、紙の彫刻、ですね。

自宅にある作業部屋には、たくさんの岩井さんの作品が飾ってありました。

素敵なオブジェのようですが、これはすべてコンピューターを

使わずに、すべてアナログで作ったものなんだそうです。

設計からすべて手作業で作ったなんて、すごいですよね。

この技術が、今回のふたの発想にも生かされていたのです。

 

それにしても・・・

この”ふた”にしくみを理解して、分かりやすく伝えるために・・・と

現場スタッフとじーっと”ふた”に向き合い続けること、2時間半。

途中で心が折れそうになりました・・・。

 

どうしたら”伝わる”のか」ということを

改めてじっくりと考えさせられた新年度の始まりでした。

 

 そのしくみ等を説明している動画は、コチラをご覧くださいませ☆

フェイスブックは、コチラです。

 

皆さま、本年度もWBS、そしてトレたまを

どうぞよろしくお願い致します!